女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 twitterはこちら! 酔っている友人に路上で手コキしてもらった件 - ~に関してのお話(体験記・官能小説)

■目次
 1.トップページ
 2.記事・アクセスランキング
 3.カテゴリ一覧
 4.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円~で販売。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ます!

①【更新】話題の女性専用風俗に〜シリーズ最終話、2/6に更新しました。
 初めての女性向け性風俗サービス_その16』はこちら
②スワッピング=夫婦交換を題材にした新作です
 『スワッピングしま専科 その1』はこちら
③歴代No.1アクセス数作品、最新話5話を追加しました!
 『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④女性用性感マッサージ師、今西と女優の宮野ひとみ。
 セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感>
★ブログランキングで上位目指して頑張り始めました。 以下のバナーを1クリックお願いします!
小説(官能小説)ランキング
FC2ブログ

酔っている友人に路上で手コキしてもらった件

酔っていたとは言え、やり過ぎたかな、と今になってそう思う。
明日ゼミ合宿で会うんだけど、どんな顔で会えばいいか分からない...



事の次第は昨日、飲み会の帰り道で..
栞(しおり、同い年の21歳。髪の毛長くスレンダー、美人系)と帰り道が一緒だった。




この栞とは入学以来の中で、互いに恋人はいたから恋愛関係になった事は無い。
ただ、栞は美人だし、スタイルも良いからいつも性的な目で見ていたことは確か。


それでも、性格が良い奴だったから、変なことはしないって言うか、関係を悪くさせるようなことは今までしていない。
今まで=昨日までは...だったが。




とにかく、俺は栞と歩いていた。
彼女とは最寄駅が同じだったから、それは珍しいことじゃない。





そして、相変わらず、夜遅くになっても蒸し暑くって、「コンビニでアイスでも」ってなった。



栞は「じゃあ、私待ってる。ノリ、買ってきてよ」と赤い顔で俺にそう言う。




彼女はいつもは控えめな方だが、酔うと少し大胆になる。それはそれでいつもの事で、俺はそんな彼女の依頼に「はいはい、チョコ系ね」といつもの如く従った。



そして俺はコンビニ、栞はコンビニの店内のイートインスペースで待っている事になった。





数分後





「お待た...あ?」


アイスを買ってきた俺を待っているはずの栞はテーブルに突っ伏して寝ていた。




「おいおい..」




俺は栞の肩をゆさゆさと揺する。



「ん.....」




「んん...」




起きない。



「おい...アイス、溶けちゃうよ?」




俺は何度か挑戦し、そして諦めた。
アイスが溶けるのは気になったが、まあしようがない。




突っ伏している栞の寝姿を見ながら、アイスの封を切り、食べ始めた。



「栞...」




彼女のことを見下ろすと、細くて白い二の腕が目に入った。

そして胴体の方に視線を移すと、少しウェーブのかかった髪の毛の隙間に脇。





その下には薄ピンク色のブラの端が見える。




「ぁ....」





酔って寝ている状態だと、普段はガン見出来ないような部分も遠慮なく見える。
ブラチラ、脇、そして胸の膨らみ。



「.....」




(Cカップ......くらいかな?)




想像上の栞の裸が頭に浮かんだ。




そしてムクムクと膨らんでいく息子。




「ぁぁ...」



「なんだか..」





無性に息子を擦って、オナりたい気持ちになった。
これまで、栞をオカズにシコった事が無いといえば嘘になるが、それでも目の前に彼女がいる状態でそうした事は無い。



「ぅ...っ..」



「ちくしょ..」




とりあえず...いきり立っている息子をズボンの上からひと撫でした。


くっきり、右側こちら向きにおったっている息子。
先端の辺り、丸みを帯びた部分をくりくりと指先で摘んで動かすと、イイ具合だった。



「ぁぁ..」




「やば....」




白い二の腕とブラチラが俺の妄想をかき立てた。
大きくは無いが、ふっくらと形の良い栞のバスト。




その先端を優しくつまんで弄ると、彼女が悩ましい声を上げる。



「ノリ.....いい..」


「もっと、もっと強くぅ....」




俺は彼女の乳房を揉みしだいた後でキスし、そのまま乳首を口に含む.....
そんな風に妄想して、さらに勃起させていると...





「ノリ...!」





栞の声にハッと我に帰った。
妄想の世界から抜け出し、意識を取り戻して前を見ると、栞がこちら見ている。




「ノリ.....」




端正な顔の、大きな瞳が俺を見ている。




「なに...してんの..?」





怪訝な声と表情だった。
彼女はそう言い、視線をチラと下に移す。




そこには当然、ズボンの上からでもはっきりと見て取れる俺の息子(フル勃起)があるわけで.....

彼女は当然に、俺がどんな様子か、もしかしたらズボンの上からシゴいていたのなんか目にしていたわけで...




「あ.....いや...」




ドキドキし、キョドる。
何て言葉を出したら良いか分からなくって、非常に焦った。



「あの....、その...」



「あのさ...」





そうしているうちに、栞は上半身を起こした。
胸元の微妙に盛り上がった谷間が見えたが、これまで自分見てきたこと、してきたことを思うと何だかいけない気がして、チラっとだけ見てやめた。





「変なこと......」



「してたでしょう?」





彼女にそう言われるまで、俺はまた妄想の世界に入っていた。
胸の谷間から、彼女の乳房様子や、先端の様子。




揉みごごちや、栞の反応の様子など。
勃起したままの息子はおさまる気配も無い。




それで、そんな状態栞から核心的なことを言われたもんだからーー



「うん.......」



「ごめん....っ.....栞のこと...見ててーーー」





栞が少し笑ったような気がした。



「ふふ....それで...」


「興奮した?」




頰の赤い彼女が口角を上げた。
たわいない昔の思い出話しでもしているかのような感じで、目を少し細めて俺の方を見る。




「ねえ...」



「ねえ...」





栞は俺を見ていた。
そして、不意に左手を伸ばしたかと思うと、俺の方へ。




「.......」




「ぁっ...」



彼女の手がゆっくりと動く。



さ...さわ...


さわ..




指先が膨らんだ部分の頂点に触れた。




栞はじぃっと俺を見ている。
そして、そのまま視線を下に移すと、




「ここ.......」



「なんだろう..?」





彼女の顔はいつになく、色っぽく見えた。
薄い化粧が蛍光灯に映って、褪せて見える。





指先が俺をつまむ。




「ここ...」




栞は舌を出した。
そして気だるそうな感じで、周囲をちらっとだけ見やると、そのまま下を向いた。



「......」




無言で栞はさすり続けた。

手のひらを少しすぼませて、柔らかな部分で、微妙な感じで触れる。




そして中指や人差し指の腹で、俺自身の膨らみの、一番敏感な部分に触れた。




「ぁぁ.....っ...」


「ぁぁぁ......っ......栞.....」




「ねえ....酔っ払.....てる?」




そう聞いても、栞はこっちを見なかった。


そして、下(俺の息子の方)を向いたまま、「ん.....」と僅かに頷く。




「ねえ....」



「ちょっと...」




俺はこのあり得ない状況に、慌て、周囲を見渡した。


(ああ...)




幸いにレジがある位置からは死角。
ただ、上には監視カメラがある。




きっと、俺が栞の寝姿で股間をいじっていた時も、俺が訳も分からず栞に股関を弄られている時も映像を記憶していただろう。



「栞.....」



「栞っ.....」




ぼうっと考えごとをしていた自分を取り戻し、声を出す。



「だめ....」



「だめだって.....」




「あ..」





俺は栞の手首を掴み、持ち上げた。
彼女の小さな声が漏れる。




「いい加減に.....はぁっ...」



「は....ぁ.....っ....」





自然に、息が粗くなっていた。
俺は必死で息を吸い込むと、栞を見据える。



「ん.....」




栞は短く、小さく反応した。


「帰るぞ!」





俺は栞にアイスを押し付けた。
そして、それを受け取る彼女の方を見ていた。




「分かった......」


彼女はアイスの封を開けると、そのままそれを口に運んだ。
アイスは少し溶けかけていて、彼女は急いでそれを口に入れた。




「栞...」





その様子を見ていて、AVやイメージビデオなんかのいやらしい場面のように、フェラするのと同じようにさせるために、棒付きアイスを買ったんじゃないんだと思い返した。





栞はアイスを食べ終わると、「よいしょ」と立ち上がった。


少し屈んだ時に、華奢な身体の胸元が少し大胆に見えた。





いつもはそんな風に思わないのに、その時は妙に艶めかしいと思った。


(ぁぁ.....)




相変わらず股関はいきり立ったままだった。
俺は立ち上がり、股間がどうなっているかを気にしながら外に出た。




「.......」




「.........」




コンビニを出た後、俺たちは無言で歩き続けた。

そして角のガストを超えた辺りで、何だか黙り込むのもどうかと思って話かける、いや質問をする。




「あの....さ...」



「なんでーーーー」




前を歩いていた栞が振り向いた。




「あんなこと.....した?」


「の....?」




照れ臭い、と言うか恥ずかしいというか、何とも言えない。
彼女がどんな反応をするかは分からず、明るい感じで笑い飛ばしてくれれば良い、そんな風に思っていた。



「なんでって......」



「何となく.....だけど...」





栞が近づいてきた。



「目が覚めたらー」



「ノリが何だかもそもそってしてて、私のこと見てしてるんだな、っ思ったらーー」





赤い顔の栞が悪びれる様子も無くそう言う。
普段の彼女の感じからすればあり得ない発言だ。




「つい.....?」



栞はすぐ側に居た。
キスしようと思えば出来そうな距離で、俺を惑わす。




「ん.....つい...」




そして彼女は下を向く。



「お前........酔ってるだろう?」



「おかしいもん。それかーー」




「何かあった?」





常に無い栞の様子にそれとなく聞いてみるも、彼女は何も言わない。

それでも少しして、





「別にーーー。」


「酔っ払っているけど、別に....何も....」





栞がさらに近づいた。
肩が触れ、彼女の匂いがする。




「おい...」



これ以上はヤバイだろ、と言う感じになって、少し焦る。


夜とは言えここは路上。互いに恋人だっている。




「ねえ...」





栞が顔を上げて俺の方を見た。
顔の距離は近く、キスされそうな、しそうな感じがぐっと込み上げる。




「なに..」



焦って半歩後ずさり。

「ねえ..」





栞がついてきた。
そして彼女はふぅっと息を吐く。



酒の匂いがした。




俺は唾をごくん、と飲み、次備える。




「........」



「いい...?」




栞は俺の顔をじっと見たままでそう言った。
そして、何を思ったか、手を差し出し、俺の股間へ。



「へ.....?」



「ええ...?」




驚く俺を他所に、栞はさっきコンビニでしたような感じでズボンの上から触れる。

もちろん、あの時と違って勃起はしていない。ただ、妙な緊張だけが身体にあるだけ。


「あ.....」



「あ...あ.......」




栞は何も言わず、そうしていた。


さっきしていたの同じように、ゆっくりよ、柔らかにさすり、やがて俺自身が形を成していくと、そのフォルムに沿うように指を這わす。




「ちょ...っと...」



「ぅ....ぁ...」




当然に、触れられれば勃起する。

そして、ギンギンに硬く、大きくなったそれは、暗がりでも分かるくらいに存在感を増す。



「ノリーーー」




栞が俺を見た。

瞳を大きく開き、黒くて丸い。





ぼおっとしているようで、いつものような締まりは無い。




「黙って....言うこと聞いて。」




栞がそう言った。


俺は何も言えずに、ただ唾を飲み込み、僅かに少しだけ頷いた。





「黙ってて...」




栞の手ははっきりと俺のペニスを掴んでいる。
さする、と言うよりも握ると言った感じで上下に動かしていく。




しゅる....


しゅる.....



しゅる...しゅ...




生地を撫でる音だけが静かに聞こえた。
栞の細い指が絡みついて刺激し、もうたまらなく、俺は言われた通りに何も話はしなかったが、ただ天を仰いで目を閉じた。



しゅ...しゅる..



しゅ...しゅ...




栞の手の動きが速くなっていく。
手を丸め込むようにして、俺自身を半分ほど、上側から掴むようにして、微妙な力で握り、上下に動かす。



「ぁ.....っ..」



「ぁぁ...」




下半身が痺れるようになり、ビクビクと何度か震えてしまう。




「ぁぁ....」




じわぁっとしたものが滲み出る感じ。



「はっ...ぁ..」



「ぁぁ....」




栞はそれを知ってか知らずか、先っぽを押さえ、絞り出すように捻る。



「ぅ....栞...」



「だめ..だめだよ....」





我ながら情けない声で訴える。
感覚的にはもうすぐ果ててしまいそう。


気持ち良さが内部から込み上げてきて、つらくってたまらない。




「だめ...ぁあ...」




こういう時の男と言う生物は、何も出来ないようになっているのだろう。
触れられ、シゴかれ、イカされそうになっても何も出来ない。




ただただ反応し、震え、終わるのを待つだけ。




「ふふ...」




下を向いていた栞が、少し声を出したような気がした。
彼女はちらっとだけ上目遣いで俺の顔を見て、そしてまた下を向く。



「ん...」



息を飲み込んだ時のような小さな音がし、栞が動く。
俺はただその様子を見ているだけで、どうしようもなく、ただじっとしている。



「ん..」




再び栞が喉を鳴らした。


彼女は両手を動かし、チャックに触れる。
ゆっくり、それが摘まれ、下げられて、もそもそと手が動いた後に、見慣れた俺自身が現れた。



「栞.....」




もう、何が何だか分からなかった。



夜とは言え、路上で友人に性器をシゴかれ、ついには露わにされている。
そして勃起した状態で、さらにはイッてしまいそうになっている。




「ぁあ....」




「栞っ.....ぁぁ....」



しゅしゅ...しゅ...っ..しゅ...





彼女が手を素早く動かした。
手のひらが竿を覆い、指先が皮や窪みを擦る。




「ぅぁぁ...っ...」



「ぁぁぁ...」




俺はただ、擦られていた。
栞の顔はすぐ側で、彼女には触れてもいないでただシゴかれるだけ。



情けなくもあったが、興奮と緊張が混じって何故だか妙に、恐ろしく気持ちが良い。




しゅ...しゅっ....しゅ...

しゅ...っ...っる..




栞は動きを止めない。
俺はいつの間にか、彼女の手の動きに合わせるようにして、腰を前後に動かしていた。



「あっ....っぁ..」

「だめ..」



「だめだよ...っっ...」




じわぁっとしたものが内部から浸み出していくのが分かった。




そして、それまでの快感をさらに超える気持ち良さが昇りつめていく。



「はぁっ..!」


「ぁぁ...ぁ...だめ..」




「いっ....」


「いく..っ.....ん..」






びゅるっ..


昇りつめたものが、勢い良く発射された。


それは凄い勢いで出て行き、栞の手のひらの間から出て行く。



「はぁっ...」




「ぁぁあ....ぁぁ..」




びゅる..


びゅ.......びゅ....っる...


びゅる...びゅ...びゅ.....びゅ.....





脈動はいつまでも続いた。
そして、快感で震えそうな中から、妙な落ち着きと、恥ずかしさが込み上げる。



「ぁ....ぁ.......っ...」



「んぁ.....ぁ....」




俺はただ呻いていた。
そして、栞俺自身から手を離したのを気に、汚れも厭わずにモノを仕舞った。



「.......」



「じゃね.....」


栞はぼそっとそう言うと、暗闇の向こうへ消えていった。
俺はまだドキドキとしていて、彼女の白い後ろ姿をいつまでも見ていた。

アマゾン/KINDLEで新作公開しています!
俺は某大手百貨店の外商なんだが、顧客の人妻に電マを持っていったところ (あたたら文庫)

(C)2021 体験談 :あたたら 無断転載禁止


<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント