女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 twitterはこちら! 生挿入セックスの後で_同僚(男)~お尻でしたことあるかと聞かれその2 - ~に関してのお話(体験記・官能小説)

■目次
 1.トップページ
 2.記事・アクセスランキング
 3.カテゴリ一覧
 4.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円~で販売。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ます!

①【更新】話題の女性専用風俗に〜シリーズ最終話、2/6に更新しました。
 初めての女性向け性風俗サービス_その16』はこちら
②スワッピング=夫婦交換を題材にした新作です
 『スワッピングしま専科 その1』はこちら
③歴代No.1アクセス数作品、最新話5話を追加しました!
 『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④女性用性感マッサージ師、今西と女優の宮野ひとみ。
 セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感>
★ブログランキングで上位目指して頑張り始めました。 以下のバナーを1クリックお願いします!
小説(官能小説)ランキング
FC2ブログ

生挿入セックスの後で_同僚(男)~お尻でしたことあるかと聞かれその2

あらすじ)同僚の田島とサシで飲んでいたら、彼が「今までお尻でシタことあるか」って聞いてきた。彼の話にムズムズと淫らな気持ちが沸き起こり、彼にお尻でさせてあげることに....

最初から読む場合はこちら


■浴室の中から



ずっぱ..


ずっぱ...

ずっぱ...ずぱっ...



彼の腰の打ち付ける音が、浴室の中に響いていた。


「ぁぁぁっ..」



「だめ..だめっ....ぁあ..!」




私は、彼と向き合いながら、挿入感に酔いしれた。
これまで経験した事ないくらいにアソコが感じ易くなっていて、彼の動き、ペニスの先、凸凹の全てが気持ちよく感じられる。



「ぁあ...」


「蕩け...そう....」



「だめ....だめ.......」




私は彼の身体を抱きしめた。
そして、目の前にある彼の肩に思いっきり吸い付き、歯を立て、舐める。



「田島...くん...」


「...っ君..!」




とにかく自らの身体に溢れる快感の分、彼に何かをしてあげたかった。




一生懸命に求めようとするが、叶わない。
向き合って、壁に押し当てられ、足を持ち上げられて挿入された状態では、私になすすべは無い。



「ぁーーーーー...」



しばらくすると、腰の辺りが怪しくなってきて、何だかイケそうな感覚。
やがて、それがふわぁっと浮き上がってきて、満たされて、




「あああっ...!」




「ぁーーーーー....」


「だめっ....」


「だめぇ...」




「え..?」




あと5秒、いや3秒でもイケたかもしれない。
とにかく寸前のところで彼は動きを止めた。




「ふぅっ...」


「ふっ...! ふっ.....ふぅ..」





彼は激しく息をしながら、私を見つめていた。
ただ、それまで激しかった腰の動きは止め、ただ優しく私を見る。




「仁科....」


「仁科....はぁ....っ......」



「ベッドへ....」





ずっっぷ..


彼は腰を動かして私の中からペニスを抜いた。




「んぁぁっ..」


瞬間、堪らない程の快感が押し寄せて、イキそうになったけれど、すぐにやって来た喪失感がそれを食い止めた。



「ぁぁ....」



「ぁぁっ...!」





私は狂ったように彼の顔にキスを始めた。



唇、頰、顎、そして首筋や彼の乳首にも吸い付き、舐め回す。
そして、2人の間で反り返っている彼のペニスに触れ、優しくシゴいた。



「ぁぁ...」



「田島くん..」



私はそれがとても愛おしく見えて、しゃがみ、それにキスをした。
そして舌先で搦めとるようにそれを舐め、口の中に頬張り、愛撫する。




ちゅ..ぢゅぅ..



塩っぱい味が口の中に広がる。
ゴツゴツと彼の大きくなったモノがあちこちを刺激した。




「仁科...くぁ..」



「だめ..」



「だめだよ...」




彼は弱々しく反応する。
そして、しばらくすると、焦るように早くベッドに行こう、早く、と私に優しくタオルを掛けてくれた。




■お尻を突き出して



「向こう向いて....」



「そう....お尻を突き出して...?」




「恥ずかしい....そう...? 」



田島と一緒にベッドに行った私は、彼の優しく丁寧なキスを受けた後でその指示された通りに従った。
うつ伏せで枕の方に頭を向け、お尻を突き出した格好。




四つん這い
こんな格好をしたのはいつぶりだろうと思う。




「っぁ...」



「.....っ..」



「いや.....」




部屋の明かりは薄暗いと言えない程度の明るさで、彼は私のそんな恥ずかしい格好を何も言わずに眺めていた。



「や...」


「ね...ね...」





そしてその状態に耐えきれず彼の名を呟く私がいる。
それはそんな状態でも彼を求めている私のおかしな部分であって、またその状況を恥じいる通常人の部分と言えた。




田島は私の心の中を見透かしたように言葉で揺さぶる。



「綺麗だよ。」



「ここ.....」




「なんて綺麗なんだ...」




と背中に指先を這わせながら優しい言葉包み込んだかと思うと、



「触って欲しいところはどこ?」



「敏感なんだね...」



「とっても..感じてるんだね」





と指先の動きを止めては私を恥ずかしくさせた。



「っ.....」



「ぁー...」




思わず声が漏れた。
それは彼が肩甲骨の辺りから腰の方までつーっと線を引いたからで、背筋が伸び、全身がびくびくっと小さく震える。



「っぁ....」




「...!」




ゾクゾクとした悪寒に似た刺激が私を貫いていた。



「ぁぁ...」


「くん....」




「田島くん...田島.....っくん...」




彼の名を呼び顔を傾けるとニッコリと笑う彼が見えた。



「ここ....」



「敏感なんだね」



「綺麗だよ....とても。もっと、触っても?」





彼は背中の窪みに手のひらを置き、その行為を続けた。
脇から脇腹、腰の付け根、そしてお尻と身体中が撫で回される。



「ぁぁ...」


「仁科........」



「触りたい....触れたい.....」




彼の呟き。
私はそれを聴きながら枕に顔を埋めた。





(もう....恥ずかしさなんて..)




(でも....)




彼は腰に回した手を臀部の左右の丸みにおいた。



(やっぱり....)




丸い膨らみを撫で回し、丁寧に丁寧に揉んでいる。




彼が私の真後ろ居て、恥ずかしい部分を真正面から見ているのは確実で、目をつぶったままで私は「どんな風に映っているんだろう」「どう思っているんだろうと」考えていた。



「ぁぁ....」



「仁科......」





彼の呻きが聞こえた。
それは、ぼおっとしていた私にとって、まるでTVの向こうの会話のように、何だか人ごとのように感じられた。



お尻を突き出している自分とそれを見ている彼。



(ぁぁ...)




私は一層自分を恥ずかしく思った。
もう、恥ずかしい部分からは、私の意思に関わらず、感じたものが浸み出していると実感していた。




お尻の肉を掻き分け、彼は私を真正面に見据えて、恥ずかしい部分を目にしている。


「んっ...」



「や...やだ.....恥ずかしい...」




さっき、浴室の中で性行した相手であってさえ、恥ずかしくって、ぼおっして何にも考えられないくらいになる。



「いや....いや..」



「見ないで....」




そう言い、腰を左右に振って彼の視界から逃れようとしたが、叶わない。
彼は私の腰やお尻をしっかりと掴み、離さなず、こんないやらしい言葉を吐きながら、私を一層辱しめた。



「ぁぁ....っ...」



「アソコはぐちょぐちょで、びらびらが....こうなってるね...」




「ここ.....っ...こう...」




彼は指先で敏感な部分をつーっとなぞる。
そして優しくそれをつまんだ。


「こんなにーー...なってるのに..」





次いで、筋に指先を這わせ、指先でにちゃにちゃと突く。




「はっ...ぁ....」



「やっ....やぁ.」




恥ずかしさと刺激で情け無く呻く私。
頭を下げ、四つん這いになった下側から覗き見ると、彼の様子が見て取れた。



「ここ....」



「こんなにーーー」



「なってる....」





ずいっとした、直接的な刺激に、私は背筋をぴんっと伸ばし、叫んだ。



「あっ....」



「ぁ..っ.......ぁーーー」





全身を貫く切ない感じに耐えきれなくなり、思わず姿勢を崩す。
左頰を下にして、そのままうなだれていると、彼の指先が私に這入りこんできた。




「ふふ...」



「仁科のここ、こんな…こんなに…なってる」





ぐちょぐちょと卑猥な音とともに、じんじんと切ない刺激が込み上げる。
彼は指を差し入れ、内側を一通り撫でると、後はそれを曲げて優しく擦った。




ぐっちゅ…っちゅ…



ちゅ…っちゅ…





自分でも嫌になるくらい、いやらしい音が響き、くらくらと意識が遠のくような感じになる。
そして、下半身全体がびりびりとした。



「ぁぁ…いや…」



「...くん、田島...くん...や....やだ..」





耐えきれなくなり、腰を左右に振って抗う私に彼が言う。




「そして....ここ」




「仁科のここ....可愛くって、たまらない。」



「綺麗だよ」




「やっ…!」




ぞわっとした、全身を貫くような感覚に、思わず大きな声を出した。
腰とお尻の筋肉に緊張が走り、身体が硬くなる。



「んっ....ん...」



「んーー...」




「...んんっ!」



彼が触れたのは中心部。まさしく排泄孔と呼ばれる部分だ。




「綺麗だよ…」



「ここ…」




その小さな穴の周りを撫で付け、ふぅっとした息遣い。
その後でちろっとした、直接的な刺激が続く。




「やっ…はっ…」



「ぁぁ…」




その感覚は寒気を誘う程に危うくって、いちいち身体がびくびくと反応を伴う。
背筋にぞわっとしたものが走るのは収まらず、身体が硬いのも取れない。



「本当に…」



「ここ…」




私は彼の声を聞いていた。
目をつぶり、息を止めて、意識を集中させる。




「ぁぁ....」


彼のおでこや、鼻先が私の下半身に触れている感覚があった。
お尻の膨らみや、内股に肌の感覚がする。




そして、その先に彼の舌先や唇と思われる、つんつんと、そしてむにっとした感覚。





「ぁぁ…」


「いや…」




相変わらず、彼の指先は私の身体の中にあり、ゆっくりと蠢ている。
それは内部で、私の一番敏感なところを探しているかのようにゆっくりと、少しずつ位置を変え、強弱をつけて変わる。


そして、お尻の穴が舐められ、突かれる。



「だめ…だめ…」




「だめ…」




同じ言葉を意味なく、反復的に繰り返し呻く。
私には、その時間はとても長くって、ずっと続くもののように思えていた。

次のお話、その3はこちら

アマゾン/KINDLEで新作公開しています!
俺は某大手百貨店の外商なんだが、顧客の人妻に電マを持っていったところ (あたたら文庫)

(C)2021 体験談 :あたたら 無断転載禁止


<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント