女子大生にSexすれば乳が大きくなると騙したところ - 官能な体験談・短編、フェチ話


女子大生にSexすれば乳が大きくなると騙したところ


■目次
 1.記事・アクセスランキング
 2.カテゴリ一覧
 3.最新記事一覧
筆者より
①保険契約の見返りとしてギャル生保レディと会う事になった....過去長編をリメイク中です
『保険契約と引き換えのキス、枕の誘い_ギャルっぽい生保レディとお食事その1』はこちら
②女性用性感マッサージ師、今西に依頼してきたのは人気女優の宮野ひとみ。 過去長編をリメイク中です
『セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1』はこちら
③「Sex」させてくれない彼女と温泉旅行に行ったら... 過去長編をリメイクしました
『「結婚するまでSexしない」という彼女 』はこちら
④『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”最新話10話を公開しました。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら
⑤過去にご好評頂いた作品をリメイク。声掛けした超絶美女は....
『通りがかりの超絶美女をナンパしたらデリヘル嬢だった件』はこちら
⑥歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら


FC2ブログ

女子大生にSexすれば乳が大きくなると騙したところ

ワ○ワ○メールで出会った女子大生に、「若い時はいっぱいSexして女性ホルモンを刺激するとおっぱい大きくなって美人になる」なんて話を冗談でしたら、本当に信じた。


彼女(郁美)は、

「私、もしかしてあんまりSexしていないからおっぱい小さいのかなぁ」



なんて、真面目な顔をして悩んでいるみたいだったから、



「じゃあ、早速..試してみる?」




なんて言ったら簡単に堕ちた。




ホテルへ向かう途中で腕を組ませ、彼女のこれまでの男性遍歴を聞く。




まず初めての男は19歳の時。




俗に言うイベントサークルだったそうで、人生で初めていった合コンで、声を掛けてきた2こ年上の男だったそうだ。



彼としては彼女との一夜はほんの遊びに過ぎなかった。



彼女はその男性に純潔を捧げたが、結局次の日から連絡が取れなくなった。



それでしばらくの間、男性不信に。



1年、2年と彼氏を作る事なく(つまりSexすることなく)大学生活を過ごし、ようやく彼氏が出来たのが3年の春。



出会い系サイトで身体の関係を求めない彼氏を求めていたところ、意気投合したのがM氏。





彼は隣の県に住んでいて、彼女とは月に1、2度会う仲だった。



最初の内は純な付き合いをしていて、しばらくして熱海にでも行こうか、なんて話になってようやく深い仲に。



彼は「俺はSexなんて」と言ってはいたものの、一度その関係になってしまえばハマったのは彼氏の方だった。





何度も何度も求めてきて、会うたびにSexしていたそうだ。


彼女の方もSexとはなんたるかた、気持ちよさも感じてはいたから拒否しなかった。




そしてその彼とも4年生になる前に別れ、今に至ると言う。




俺は彼女のその話を覚えて少し興味を持った。




もしかして、この娘はすごいSexするんじゃ無いか…




ごくごく平凡にしか見えない彼女の身体を眺め、ごくっと唾を飲んだ。




そして、ホテルに入り、エレベーターの中でその身体をまさぐり、反応を確かめる。




「ぁ…」





郁美は、じっとしていて俺にされるがままにする。




そして俺の方はそれをいい事に、スカートをまくりあげ、尻を直接に揉み、柔らかな陰部に触れる。




そしてキス。





後はエレベーターが目的の階についてもそれを続け、部屋の前で行為。




「ちょ...と...」



「部屋へ..入ろうよ..」


「ねぇ.........」



廊下は薄暗く、他の客がいる様子も無い。



だから、郁美を部屋のドアに押し付け、そのまま手マン。


「は...ぁ....」

「ん........いや.....」


「ぁぁ...上手...」




郁美と俺は、キスをしながら手と股間擦り付け合っていた。




指は下着をすり抜け、既にヌメヌメとし始めた粘膜を擦る。




そこは生温かっくって、さらさらとしていてなんだか良い具合に思える。




「ん.....ね...」




「いっかい...一回...イっていい..?」





郁美は悩ましそうな表情をして俺を見つめ、そう言った。




「いいけど....誰か....」




「来るかもよ...?」


イキ易い、と自ら自白した彼女の様子に満足を覚え、それでも意地悪な顔をしてそう返す。




既に彼女は胸元がはだけ、大きく無い胸が露出している。



あそこからはぐじゅぐじゅとした、いやらしい音が漏れていた。




「はぅ.....」




「ぅく......」




「ぅぅ....っ......」




彼女の股間が俺の指を締め付けている。

そして手のひらの辺りから太ももへ伝う恥ずかしい液。




「そろそろ...かな..?」





と手のひらを返し、力を入れ替えてイかせてやろう、なんて思った時...





「XXXXXXX」





すぐそこのドアから話し声が聞こえ始めた。




男女の落ち着いた会話。







そしてガチャっと言う鍵を開ける音。




「あ....」




ドキッとし、咄嗟に身体を硬くする。




そして急いで鍵を開け、中へ。





「いや....」




郁美は手マンをされた状態でベッドに倒れこむ。




「びっくり.....した...」





呆然とした表情で俺を見る彼女。




股間は露わになっていて、右胸が露出していた。





「...........」






互いに息を激しくしながら見つめ合う。




そして俺の方は鍵を掛ける事も忘れて、ただベルトを外し、ズボンとトランクスを脱ぎ去って...




彼女に近づいた。




「ん....」





郁美は黙って下着を脱いだ。



これはもう挿れてくれ、と言う合意のサインだった。


そして股を広げると、ほぼ無毛の生々しい割れ目が見える。




ぐに...





ヌルヌルとしたそこに先っぽをあてがうと、何ら抵抗もせずにそのまま挿っていく。



「っく......」




「ぁ..ぁっ.....ぁっ........!」




郁美は目一杯に両足を拡げて俺を受け入れた。

出会い系サイトで出会ったばかりの俺の生挿入を。





ずっ...にゅ....


ちゅっ.....



奥まで、これ以上無いって言うくらいに深くまで。




「あーー.....ヤバイ...」




「これはヤバイかも.....」



部屋に入る前にの前戯による変な興奮のせいか、妙なテンションで声をあげた。




彼女は目をつぶり、手を伸ばして俺の身体を求める。



「ぁぁあ.........」



粘着し合う性器に満足を覚えた。



それでも実際、彼女の何が良いのかはその時でもよく分からなかった。


終わり


2017/9/21 新規掲載
2020/1/10 内容更新

twitterはこちら! 是非フォロー&「いいね」お願い....
(C)2020 体験談 :あたたら 無断転載禁止

<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント