女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 twitterはこちら! 亀頭に今治水を塗ってみたその1 - ~に関してのお話(体験記・官能小説)

■目次
 1.トップページ
 2.記事・アクセスランキング
 3.カテゴリ一覧
 4.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円~で販売。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ます!

①【更新】話題の女性専用風俗に〜シリーズ最終話、2/6に更新しました。
 初めての女性向け性風俗サービス_その16』はこちら
②スワッピング=夫婦交換を題材にした新作です
 『スワッピングしま専科 その1』はこちら
③歴代No.1アクセス数作品、最新話5話を追加しました!
 『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④女性用性感マッサージ師、今西と女優の宮野ひとみ。
 セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感>
★ブログランキングで上位目指して頑張り始めました。 以下のバナーを1クリックお願いします!
小説(官能小説)ランキング
FC2ブログ

亀頭に今治水を塗ってみたその1

今治水と言うのは大阪の丹平製薬株式会社(たんぺいせいやく)が販売している薬品のこと。



主目的は歯痛に対する鎮痛で、麻酔成分を含むその液体を患部に当てると、痛みが取れると言う....




ちなみに今治水は、「いまばりみず」ではなくて「こんじすい」と言う。




今痛いのを治す...そんな意味から来ているのかも知れない。





そして、この商品の裏の効果(歯痛止め以外)で注目されているのが、麻酔効果を活用した「早漏防止機能」。




別に早漏じゃ無い...筆者も俄然これには注目します。



「イクのを気にせずに遊べる..?」




夢のような効能です!





では、早速購入、近くのドラッグストアで購入すると699円でした。





小さな箱に入った商品を開けると、小瓶と説明書があります。



小瓶にはやや黄色がかった液体がつまっている。




(大丈夫かな..?)



これまでに見たことが無いような種類のモノ。





簡単に説明書を読むと、付属のピンセットで脱脂綿なんかをつまみ、今治水をつけて患部に押し当てろ、とこと。




勿論、説明書上には亀頭に当てろなんて書いていません。



唇とか舌には当てるなとか書いてあったような気がします。




「さて..」





徐にズボンを脱ぎます。



そしてパンツを下ろすと、そこには平常時の息子が。



「よし..」





私は小瓶のフタを開け、ティッシュを丸めたものに液体を染み込ませました。





そして、塗ります。





ぴと..ぴと..(塗る感じの擬音)




ぴと...ぴと...





「.............」



最初の方は何も起きず.....




「.....?」


「うぁっ..!」




「ぁぁぁっ..!」




塗ったところが熱い、熱いのです。




「あああっ...!」




とんでもない熱さ、痛さ。

灼熱とはまさにあの事を言うのでしょう。





「やば..」



「やばいっ...」




狼狽えた私は思わず説明書を読みます。




(有効成分.....)




見ると、カンフル..とかの文字が。





「これか..?」




亀頭は熱く、火照ってもげそうな感じ。


まさにカンフル、メントール成分(想像)が私の股間の粘膜を刺激しているのは疑いようも無い。




このまま耐えれそうにありません。




「だめだっ..」




私はそのまま洗面所に向かいました。




勿論、目的は患部を洗い流すため。




「他の人って..」


こんな痛み、常人には耐えれそうにありません。

私は先人の苦労を想い、必死で揉み洗います。





「どうやって....?」




途方にくれました。



――――――――

結局、その日はヒリヒリした亀頭の回復に30分程度を要し、その後落ち着いたらジイをして寝ました。



(くっそー)





布団の中では悶々としていて、なかなか眠れません。



普段なら一発抜いたらすぐにでも眠りにつけるのにーー



悔しい気持ちは翌日へ。



翌日は休みでした。




8:30頃に起床した私は、息子の具合が良いのを確認すると、再び例の液体を手に取ります。





ごく…り…





思い出すのは例の激痛、あの灼熱の感覚。




あの時、何にも構えずに、気軽に怪しげな薬(歯痛用の麻酔薬、決して歯以外の用途は説明書には書かれていない)を塗ったくった無邪気な私はもういません。




「どう…しよう」





私は誰もいない部屋で、一人つぶやきました。




どうしようか、これでは699円が無駄になる。





でも、どうしよう…




ごくりっ…




歯痛になった時にでも使えば無駄にはならないか?




自問自答します。




でもーー




結局、私が選んだ選択肢は挑戦でした。



痛みよりも好奇心、それよりもイクことを意識しないで思うがままにSEX出来る




私は瓶の蓋を緩め、少し震えた手で中の液体をティッシュに浸します。




じわぁっ…


まさにそんな擬音語が聞こえてきそうな緊張の瞬間でした。


今、改めてみると目の前の黄色の液体は妖しく、危険なものにしか見えません。




「ごくり…」



片手でティシュをつまみ、片手でズボンを脱ぎます。





「さあ…」




「いくぞ…」




再び挑戦することにしました。




続く(出来れば応援↓を)

アマゾン/KINDLEで新作公開しています!
俺は某大手百貨店の外商なんだが、顧客の人妻に電マを持っていったところ (あたたら文庫)

(C)2021 体験談 :あたたら 無断転載禁止


<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント