喫煙所で友人の気持ちを忖度してフェラしてあげた - 官能な体験談・短編、フェチ話


喫煙所で友人の気持ちを忖度してフェラしてあげた

オリジナル官能小説を無料で公開しています!

■目次
 1.記事・アクセスランキング
 2.カテゴリ一覧
 3.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円で販売させて頂いています。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ますので是非!ご覧ください


① 話題の女性専用風俗に〜シリーズ、更新(9/15にその12を追加)しました。マッサージの域を超えて絡み合う2人...
" 初めての女性向け性風俗サービス_その12 シャワーを浴びた彼』はこちら

②仕事に困り、美熟女への奉仕の道を選んだ彼は〜性感モノ長編を大幅リニューアルしました
『スケコマ師 太一 美熟女へのマッサージと奉仕編』はこちら

③女性向け、エステものをリニューアル中。川崎駅前で声を掛けられたOL悠美は…
『花よりだんごエステはいかがですか その1』はこちら

④女性用性感マッサージ師、今西に依頼してきたのは人気女優の宮野ひとみ。 過去長編をリメイク中です
" セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1はこちら">『セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1』はこちら

⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”最新話10話を公開しました。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

⑥歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら



カラダにイイ男1 10/7まで期間限定無料

誘惑1 10/1まで期間限定無料

彼女のヒールを脱がせたら(フルカラー) 1巻 9/23まで期間限定無料
FC2ブログ

喫煙所で友人の気持ちを忖度してフェラしてあげた

ちょっと細かい事は言えないんだけれどーー


検疫関係の仕事をしていて、長い時だと2週間くらいは外界との関係をシャットアウトされる。




その間、仕事以外は個室が与えられて快適に過ごせるんだけど、同僚のA君と妙な関係になった時の話。



ある時、彼とは喫煙所で話をしていた。




「彼女と会えないの寂しいでしょう?」



「そうだねー。」


「まあ、連絡は取っているから。でも、夜に1人で寝ていると寂しくなる時あるね。なんだか人肌が恋しくなるってやつ?」




「分かる分かる。冷たい布団に入んのとかやだよねえ」




みたいな会話。



その流れで



「ムラムラとかしてくるんじゃないの?」


「1人でしてる?」



「してるんでしょう?」




としつこく聞いた。




元々A君とは飲みに行くことが多かったんでそんな会話も問題は無い。



「うるさいなぁ..」




「ムラムラはしてるんだけどーーー」





「1人ではしないなぁ」





「なんか虚しくなるしーーー」




「寂しいから」




彼は少し恥ずかしそうに言った。



私はそんな彼の様子を見るのが楽しくて、また普段と違った反応が新鮮で可愛らしくって、思わずこんな事を言った。




「もし」




「良ければーーーーだけど」




「イキたいけど、しないのなら」





半歩にじり寄る。




「シテあげても」




「いいよ..?」




2人の間に沈黙が流れた。


私と彼が煙を薫せながら見つめ会う。




「いや...」




彼はタバコを置いた。



そして私も一吸いすると、それを捨て無言で腰を下ろす。




「いや...え...」




「あの。」





私が彼のズボンを下ろし、ゴソゴソとしている間、彼は外に誰か来ないかを気にしていた。



「いや..誰か....」



「来るかもよ..?」




彼はそう言ったが、私はもう彼のモノを取り出していた。




標準的なそれは最初はだらんっとしていたが、唇でむにむにとすると、急速に大きくなる。




「ふふ..」




「じゃ..早くイッて」




ぱくっと咥えると、ゴツゴツと私の口の内側を突く。



そして舌先で擦り、じゅぷじゅぷとすると、すぐにA君から悩ましい声が漏れ始めた。



「ああーーー」




「いや...ぁぁっ..」




「ん....んんっ...」





よっぽど溜まっていたのだろう。



すぐに彼の先からはヌルヌルとしたものが浸み出し、私の唾液と混ざった。



「ぁーーーーー」




「だめ..だめだめ.....」




呻きは悲痛なものへ。




「ふふ...イキ...そう...?」




私は傍らにあったティッシュボックスから紙を取り出した。




そして何枚か彼のモノへ被せ、そのまましごく。




シュシュシュ..


にゅ...っるる....るるっる.....



「ぅわぁ...」


「ぁっ...!」




「ぁぁぁっっ..!!」



じわっとしたものがティッシュに浸み出し、そして、



びゅるっ...



びゅ.....びゅ......びゅ.




勢いよく飛び出した液がティッシュの中に満ちていた。




「ぅわぁ...」




「ぁぁ...」




「ぁぁ....ぁぁ...」




喫煙所に彼の声が響いた。




そして私の手はゆっくりと彼のモノをしごき、そしてびくびくと反応を感じていた。




その後、どうして最後は手だったか、と彼の責められ、身体を許すことになったのは別の話。

twitterはこちら! 是非フォロー&「いいね」お願い....
(C)2020 体験談 :あたたら 無断転載禁止

<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント