乳首の先にムヒを塗られた - 官能な体験談・短編、フェチ話


乳首の先にムヒを塗られた


本文は少し↓です
筆者より
①童貞男子が兄貴の部屋に居た女性を..
『僕はワンピの女性を撫で回した』はこちら
②歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。日々更新予定..
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
③アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
④『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

乳首の先にムヒを塗られた

先日の話

当方24歳 事務員
彼 34歳 会社の元上司


不倫相手の彼と飲んでたら、先週会社の同期とBBQしてたら蚊に刺されたという話になった。


ちょっとアレルギー気味だから刺された部分が酷く腫れてえらいことになった、という話をしたら彼が話に乗ってきた。


蚊にはムヒでしょ、やっぱムヒ。
それかキンカン、とか色々話してたら彼が突然思い出した、閃いた、と言う感じで急に真顔になった。

「ムヒを乳首とかに塗ってみたらどうだろう」

と言う話に。


彼もバカだが、私もバカ。

いつも思い立ったらすぐ実行、のの私達は早速ドンキでムヒを買い込んだ。


そしてタクシーで私の部屋へ。

「早く..早く...」



私がシャワーから上がると、身体を拭き終わるのも待ちきれず彼が欲情していた。


「ねえ....早く...」

「こっち..おいでよ..」


ムヒを手に、どんなもんかと大興奮。
その結果がまた酷かった。

当時の様子を以下に書こうと思います。


ーーー


<ムヒとは>
メーカーのサイトより抜粋

・かゆみ止め薬のNo.1ブランド
・虫さされなどいろんなかゆみに使える
・スーッとした清涼感とかゆみを抑える成分が、すぐれた効き目を表す
・「顔に使ってもよいか」との質問に、「顔にもご使用いただけます。ただし、スーッとする成分を含みますので、眼の周りや唇には使わないでください。」とある。その他局部に使ってよいかは不明


私達はそんなサイトの説明をスマホで読んでいた。


彼「塗ってみるよ......」

私「うん....」


彼がムヒを指先にぴとっと取って私の乳首に。


最初のうちは ???

って感じ。


だが、その後急激にヒリヒリと、スースーとしてきて、やがてじんじんとした痛みが広がっていく。


「やだっ......痛いっ!!!」

「ぁぁっ....」

「いやぁっ.........」


思ったのと異なる結果に慌てふためく。
とにかく痛い、そして熱かった。


「は...早く取らないと...っ...!」

「ぁぁぁ...っ..」



彼は私がバタバタと暴れているのを見て、同じように慌てていたが、すぐさまティッシュをとってくれた。


そして私と一緒になって乳首のムヒを拭いさってくれる。

「やだぁ...」

「いやぁ...っ...」


私は半泣きで洗面所に駆け込んだ。

そして水道で洗い流すもすぐには痛みはとれない。


「やっぱり....」

「だめ..」

ひぃひぃと痛がる私を見て、

「ごめん...」


と彼が一言。


そして、後ろからだきすくめられた。
あとはいつもの流れ。


彼のペースで抱かれるが、異変を感じたのは乳首を触られたとき。

初めの状態から、縮こまって硬くなっていた乳首は、触られるだけで妙な感覚。

口に含まれるだけで、

「あぁっ............」


といつもは出さないような声が漏れる。


彼はそのまま舌や唇を動かさずにしゃぶってくれた。

「ぁぁ...なんか...」

「痛いのが....無くなるよ...」


私はずっと彼に乳首をしゃぶられたままで、じっと横になっていた。


しばらくすると、痛みは少し楽になった。

そしてその次にやってきたのは敏感になった乳首に訪れる性的な感覚。


「はぁぁ....」

「やっ...ぁ....」



彼が舌をゆっくりと動かした。

じーんとした痛痒い、なんだか堪んない刺激。


「なんか.....」

「なんか...いいよっ」

私の興奮を感じたのか、彼も彼も興奮しはじめ、前戯もそこそこにゴムをつけ始め、もう挿入の構え。


「や....やだっ....」


抵抗するも、なぜかあそこはもうびしょびしょ。

彼の挿入をなんの抵抗もなく受け入れた。


「あああっ........」

深い挿入感に声が出る。


彼は興奮してるのか、いつもと違った様子でただただガンガンについている。


その間、私の乳首は指先でこねくり回され、舌でねぶられ、唇で吸われた。


「やっ.......」

「もう.....やめて....」


普段乳首はあんまり感じない私でも、この日は違った。

常にヒリヒリとしたそれは、触れられると敏感に反応し、口に含まれると落ち着いた。


「そろそろ...イク....」


彼はボソッと囁くと、


「あっ.....ああああっ....」


と喘いで果てた。


ゴム越しに、私の中でビクビクと反応していた。


いつもよりもずっと短い。
だが、私の満足度は高かった。


「ねぇ...ずっと舐めてて...」


まだじんじんと疼く乳首を見て私は彼にそう言った。

2015/9/30 新規
2019/6/6 更新、追記
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント