皮を剥いて(仮性包茎の彼) - 官能な体験談・短編、フェチ話


皮を剥いて(仮性包茎の彼)


本文は少し↓です
筆者より
①過去にご好評頂いた作品をリメイク。声掛けした超絶美女は....
『通りがかりの超絶美女をナンパしたらデリヘル嬢だった件』はこちら
②舐め犬(クンニ犬)なるモノを余儀無くされて...
『罰ゲームでなめ犬になった俺』はこちら
③歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

皮を剥いて(仮性包茎の彼)

前からちょっといいな、って思っていた人がいた。



気になるから機会を見つけては話し掛けていたんだけれど、彼から「海でも見に行こうか」なんて誘われて、ドライブに出掛けた。



そしたらその帰りにいい感じになって、キスをした。



彼は、


「ね…付き合おうよ」


「いいだろう…?」




なんて優しく言ってくれたもんだから、ついもりあがっちゃって私の方から


「好き、今日は帰りたく無い…」



なんてのたまってしまった。



でーー


そんな私の申し出をスルーするほどに彼は草食系でも、生真面目でも無かったから、そのまま自然な流れでホテルへ行った。





部屋に入るなり彼を激しくキス。



互いに求め合って、服を脱がしあって浴室に入った。



彼は私の身体を弄り、おっぱいを激しく吸う。アソコを丹念にいじり、洗ってくれてイキそうな感じにまでしてくれた。




そしてお返しに、フェラでもしないといけない、って感じになった。



すみませんが、ここ迄が長い前置きです。

ここからが本題なんです。




……その後の話をします。




「ツカサ君」


私は彼の名をつぶやきながらその瞳を見つめた。




彼の鼻先から唇、そして顎に口づけをして、そのまま彼の胸に頬を埋める。





びちゃびちゃとシャワーが私を包んだ。




私は彼の背中に手を回して抱きしめた。



「ぁぁっ……」



「好き…」




私は彼の胸に吸い付き、激しくキスマークをつける。


乳首を唇で挟み、そのままぢゅうぢゅうと吸った。




そして彼の背中に回した手をお尻の方へ。



徐々に前の方に持っていくと、途中でごつっとした大きな彼のモノに触れる。



(ぁぁ…)




それはまだ直視していない。



抱き合った時にお腹の辺りに触れ、そのドキドキが私を刺激する。





「っくん……」




チラッと下を見る。




「ぁぁ…」




目に触れたのは彼のペニス。


(…ん?)



太さと大きさは申し分ないけれど、それは先端の半ばまで皮に覆われていた。



「んんん…」




私はそこに触れる。



そして、優しく手のひらで包み、ぎゅっとした。



「まさみ…」



「ぁぁぁ…」





彼は私の耳元で妖しく呻いた。




そしてその口からは舌が伸び、私の耳の穴をチロチロと舐める。




「……」




「………。」




上目遣いで彼を見ると、私を見た彼と視線が合った。



「…………。」





私は彼のペニスを包んでいた手のひらを下へずらす。



にゅ…



にゅ……み…



彼のペニスを覆っていた皮は容易に剥けて、その先端を露わにした。



にゅ……





それは赤く、紫色にくすんでいて、水滴を浴びて艶やかに光る。



「ぁぁ…」





私は彼が真性包茎でなかった事について安堵の息を漏らした。



それと同時に沸き起こるいやらしい感覚。




「ぅぅ……」




手のひらを上に上げると、彼のペニスは再び包まれる。




そして下げると現われる先。




「ふふ…」




繰り返す私は、自然と声を出した。



にやついてしまい、口角が上がる。



「なんか……」


「……」



「不思議……」



にゅ…み…




繰り返す。




彼の亀頭に皮を被せては脱がし、また被せては脱がしを繰り返した。




「ふふ…」







私は顔を下げた。




そして彼の下腹部に近づき、臍の辺りで口を開く。





「ん…」



「ん…ぁっ…」





唇にぴと、と触れる感覚。




むにむにとして、ねとつく。



ちゅ…る…




ぷ…ちゅ…っ…





唇を開くと、そのまま中へ。



ちゅ…ぅ…




「ん。」




「んん…」





唇を押し広げ、口の中が彼で膨れる。



「ふっ…ふぅっ……」




私は目を閉じた。




そして息を吸い、口をすぼませて、彼のモノを少しだけ強く刺激した。



「ぁぁっ…まさみ…」



「っぁ……」



彼のペニスがびくびくと震え、私の口の中をゴツゴツと突いた。




「はぁ…」




「ん…」






私はそんな彼の一部を受け止め、口の中の柔らかい部分、粘膜を総動員して、愛撫する。




に…っ…みゅ…




っちゅっ…ぷ…





唇をすぼめ、舌先で押し込んで、出来る限り、いやらしく、彼が気持ちよくなるように努力した。



ふに…にゅ…




もちろん、手の動きも忘れない。




下から彼の睾丸を持ち上げるようにし、優しく揉み回し、そして軽く引っ張る。



「はぁ…ぁぁ…」





「ぁっぁ…」




男性の睾丸を軽く引っ張ると、ペニスが硬く、緊張感を持つのは経験則で知っていた。




そして、挿入や、フェラをしている時に、男性側にとってひどく気持ち良さが増すという事も。




くっ…ちゅ…っぷ…


ちゅっ…




舐め続けていると、彼の喘ぎ声が大きくなる。



私の口の中でビクンビクン、と震え、そして先端から滲み出し始める。





「ふぁぁっ…」





「ぁぁ…」




彼は呻いた。



苦しそうに、切なそうにして。





そして、大きく呻くと、私の口の中で果てた。





「はぁっ…」



「ああああっ!」



「ぁぁ…」



「あーーーー…っっ…」




沢山の精液が放出された。


私の口の中、下や歯茎が何だか妙な感じ。



「はぁ…ぁぁ…」


「ぁぁ…」




私は彼の精子を受け止めながら呻いていた。


そして、この後、彼はどれくらいで回復するだろうか。



私を満足させられるくらいになるだろうか。



なんて事を考えていた。


口の中で彼の性器の包皮を動かしながら。


2018/6/26 新規掲載
2019/11/15 内容更新
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント