ブヤシで性感エステに行った時のこと - 官能な体験談・短編、フェチ話


ブヤシで性感エステに行った時のこと

本文は少し↓です
筆者より
①『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”最新話10話を公開しました。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら
②過去にご好評頂いた作品をリメイク。声掛けした超絶美女は....
『通りがかりの超絶美女をナンパしたらデリヘル嬢だった件』はこちら
③舐め犬(クンニ犬)なるモノを余儀無くされて...
『罰ゲームでなめ犬になった俺』はこちら
④歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
⑤付き合い立ての彼女との性愛
『酔って勃たなかったのでO原櫻子似の彼女に初めてバイブを その1』はこちら


なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク2位→3位→8位..)
官能小説ランキング

FC2ブログ

ブヤシで性感エステに行った時のこと

渋谷をブヤシと言うのは最近俺くらい?




先日、田舎から出て来た友人と遊んだ帰りにちょっと抜きたくなってエステ店に行った。




遊んだのはこんな店




・道玄坂近く
・ラブホに出張するやつ
・抜き行為はマッサージだけ(のハズだった)
・お値段は1万円くらい(平日昼間)
・名前は伏せておく(チェーン系)





電話して、ホテルを案内されて行く。


しばらくするとコンコンってドアがノックされて女の子現る。




年齢は20代前半。



色白で髪が長くって、肉付きが良いが太ってはいない。




何より気になるのはその胸元。




動くたびにぷるんぷるんっと揺れて俺の煩悩を呼び覚した。





「あー。かわいい。」




「さあさ、さあさ」





俺は彼女の背中を押し、早速にシャワールームへ押し出す。




そこで待っているのはボディ洗い。






「お待たせ...しました」





わがままボディを堪能しようと、向こうを向いたまま意地でも彼女を見ない。





「なんでー」




「向こうを向くの?」




耳元で彼女の声がした。



そして背中に触れるのはそのふくよかな乳房の先っぽ。




ふにふにと触れて、先っぽのとんがりがつんつんと押す。



「ぁー..」




「だめ...」





「だめだよ..」





俺はもう堪らなくなって、自らのモノを擦り出した。




もう待ちきれなくって、取り敢えず1回出しとかないといけない感じで。




「あはは...」




彼女にどうして自分でシゴいているかを告げると、大きな声で笑った。



そして



「面白いー。初めて、こんな人」




と言って、その手が伸びる。



「特別に.....」




「シテあげる...」





そして俺の息子を掴み、ゆっくりとシゴいてくれ
た。



「えっ..!」





驚き思わず振り向く。



そして目を見張った。




「ぁぁ....」





目の前にあったのは真っ白で大きなおっぱい。




魅惑的な谷間が深い溝を作っていた。




「だめだよ..」




「だめ..だよ..」




こうして俺のブヤシの夜は更けていくのであった。

twitterはこちら! 是非フォロー&「いいね」お願い....



官能小説ランキング
(C)2020 体験談 :あたたら 無断転載禁止

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント