坂巻藩お戯れ2「それぞれの役目」その14「お役目」 - 官能な体験談・短編、フェチ話


坂巻藩お戯れ2「それぞれの役目」その14「お役目」


本文は少し↓です
筆者より
①過去にご好評頂いた作品をリメイク。声掛けした超絶美女は....
『通りがかりの超絶美女をナンパしたらデリヘル嬢だった件』はこちら
②舐め犬(クンニ犬)なるモノを余儀無くされて...
『罰ゲームでなめ犬になった俺』はこちら
③歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

坂巻藩お戯れ2「それぞれの役目」その14「お役目」

坂巻藩お戯れその①はこちら

本編、その2の最初から読む場合はこちら

■お役目


「はい....終わったよ。」


恥じ入り、眼をつぶるふみの股間の毛をすっかりとそりえ終えると、三戸浜が優しげな声をかけた。


傍らから濡れた布巾を取り出して、ふみの部分をゆっくりと拭う。

拭かれた部分が妙にすうすうとして、何だか妙な感じになる。


「ぁ....ぁ.......」

「は..はい.....」


ふみは少しの間、声を掛けられた事も忘れてぼおっとしていたが、ようやく三戸浜が自分に声を掛けた事に気付き、反応し、その後に三戸浜の顔を見た。

「見てみよ..」


内山が低い声で刺すように呟く。

「は..はい..」


びくっとその声に身体が反応し、固まる。
そして慌てて身体を起こし、体勢を整えて、腰を曲げて自らの股の間を見やる。

「ぁぁ...」


のっぺりとした部分。

普段見慣れていたその部分は、初心な娘の様に清らで恥じらいでいるように見えた。


(どうして...)


ふみは自分がこの部屋に呼ばれた理由も、産まれたままの姿にされた理由も理解、いや想像すらつかないままに混乱していた。

そして、膝頭の向こうに見える三戸浜と内山の顔。

2人とも、満足そうな顔をしていた。

目は真剣だが、表情が穏やか。

(ぁぁ..いかに...)

自分の部分は、2人の目にはどう写ったか、それが気になった。

そして、聞いて良いものか分からず、少し躊躇したが思い切って口を開き、乾いた喉から声を振り絞る。


「あ...あの.......、お尋ね致しましても...?」


「うむ..」

内山が頷いた。

「私めは....どのような理由でこのような事に..」

「何かの罰で...ございましょうか?」


普段なら目上の者に向かって話しかけるなど許される事ではない。


ただ、異様な雰囲気のこの小部屋の中、何故かそれが許されるような気がした。


「ほほ....ほほ..」


内山が笑った。

扇を広げ、ぱたぱたと仰ぎ、その妖艶な美しさを振りまく。


「罰..? いや、そうではない。」

「どちらかと言うと....栄誉なこと」


「のう...?三戸浜。」


内山は、三戸浜の顔を見て、「ほれ..説明せよ。」とばかりに扇を振る。

三戸浜は、内山の扇の振りを合図に、姿勢を正し、ふみをじっと見据えて息を吸った。


「ふみ....」

「お主に頼みたいのじゃ。お役目を」

静かに、ただ少し強めの語調で彼女は話始めた。
ふみは三戸浜の顔を見ながら、今更にして2人の前に大股を開いた状態でいることに気付き、姿勢を正し、傍らにある小袖を引っ張って羽織った。

「お役目...でしょうか?」


ふみの気の抜けた声が部屋に響いた。

三戸浜は、えへんっ、と咳払いをして言葉を継いでいく。

「上様に...」

「女子というものを教えて欲しいじゃ。」

「お主が...」


三戸浜は、静かにそう言った。

その15「女子と言うもの」へ続く
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント