銭湯の岩盤浴で触られているのを黙ってた - 官能な体験談・短編、フェチ話


銭湯の岩盤浴で触られているのを黙ってた


本文は少し↓です
筆者より
①童貞男子が兄貴の部屋に居た女性を..
『僕はワンピの女性を撫で回した』はこちら
②歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。日々更新予定..
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
③アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
④『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

銭湯の岩盤浴で触られているのを黙ってた

銭湯の岩盤浴で触られているのを黙ってた



先日、お盆休みが取れたから久しぶりに近所のスーパー銭湯に行った。



そこは新し目で設備はなかなか。



大きめの大浴場に、雰囲気のある小さめの露天風呂、そしてサウナと一通りのものは揃っている。



そんな中、私は1時間程入浴し、岩盤浴へ。



室内着を着て、薄暗い部屋に入った。




そして、うつ伏せで腕を組み、一旦寝ようかと目を閉じて、うとうとしていた時のこと。



(....)



(......?)




ふと意識を取り戻して注意すると、何だかお尻の辺りに触れられている感覚がした。




(お尻.....を..?)




手のひらのさわさわとした、撫で付けられているような感じ。



お尻から、腰の辺りが圧迫されていた。




(....だれ..?)




薄眼を開けると、知らない男性。


一瞬、ドキっとした。





触られているーー




少しの恐怖と、なぜかドキドキ。



私自身、決して痴女、というわけでは無いが、普段読んでいるコミックみたいな展開に似た状況に少し前向きな緊張をする。




(どんなーーー...)




薄眼を開けて、恐る恐る確認すると、ぼおっと映ったのは男性。



少し上半身を起こし、私のことを撫で付けていた。



(若い..)




横顔が見えた。



私より一回りほど若くて、大学生くらい。




余計な肉が付いていない、やや華奢な男性、いや男の子に見えた。




(そうか...)




私は彼に気付かれないようにふぅっと息を吐いた。



繰り返すが、普段は決して身持ちが軽いとか、男性に対して積極的だとか、と言う訳ではないんだけど、この日、何故だか違った。




気付いた時には既に触れられていた、と言うのがあるのかも知れないし、もしかしたら生理前でムラムラしていたのかも知れない。




とにかくーーー




私は黙って彼に触れられ続けた。



腕を組んで顔をつけたままで、少し彼の方に横向きにして。




そして身体の力を抜いて楽になる。




(ああーー..)




何だか心地よかった。





普通にお金を払ってマッサージされている感じ。



微妙な、少し遠慮しがちな触り方が、もうちょっと、もう少し強く、と言った焦ったさを加えて何だか堪らなかった。




「....ん..」




あくまでまだ寝入っている風で、少し身体を動かす。



足を開き、身体を傾けた。



ふぁ..さ..




室内着の裾が乱れ、太ももが露出したのが分かる。



(.....)




そして、彼がそこに注目していることも。




「ふぅっ......っ...」




「ぅぅっ......ふ..」





興奮した彼の吐息が静かに聞こえた。



(誰もーー)



(いないのかな..?)




この薄暗い、少し狭い岩盤浴の房の中、彼の
他に気配を感じなかった。



(だからーー)




隣の彼は上半身を起こし、私のことを恐れる?事なく触れているのだろうと思った。



(だから..)




徐々に足を開く。



お尻をくいっと傾け、触れやすいようにしてやる。




(こんなに...)



予想通り、太ももに触れる彼の手。




最初は少しだけ、ついでに手のひら全体で、さすると言うよりは揉むように、私に触れた。



さ....さ...



微妙な手のひらの感覚。



そしてふぅふぅと聞こえる彼の息遣い。



(......)




彼の手が下着に触れる。



指先が触れ、そして私の股間を優しく撫でる。




「....ん..」




ぶるっと震え、僅かに声が漏れた。



(濡れてる...かな..?)




自分自身の身体の反応に自信が無かった。


でも、きっとそうだろうと思った。




そして、彼が下着の中にまで指を入れるきがいがあるだろうか、と考え、少し薄眼を開けた。




「ふぅ..」



「っふ.....ふ......」




私の身体を弄っている彼の横顔が見えた。



結構、好青年風で、決してこんなこと(岩盤浴で寝ている女性の身体を無断でまさぐると言うエッチなこと)なんて事はしなさそうなイメージ。



でも、現実的に彼は私の身体に触れている。




太ももに触れ、お尻を撫で回し、そして今、下着の上から私自身に触れている。



「ふっ.....ふ.....」



「ふぅ......っ......っ....」




彼の粗い息が私自身も緊張させ、興奮させる。



触れている方と、触られている方、妙な一体感を感じ、まるで彼の緊張が私の鼓動とリンクしているようになる。



「ぁ......」



「っ......」



何度か呻き声が漏れそうになる。



私は寝た格好のままで起きている、と言う状態を気付かれないために、必死で声を押し殺
す。



息を止めて、唇を硬く結ぶ。




それでも、刺激が強くなってくると自然と呼気が不規則になる。




彼の指先が、最初は躊躇いがちだったそれが、下着をめくり、その際から中に入ってくるとーー



くち...



っ...ちゅ......




(.....ん...んっ...)





彼の指先が、肌に触れたかと思うと、そのまますんなりと受け入れた。




(んんっ...!)




何の抵抗も無い、のと同じくらいに、ヌメヌメとしていた私の股間は、彼を受け入れる。




く..ちゅ....




彼の指先が、ゆっくり、ゆっくり、出たり入ったりを繰り返した。



彼は丁寧に入り口のひだひだをなぞり、入ってすぐの内側を細かくこする。




それは初めて(私がその時、勝手に想像した)触れる女性の身体を探っているように思えた。



彼が今、女性の性器と言うものに初めて触れて興奮、感動しているんだ、と勝手に考えると、とてつもなく興奮した


そしてそれは刺激につながって震えた。



っちゅ...っちゅ.....


「ん......」



「んんっ....」




自然と声が漏れる。



もう、バレても良い、そんな風に思えるほど、結構普通の声が漏れた。




もう、あそこは内側から滲み出た恥ずかしい液でだらだらで、彼の指先を濡らしているのは間違い無かった。



だからーー



私は、あくまでも気付かないフリの前提で、彼に身体を許し、受け入れた。



ひだひだの内側を擦る刺激が強くなっても、彼が指1本だけじゃなく、もう1本挿れて来た時も必死で我慢した。



(ぅぁ....)



(ぁぁぁっ.....)




時々、身体が勝手に震え、反応した。



(ぁぁ....ダメ...)



そして自らの意思に関係無く、私を刺激する彼の指を締め付け、挟み込む。



っ..ちゅ...ちゅ...



明らかにいやらしい音が聞こえ、自らを恥じた。



そして、彼がこんな私の事をどう思っているだろう、と考えると、もっと恥ずかしくなった。



やがてーー




彼が体勢を崩し、私に添い寝するような形になった。



そして左肩を押され、横向きにされ、お尻を捲り上げられる。



(挿れられるーー)



とっても変な事だが、その時の私は期待していた。


見知らぬ年若の男性に犯されること、それが受け入れられる。



(ぁぁ....エロチック…)


(硬い...硬い.....)



ゴツゴツと、硬いモノがお尻の肉に触れた。



ぬっ....



ちゅ.......



にゅ.....

っ...ちゅ...




やがて、後ろから、じんじんとする、こそばゆく、何とも言えない刺激が伝わって来た。



お尻の間から、擦りつけるように、彼は私を犯す。


にっ…ちゅ…


彼のぬめぬめがまとわりつき、きっと私自身のものと絡み合い、接合を滑らかにしていた。


にゅる....



「ぁ....!」



っる..



「ぁぁっ...」



にゅ...っる....にゅ....っるる....



彼のモノが私の中に這入りこんだ。



殆ど摩擦を感じなくって、にゅるにゅるとそれは私に這入る。



(ああ.....っ...)



(だめ....)




私は目を見開き、何もない壁を見ていた。



耳元には彼の息遣い。



生暖かくって、激しい。




挿入自体はひどく穏やかで、優しいけれども、その彼の息は乱れていて、非同期だった。



「はぁ....」



「ぁぁぁ......」




彼の声が上ずっていく。



「ぁぁ...」



「いい..いいです...」




彼の呻き声は私を興奮させる。


きっと、彼は私が起きている事に気付いているのだろう。



「いいです....SEX…」


「すごく....いい...、たまんない…です…」




彼は何度も感想を口にした。


私はそんな彼の言葉を聞いて、不覚にも感じてしまっていた。



聴覚で興奮するーー



そんな事は普段の生活じゃ考えられないけれど、その時はそうだった。



ふぅっ..ふぅっ...、と繰り返し吹きかけられる吐息も効果を倍にした。



「ぁぁぁ.....」


「はぁぁ..っ....」


耳の穴にふぅふぅと入ってくる彼の吐息。


抑えていても我慢できない呻きが漏れた。



そして、我慢しようと息を堪えている間に、
私の中の感覚はどんどん高まっていく。



ぐっちゅ...ちゅ...


ぐっっちゅ....ぐちゅ...



「ぁん.....ぁぁ...」


「ぁぁぁ..」




お尻全体が蕩けそうになり、私はイク事を意識していた。



お腹の底の方の小さな気持ち良さの粒が、どんどん、どんどん大きくなって、自分でも怖いくらいになる。


「っぁ....」


「ぁぁぁ...!」



収縮が始まる。


エクスタシィの前兆。




私は彼のモノをぎゅぅっ、と締め付けていた。


痛いくらいに彼のモノを感じ、咥える。



そして、身体全体、特におっぱいに触れて欲しくって、彼の手を求め、乳房にあてがう。



「ぁぁぁっ....」



「ぁぁ...」



耳元の彼の声が聞こえた。


「いく...」


「いき..そう....」



絶頂の予感。


セックスで、クリとかを手で愛撫されるんじゃなくて、挿れられて、突かれてイクのは久しぶりだった。




私は彼の手を離さなかった。



乳房を揉ませ、乳首をつねらせる。



身体全体が敏感になっていて、非常に感じていた。



「..........っ....!」



「っ...!」



「ん...っ....」




盛り上がる。


そして、ぷつん、と切れる。



「ぁ.........っ..」



「イク....ん..」




息が出来ないくらいの衝動が、しばらく私の中を覆っていた。



頭が真っ白になって、何も考えられない。



ただ感じるのは、後ろの彼が私の中で果てていること。




びゅるっ.....っる....



びゅ.....びゅ......



温かなものが身体の中に広がっていくのが分かった。



そしてそれは中に染み込んでいく。



(やばいかな...でも...)



(もう..いいや...)



私は彼の手を解き、そのまま目を閉じた。



後ろの彼は私の身体から離れると、肩に少し触れ、そのまま部屋から出て行った。



「ぁぁ....」



「気持ち....いい...」



私はぼそっと呟くと、急速に訪れてきた眠気に抗う事が出来ず、そのまま思考を止めた。

終わり

2018/8/10 新規掲載
20197/19 内容更新
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント