女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 twitterはこちら! ビットコイン 、HF中止!からの....いちゃいちゃ - ~に関してのお話(体験記・官能小説)

■目次
 1.トップページ
 2.記事・アクセスランキング
 3.カテゴリ一覧
 4.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円~で販売。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ます!

★ 【日々更新】初めての不倫、相手は一回り歳下の童貞男子_執筆始めました
こちらから
①【更新】話題の女性専用風俗に〜シリーズ最終話、2/6に更新しました。
 初めての女性向け性風俗サービス_その16』はこちら
②スワッピング=夫婦交換を題材にした新作です
 『スワッピングしま専科 その1』はこちら
③歴代No.1アクセス数作品、最新話5話を追加しました!
 『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④女性用性感マッサージ師、今西と女優の宮野ひとみ。
 セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感>
FC2ブログ

ビットコイン 、HF中止!からの....いちゃいちゃ

11月9日の深夜、隣でネットを見ていた旦那が叫んだ。



「えーーーっ」




「中止...?いや延期かよー」





彼が言うには暗号通貨のビットコインの新規通貨との分裂が予定されていたが、リスクがあるとのことで延期になったと言う。




「サスペンド...って、延期のことだよなぁ..」


「まったく.........」







彼は私の太ももの上に寝転んだ。




そして天井を見上げ、次いで私のパジャマの中に手を入れる。



「ミカ......」




「ん....?」





彼はおっぱいの下の部分をつんつんと押し、そして私の顔を見る。




「ブラ....してないの..?」




彼は乳房の輪郭をなぞり、そして持ち上げる。




「うん....」




「ちょっとね..」





彼が乳首の辺りをさわさわとなぞる。




そして親指と人差し指でそれを摘んだ。



「んっ....」




「ちょっと....」





私は身体をよじり、それから逃れようとした。




彼の指先が身体から離れ、その際にツンとした刺激が走る。




「なあ....」




「いいだろう..?」





彼は尚も身体をくっつけた。




思えば今週はエッチをしていない。





少しの動悸と、ムラムラとするような感覚を覚えたが、敢えてここは拒否する。





「だめ..」





「パソコン...切って..」






その要求に、彼は名残惜しそうに画面を眺めていた後で




「分かった..」




と言った。




「ふふ..ありがとう」





私はパジャマのボタンを全部外した。




そして寝転んだままの彼の顔に覆い被さるような格好で乳房を彼の口元へ。




ちゅ...




鋭い刺激がじんっと身体に伝わる。





「っぁ....ぁぁ..」





彼は乳首をねぶり、そして手のひらで乳房をゆっくり、ゆっくりと揉んだ。





「おっぱい..」



「ぁぁ、いいね、これ.........」




彼の股間に目をやると、既に大きくなっていてパジャマの生地を盛り上げていた。

アマゾン/KINDLEで新作公開しています!
俺は某大手百貨店の外商なんだが、顧客の人妻に電マを持っていったところ (あたたら文庫)

(C)2021 体験談 :あたたら 無断転載禁止


<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント