女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 twitterはこちら! 拒否したのに抱きしめられて_彼氏がいるのに上司と不倫 - ~に関してのお話(体験記・官能小説)

■目次
 1.トップページ
 2.記事・アクセスランキング
 3.カテゴリ一覧
 4.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円~で販売。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ます!

①【更新】話題の女性専用風俗に〜シリーズ最終話、2/6に更新しました。
 初めての女性向け性風俗サービス_その16』はこちら
②スワッピング=夫婦交換を題材にした新作です
 『スワッピングしま専科 その1』はこちら
③歴代No.1アクセス数作品、最新話5話を追加しました!
 『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④女性用性感マッサージ師、今西と女優の宮野ひとみ。
 セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感>
★ブログランキングで上位目指して頑張り始めました。 以下のバナーを1クリックお願いします!
小説(官能小説)ランキング
FC2ブログ

拒否したのに抱きしめられて_彼氏がいるのに上司と不倫

22:00過ぎ。


品川にあるオフィスで仕事が終わって退館準備をしていたら、以前同じプロジェクトに携わったことのある上司に会った。


彼は私より年齢が10ほど上で30代中盤。



既婚で子煩悩とよくからかわれている。





そんな上司は私を見るなり




「お疲れー。渚ちゃん、今終わり?」




「遅いね。」


労いの言葉を掛けてくれた。




そんな彼に対しては私は無防備の笑顔を見せる。



彼のことは元々悪い印象では無いし、疲れた身体を労ってくれる彼の優しさが身に染みたのかも知れない。



だから



「うわー。嬉しい。ありがとうございます!」



ワザと大げさに喜び、彼に好意を示す。




そして微妙な距離で駅までの道を2人して歩く。




今、思えばこういった疲れ故の無防備、無警戒な感じが彼を勘違いさせたのかも知れない。



今思えば、となるが、その時は本当に何も想像出来なかった。



ーー

彼は私の横で仕事のことやプライベートのことなんかを色々と話す。



そして信号待ちで前を見ていたら、



「ね、一杯だけ...どうかな?」



「ご飯どうせ家に帰っても無いしさ。奢るからさ。ね、ね。」



屈託の無い笑顔。



無警戒の私はホイホイとついて行く。


終電迄の1時間くらいだったらーー




そんな軽い感じで物事を考えていた。



ーーー


店に入ると、上司はビールを私と彼に1杯ずつ、そして焼き鳥のセットとサラダを注文した。



店の造りは開放的で、私と上司が向きあっていても何ら変な感じはしない。




互いに飲み食い、語らって楽しい時間を過ごした、と思う。



そしてそれは極めて普通のことだと思っていたのだが....




上司は会計を済ませた後で、


「ありがとう、付き合ってくれて」


と再び笑顔を見せた。



「いえいえ、私こそ、ご馳走になっちゃいまして」



ペコッと頭を下げる。



明日は休み。


これから帰って、シャワーを浴びて、そのままでTVを見ながら寝ようーー




そんな事を頭の中で考える。




ほろ酔いで、いい気持ちだった。




足元は軽やかで、駅の方へと歩く足取りも楽だった。




「あの..さ...」




そんな時、上司が歩みを止めた。



「渚ちゃん...」





振り返ると、気まずそうな恥ずかしそうな雰囲気の表情。



一瞬、ドキッとし、ただならぬ空気を感じて身構える。




何だか、好ましく無い自体が起こりそうな予感がして、今に来る、今に来る、と想像する。




「あのさ...」



「ね..ね....ちょっと......」




私は唾を飲んだ。



その先は言って欲しくない。




「この後さ.........。どうかな?」




上司は少しだけ首を動かし、向こうを見る。



くいっと動かして傾け、彼方を見た。



「え....」



「あの....」





出来るだけ、関係を壊さず、穏便に、それでいてハッキリとさせたかった。



「あの......」



「私....遅いんでーーーー」



「...」




「帰っても...いいですか?」




上司の表情が残念さと狼狽を混じったようなものに変わる。



「あ...いや...」




「そんなんじゃ。そんなんじゃー...無いんだよ?」




「でね...ただーー..」




私の肩に彼が触れた。



そして力が入る。



「渚ちゃん....俺..」



「俺ね...?」


「..なんだ。あの…好きなんだ。君の事が」




消え入りそうな、普段の職場での様子とは打って変わった気弱さだった。




下を見がちで、チラッとだけ私の方を見て、気まずさそうなのは相変わらずで。




「えーー..」



「だって.....」





私の口からは、反射的に驚きの声が漏れる。




「だって、和田さん、ご結婚...」



「してるし...それにーー」




「私..彼氏いますし...」





不思議と嫌悪感は無かった。



友人の不倫騒動を知っているので、前々はそんな事を仕出かす男性と言うものに否定的な気持ちを持っていた。



なのに、いざこうして自分の身に置き換えてみると、また突然の展開に慌て、何だか妙に受容できてしまう。




「彼氏...ね…」


「…………」



「俺だって...結婚してる。」



「でもーーーー」




上司は私を抱きしめた。



肩に触れていた手を背中に回し、腰にもう一方の手を当てて顔を近づけた。



「嫌.....だめ...」



「ダメです。」




キスされそうな状況で、意思を伝える。



今まで、こう言った急な展開が無いとは言えないが、相手との日常の関係性においてこんなケースは経験無い。




「だめ...やめてください...」




相手の目を見すえ、ハッキリと意思を伝える。




繰り返し、ゆっくりと。



「だめ...?」



「ねぇ..」




私が拒否を示すと、抱きしめた腕の力は幾分和らいだ。



そしてそのまま優しく背中を撫で回し、懐柔するようにゆっくりとさする。



「ね...」




彼は私のGoサインが出ればすぐにでもキスしそうな感じ。



鼻先が触れ合いそうな距離で、それを待っている。



「だめ....」



「ダメ.....です」




必死で声を搾り出そうとするが、声にならない。




掠れて、低くって、うまく意思を伝えられない内に、彼の顔が近付いた。



「渚....ちゃん..」



まず互いの鼻が触れ、次いで唇が触れる。



重ね合い、やがて激しく吸われ、全体を奪われた。



「渚..渚....ちゃん..!」




何だか頭の中がぼおっと、何を考えているのか分からなくなった。


不覚にも、しばらくの間、抵抗しなかった。




それでも、やっぱりこのままじゃ!、って自己を取り戻した。



手のひらを相手に押し付けて逃れようとする。



だが、彼は私の手首をつかんだ。



「ねえ...」






上司はキスを辞めて私の顔を見る。



そして視線を合わせ、そのまま下の方を向く。



「ぁ....ぁ..」




「ぁ...」



視線の先は胸元へ。



彼の目が右に、左に動いているのが分かった。



「ぁぁ..」




彼は小さく、本当に小さく呻きながら私の手首を掴んだままの手のひらを私に押し付けた。




ふに..



胸元が圧迫され、私の乳房がやや、へこんだ。



ブラのラインが布地に浮き上がる。




彼はそれを実にゆっくり、ゆっくりとして、私のおっぱいの形をなぞった。



「や...」



「ぁ...」




私はそれをじっと見ていた。



キスされた事よりも、自分の胸の形や大きさが上司に知られる事が凄く恥ずかしかった。



それでもなぜかそこから逃れようとかは思わずに、身体を硬くしてじっとしていると、少しして上司が口を開く。



「ね....え..?」


「だめ……?」



ニヤッと口元を緩めた。



そして私の手首から手を離し、くるっと回転させると、親指をぐっと押し出し、その場で止める。



「ねえ...?」



「ね...?」





「いい..?」


親指はゆっくりと動いていた。



その先には私の胸の一番膨らんだ部分があった。


そこに触れると、身体が自然に反応してしまうだろうとか、いやそうでもないだろうとか、この一大事に意味の無い事を考えた。




「ねえ.?」




彼が再びニヤッと笑った。



「.....」



「......っ..」





私は彼の指がこのまま動いたら、やはりびくっと反応してしまうだろう、と思い、そのまま下唇を少し噛んで備えた。






「このまま...」




彼は私の胸元に手を押し当てたままで、ちらっと周囲を伺った。




3、4人の男女のグループが通り過ぎた。




外から見ると、抱き合っているように見える私と上司を一瞥する。




「ここで...」





上司はそこで言葉を止め、じっと胸元を見つめた。




そして親指をゆっくりと動かし、私の胸の先端部をその指の腹で撫で回す。



「や.....っ..」



「ぁぁ..」




恥ずかしいことに、身体がびくんびくん、と反応した。




刺激としては大したことが無いはずなに、この状況、相手との関係にうまくハマってしまった。



「やぁ...ぁぁっ..」




「ぁぁ...っ..」





手首を強く掴まれた。


彼はぐいぐいと指先を押し付ける。



「渚...ちゃん..」




再びキスをされる。



「んっ....んん..」




もう、抵抗することはしなかった。



私は元々はそうされたくは無かったのだが、その瞬間、その時点では確かに抵抗はしなかった。

だから誘われるままに彼とホテルへと向かった。



ーーーーーー


「さ....」


ホテルに入ると、上司は私の腰に手を当て部屋へと誘った。




バダンッ..




そしてドアが閉まると、急に真面目な顔をしてこっちを向く。




「ぁぁ....夢のようだよ」




「渚ちゃんとこうやって.......」





「一緒にいるって..」




彼は私のブラウスのボタンを一つずつ、ゆっくりと外していった。



そしていちいち止めては露出した肌をゆっくり撫で回し、そこにキスをする。



「ぁ....」


「やっ...」




私の身体はびくびくと反応しっぱなしで、もう何だか分からなかった。




ただただ彼氏でも無い知り合いにそうされているのが恥ずかしく、身体をよじり、避けてかわそうとする。




それでも、かわしきれなくて、



「あ....の...」




「シャワー........」



「浴びます...から...」





と言い、その場から逃れようとする。



「お願い.....」



「...します。」





前がはだけたままで、私は胸元を手で隠し、浴室へと逃げた。




「ふぅ...」



そしてそこで一息ついて、ブラウスとスカートを脱いだ。



鏡の前で下着姿の自分自身を見てまた一息ついて、さあ、シャワー、と思っていたところで上司の声がする。





「渚...ちゃん...」




ドアが空き、上司の身体が見えた。



筋肉質の、サーフィンでよく日に焼けた身体には何も付けていない。




「やっ...ぁ..」





私は下着姿の身体を隠すのか、ぶらんぶらんと揺れる上司の局部から目を逸らすのかで迷い、固まった。





「ごめん..ね...?」



「我慢…出来なくって.」





彼はそんな私を抱きすくめた。



そして手際良く、1、2秒でブラのホックを外すと、勝手にブラジャーを取り去り、その手で胸を揉み始めた。



「や...やだ..」




胸を弄られ、彼の唇が乳首に軽く触れる。



それから強引に抱き寄せられ、彼の顔が乳房の谷間に埋まる。




「ぁぁ...」



「ぁぁっ.....」



ふに…に…



鼻の頭、唇、そして舌先が私のおっぱいを刺激した。




「渚..渚ちゃん...」




彼は夢中になって胸を舐め、吸い、揉みしだく。



私の乳房は形を変え、彼が吸う力で乳首は少し硬くなった。




「ふ...ぅ...」



「ぁぁっ…」




緊張し、息を止めて我慢していても自然と声は漏れる。




彼氏じゃ無い感覚ーー




何だか不思議な、それでもいつもと違うせいで凄く刺激的なものだった。




それに彼の大きくなった性器がゴツゴツと触れる。





「や......やだ..」





身体が自然に震え、膝頭がガクガクとなる。



頭が真っ白で、何も考えられない。





「いや...ぁ.」




それは彼が次第に腰を屈め、姿勢を下の方に、胸元からみぞおち、下腹部へと顔の位置を変えていく中でより強く、激しくなる。



「はぁ..」



上司は大きく息を吸った。



そしてそれを何度も何度も繰り返す。




「渚....ちゃん..?」




上目遣いで私を見た。



そして手を伸ばし、一度大げさに広げてもて、その後で骨盤の出っ張った部分に触れ、指先を摘む。



「.....」




彼は私を見上げていた。



私も彼の顔を見ている。





乳房の先端の、少し大きくなった乳首の先に彼の口元があった。




私はその部分をそのまま、彼の口元に合わせるように、僅かに身体を揺する。




まるで胸元を愛撫されているかのように。





「ぁ....っぁ...」




「ぁぁ....」




意識ははっきりとしていたが、何だか定まっていない気がした。



彼が骨盤の辺りで摘んだ指をそのままに、ゆっくり、ゆっくりと私の下着をずり下ろしていく。


なのに無反応で、下着がめくられた部分にいつも見慣れた黒いもじゃもじゃが現れるのもぼおっと眺めていた。




「ぁぁ.....」




「ぁぁっ..!」




上司はその黒いもじゃもじゃに口付けをしてくれた。



そして息を何度も吸い、



「いい...匂いだ..」



「堪らないよ.....」


「はぁぁ…」




穏やかな口調でそう言う。




そして下着を脱がせた後で、私の右足に触れ、少し持ち上げる仕草をした。




「ね.....」




「少し、こうして見て?」




彼は私の足をバスルームへとの境にあった段に掛けさせた。




そして股の下に潜り込み、太ももと、お尻に手を回した。



「わ....和田さん..」




私は唾をごくり、と飲み込んだ。




そして彼が何を求めているかを感じ取り、わざと太ももを開くようにした。




「わ...わ.....私..........」




相変わらず膝頭はガクガクと震えている。



「や...や.....」




「ぁ....っ...」




そして自然と呻きが漏れ出た。




それらは、彼が私の内股にキスをし、そのまた奥の方に顔を仕向けた瞬間により大きくなった。



れろ..


れっろ.....っろ






彼の舌が動く。そして私の内部にそれが侵入して、あたり構わずに触れ、つんつんと刺激した。



れる……


「っはぁ...」



「ぁぁぁ..」





上司はより強く私の足を掴み、彼の顔を強く私に押し付ける。



「ぁぁ...」




「いや.....だめ...」




喰われているーー


そんな感じに近かった。




彼の顔が、口元が私の下半身を覆い、舐め回す。



れろ....


っろ...るる..




ひだひだを軽く唇で挟み、引っ張る。



そしてそれを繰り返した後で、ねっとりとしたした舌の粘膜が触れる。




「ぅぅ....」




「だめ...だめ...です...」




手を広げ、下に向けて押し出す。



その先にあるのは上司の頭。




ぐいぐいと押し付け、私の身体から離そうと必死で努力するが、果たせない。



「ぁぁ....、渚ちゃん..」



「ぁぁ...っ..」





上司はますます強い力で私の足を掴み、舌の動きや、口で私の内部を吸い出す力が強くなる。




「いやぁっ...」




ぶるっと身体が震えた。



そして内部から幾分か浸み出した感じがする。



「やぁっ...!」



「ぁ.....ぁ......」





身体がきゅん、となり、それまでの自分とは全く違う自分のような気がした。



彼によって恥ずかしい液を垂らし、それを全て吸われる。




恥ずかしくってたまらない。



「いや....」




「しゃ....シャワーを...」



私は身体をよじり、隣の部屋へ逃れる。



彼の手から離れ、一人になるために。



「だめ...」




「だめだよ....」





予想通り、彼は一緒に入ってきた。



立ち上がり、私と向かい合いそしてシャワーの湯を出す。




シャー.....




湯が私と彼を流す中で、彼は私の身体の上から下まで眺めた。



そして手を伸ばし、胸元に触れる。



「....いいおっぱい...」



「すごく....いい、形」



「悔しいな...、俺だけの…モノにしたい…」





彼はそんな事を言った。



そして乳房の輪郭をゆっくりとなぞり、最後に乳首をつん、と押す。



「...おいで」



彼は胸元の手を背中に回し、私を呼び、抱きしめた。



「ぅ...ぁあ..」




私は言われた通りに身体を彼に傾けた。


勃起したペニスがゴツゴツとお腹に当たる。



それは固くって、直接的だ。



私の下腹部を突き、陰毛をぐじぐじと搔きまわす。



「渚ちゃん.....」




「渚....ちゃん.......」





彼はもっと強く私を抱きしめた。



背中から腰、お尻の方に手を回し、ついで左足の太ももをまさぐる。




「俺......好きだ..」




「好きだよ....とっても...」





すぐ目の前に彼の顔があり、その唇や鼻先が何度も私の口元に触れた。




「あ.....あの...」



「その...」





私は逡巡して何も言えず、ただ彼の言うなりになっていた。



「あの..」




身体の力もうまく入らない。



「渚....ちゃん」



上司は足をさらに持ち上げる。



向き合って抱き合う格好で、股間を擦り付けあう。



ぐっ.....にゅ..




にゅっ...っる..





割れ目に彼の性器の先端が触れる。



そしてそれは遠慮なく私の中に這入ってこようとした。


ぐにっ...



ぃっ...



「ぁ....」



「だめ....だめ...」




「だめ..」




普段、恋人にですら許さない、ゴムを付けないでの挿入に焦って戸惑った。



ただ、いくら首を横に振り、嫌々をしても上司はやめない。



「ね...?」




「ねぇ..?」




ぐいぐいと先っぽが入り込み、収まる。




割れ目の隙間にねじ込み、ひだひだを割って入る。



ぐにっ




にゅっ....る...


にゅっちゅ…




「あっ..!」



「ぁぁっっ…」



「いや…」



抵抗していた肌の摩擦が、ある一点で無くなった。


滑らかな彼の先と、滑らかな私の股間が合わさり、そのまま受け入れる。



ぐっ…にゅる…



「ああっ....ぁ...」




「ぁ...ぁー...」



互いに声が漏れる。



そして彼はそのまま奥まで突き挿れる。


ぐっちゅ…る…



にゅるっ…




「ああ....」


「は..いった..ぁ...」




ドクンドクンとした自らの鼓動がこめかみの辺りや、首筋に響いていた。




私は下半身から沸き起こる、どうしようもない反応に必死で耐えていた。



だが、身体のコントロールが怪しくなり、支えきれなくなる。




にゅぅ...っ...



っる…




それは挿入をさらに深くした。




彼の硬くって太いものが、私の身体の中に深く突き刺さる。



「ぅぅっ...」




「ぁあ.....っぁ..」





私は漏れ出る呻きを口を手で押さえて必死で堪え、腹筋に力を入れてどうにか自分を保とうとした。




それでも、今度はお腹の下の方から込み上げてくる妙な刺激がたまらなくって、どうしようもない。



「ふっ....ぅ..」



「ぁぁぁ.......」





私は薄眼を開けて前を見た。



そこには上司の真面目な顔があった。



彼は口を開いた。




「渚...ちゃん」




「舌を.....出してごらん..?」




私は粗く呼吸しながらそれを聞いていた。




そして盲目的に彼の言葉に従い、口を半分開けて、舌先をゆっくりと前に差し出した。


終わり
(ここまでお読み頂けた方、↓の拍手を1クリックお願いします )


2018/8/18  新規掲載
2019/11/2 内容更新

アマゾン/KINDLEで新作公開しています!
俺は某大手百貨店の外商なんだが、顧客の人妻に電マを持っていったところ (あたたら文庫)

(C)2021 体験談 :あたたら 無断転載禁止






<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント