レポ :年上のパパがいる大卒23歳女子 - 官能な体験談・短編、フェチ話


レポ :年上のパパがいる大卒23歳女子


本文は少し↓です
筆者より
①童貞男子が兄貴の部屋に居た女性を..
『僕はワンピの女性を撫で回した』はこちら
②歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。日々更新予定..
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
③アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
④『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

レポ :年上のパパがいる大卒23歳女子

レポ :年上のパパがいる大卒23歳女子


彼女は待ち合わせ場所でこちらを見て、すぐにこちら側に気付き、ペコッと頭を下げた。



肩までの髪に、整った顔立ち。



美人、そんな形容詞が彼女には合っているように思えた。



今回、そんな彼女と待ち合わせしたのは最近流行りの「パパ活」について聞きたかったから。




某交流サイトで人を募り、謝礼金を出す、という条件で今日にこぎつけた。



「こんにちは。彩乃です」




こちらから名刺を差し出すと彼女はそう名乗った。




交流サイト上の名前と違うのはそれが本名であるからなのだろう。


私は彼女のことを「さん」付で呼ぶことにした。



「あ、えーと、メールでもお願いしたんだけどー」


「聞きたかったのは、パパ活の事で...」


「いいかな…?」



こちらからそう切り出すと、彼女はコーヒーのカップを口に運んだ。



そして周囲を一瞥し、こちらを真っ直ぐに見て口を開く。



「はい、そうですよね」


「いいですよ…? なんですか?」



ニコッと笑顔を見せた。


パパ活について、彼女が後ろ向きなイメージを持っていないことはそれだけでよく分かった。


そんな感じならこちら側としても質問しやすい。




彼女が話したのはこんな感じだった。



大学を卒業して、専門商社に就職した。


そこで知り合った取引先の部長に声を掛けられてゴルフに連れていって貰う事になった。



最初のうちは真面目にゴルフを習っていたが、3回目くらいでお酒を一緒に飲んだ際、それとなく誘われた。


正直、嫌だったが、ゴルフ代も出してもらっているし、取引先でもあるし、と身体を許したとのこと。


「お小遣いはーー?」


「もらった?」


気になった金銭のやりとりを聞くと、月に10万円程度。


会う度に渡してもらっていると言うことだった。



「失礼だったらーー、ゴメンね?」



「嫌だったら、良いから教えてね?」



「身体を許す事について、どうなのかな。抵抗はあった……? 最初。」



「それとーー今、特定の恋人はいるのかな?」




あっけらかんとパパの存在を話す彼女のプライベートな関係が気になった。


「そりゃあ…抵抗はありましたよ。」


「最初のうちは…。まあ、慣れちゃったと言うか、あまり気にしなくなったと言うか」



「私…インランなんですかね?」



ぺろっと彼女は舌を出した。


「それはーー、どうかな…?」

「僕は、あまり…なんとも思わないよ?」



そう返すと、嬉しそうに笑顔を見せた。



そして、またコーヒーを一飲み。


ごくん、と飲み込んでこちらを向く。



「そして………、彼氏ですか?一応、います。」



「ゼミの同級生で、彼は大学院に進学しました」



「その……、彼氏に悪いとは..思います。いわゆる、愛人ですよね。まあ相手にとってみれば、私は…」


「その、身体を許したのもそうだし、彼氏にしてあげていない、中で出すとか、変なプレイとか..」



彼女はそこまで言って、再び周囲を気にした。


「ああ、その部長に、ってことだね。」


中出し、と言うキーワードがやけに鮮明に心に残った。

「あの……」


「中に...出すって言うのは…大丈夫なの?妊娠とかーー、してる?」


「避妊するための薬、ピルとかは飲んでるのかな?」



「そうですね…...はい。」



彼女はテーブルのコーヒー皿を見ながら答えた。



「その部長とお付き合いするようになって……、しばらくして飲むように言われました。」

「その分のお金もくれましたので…」



「でも彼氏にはそんな事言えません。」

「だから、彼氏には…恋人には、外に、最後には外に出して、って言ってます。」


「いきなり薬飲み始めた、なんて言ったら変ですものね」


「でも…やっぱり、すごく悪いと思っています。」


「コンドーム、していないから…病気とか…その怖いですし」



そこで彼女は口をつぐんだ。

「そう…」


「そうか、色々あるんだね。」



私はメモを取りながら彼女を見た。


コーヒーカップを持つその表情はとても美しく見えた。


そんな彼女はとても、年上の部長の愛人で、生中出しを許しているようには見えない。


だから、質問は色々と頭の中で考えて、選んで出した。



「じゃあ、次に聞いていいかな…」



「その、変なプレイっていうのはどう言うの?」


「差し支えなければ、教えて貰えないかな?」




間の空気を変えるように、ワザと明るく表情を作って聞いた。



こう言った、いやらしい質問は重くるしい空気の中ではとても良い答えはもらえない。



「ふふ...いいですか?」


再び、彼女に笑顔が戻った。



「その、彼がするのは、ホテルの窓越しにシタままで外に向かって...」


「見せつけるように?」


想像し、妄想した。



「そうです。」


「身体を窓に押し付けられて、「いやらしい、いやらしい」って..」



「誰かに見られたりはしないのかな?」



「多分...高い階だから大丈夫だと思います。もし、見られてるとしたら、すっごく…恥ずかしい。」


「恥ずかしいの…?」


「……はい…そのほかにも、色んなこと、サレるんです…」

「あとは...縛り..とか、道具...とか」



彼女の頰が赤らんでいた。

興奮なのか、恥ずかしいのか、当時の事を思い出したのか、色々と想像を掻き立てる。



「それはどう言うこと……?もう少し、教えてもらっても良い?」


興味が湧いた。

とても気になった。



「はい...縛りは彼も私にしたのが初めてだったそうです。ネットを見ながら...ですね」


「エッチな動画を見ながら、私を縛りました。」



「腕を縛り、おっぱいとか、こう..?」

「こんな風に…」



彼女は胸元に手を当てた。


下から持ち上げるようにすると、ふにっと肉が盛り上がり、彼女が縛られている様が脳に浮かぶ。



「そして...バイブ....、ローターとか」

「縛られたままの私を窓に押し付けて、後ろから……ぐいぐいっと、突くんです…」

「繰り返し、繰り返し、長い時間…」



「あとは...剃られたり..」

「しました…」



「結構だね?」


私はにやっと笑って彼女を見た。

目の前のスレンダーな美女が、年上の愛人に求められるだけ行為を許している、と言う事に興奮を隠せないでいた。




彼女は恥ずかしそうに笑った。


「はい...」

「自分でもーー、そう…思います。」




「なんだかーーーー.....。分かります....?」


彼女は少し顔を赤らめてこちらを見た。



私は少し前からぴんっと来てはいたが、それを少し考え、躊躇いがちに彼女に話した。



「彩乃さん...一つ、聞いていい?」



彼女は私の顔を見た。


「色々、お話してくださって。ありがとう。」


「それでーーーー、Hな気分になりました?」



彼女は、はっと私の顔を見た。


そして、恥かしそうに、気不味そうな表情をして、あとはこくんっと頷いた。


「ん……っ…」



「……分かります..?」



はにかんだ笑顔が可愛らしいと思った。


「はい。なんだか。」



「とっても、可愛いと、思いましたよ?」




私は正直な感想を隠さなかった。



なんでも話してくれる彼女に好意を持っていたし、女性としてもとても魅力的だと感じていた。




彼女は手を伸ばした。


テーブルの上、物を書く私の手にそれは触れる。


「あの.......」



「…須藤さん?」



彼女は私の名を呼んだ。


その意図は分かる。



仕事の延長でこうなるのは起こりえない事では無いが、一旦は生真面目に振る舞う。



「彩乃さん………」


「良いんですか?」



そう聞くと、彼女はぎゅっと手を握った。




「...はい..」



私の手を両手で揉んでいた。



その手は柔らかで、とてもすべすべとしていた。





私は彼女にウインクして、



「行きましょうか」




席を立ち、そのままタクシーを捕まえた。



「この後のことも...書いて良いですか?」




そう聞くと彼女は言った。




「内容を...教えてくれるなら。良いですよ?」





タクシーの中で彼女の胸が腕に触れていた。


それはふにふにとして柔らかかった。



「はい..分かりました」


タクシーは丸山町の交差点へと入ろうとしていた。

2018/5/12 新規掲載
20197/20 内容更新
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント