亀頭に今治水を塗ってみたその1 - 官能な体験談・短編、フェチ話


亀頭に今治水を塗ってみたその1


本文は少し↓です
筆者より
①過去にご好評頂いた作品をリメイク。声掛けした超絶美女は....
『通りがかりの超絶美女をナンパしたらデリヘル嬢だった件』はこちら
②舐め犬(クンニ犬)なるモノを余儀無くされて...
『罰ゲームでなめ犬になった俺』はこちら
③歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

亀頭に今治水を塗ってみたその1

今治水と言うのは大阪の丹平製薬株式会社(たんぺいせいやく)が販売している薬品のこと。



主目的は歯痛に対する鎮痛で、麻酔成分を含むその液体を患部に当てると、痛みが取れると言う....




ちなみに今治水は、「いまばりみず」ではなくて「こんじすい」と言う。




今痛いのを治す...そんな意味から来ているのかも知れない。





そして、この商品の裏の効果(歯痛止め以外)で注目されているのが、麻酔効果を活用した「早漏防止機能」。




別に早漏じゃ無い...筆者も俄然これには注目します。



「イクのを気にせずに遊べる..?」




夢のような効能です!





では、早速購入、近くのドラッグストアで購入すると699円でした。





小さな箱に入った商品を開けると、小瓶と説明書があります。



小瓶にはやや黄色がかった液体がつまっている。




(大丈夫かな..?)



これまでに見たことが無いような種類のモノ。





簡単に説明書を読むと、付属のピンセットで脱脂綿なんかをつまみ、今治水をつけて患部に押し当てろ、とこと。




勿論、説明書上には亀頭に当てろなんて書いていません。



唇とか舌には当てるなとか書いてあったような気がします。




「さて..」





徐にズボンを脱ぎます。



そしてパンツを下ろすと、そこには平常時の息子が。



「よし..」





私は小瓶のフタを開け、ティッシュを丸めたものに液体を染み込ませました。





そして、塗ります。





ぴと..ぴと..(塗る感じの擬音)




ぴと...ぴと...





「.............」



最初の方は何も起きず.....




「.....?」


「うぁっ..!」




「ぁぁぁっ..!」




塗ったところが熱い、熱いのです。




「あああっ...!」




とんでもない熱さ、痛さ。

灼熱とはまさにあの事を言うのでしょう。





「やば..」



「やばいっ...」




狼狽えた私は思わず説明書を読みます。




(有効成分.....)




見ると、カンフル..とかの文字が。





「これか..?」




亀頭は熱く、火照ってもげそうな感じ。


まさにカンフル、メントール成分(想像)が私の股間の粘膜を刺激しているのは疑いようも無い。




このまま耐えれそうにありません。




「だめだっ..」




私はそのまま洗面所に向かいました。




勿論、目的は患部を洗い流すため。




「他の人って..」


こんな痛み、常人には耐えれそうにありません。

私は先人の苦労を想い、必死で揉み洗います。





「どうやって....?」




途方にくれました。


その2はこちら
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント