女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 twitterはこちら! 友人の彼女は酔うと見せたがり その1 - ~に関してのお話(体験記・官能小説)

■目次
 1.トップページ
 2.記事・アクセスランキング
 3.カテゴリ一覧
 4.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円~で販売。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ます!

①【更新】話題の女性専用風俗に〜シリーズ最終話、2/6に更新しました。
 初めての女性向け性風俗サービス_その16』はこちら
②スワッピング=夫婦交換を題材にした新作です
 『スワッピングしま専科 その1』はこちら
③歴代No.1アクセス数作品、最新話5話を追加しました!
 『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④女性用性感マッサージ師、今西と女優の宮野ひとみ。
 セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感>
★ブログランキングで上位目指して頑張り始めました。 以下のバナーを1クリックお願いします!
小説(官能小説)ランキング
FC2ブログ

友人の彼女は酔うと見せたがり その1

■友人と彼女

先日の事、友人達と飲んでいたらとんでも無いことになった。


今でもその時の様子は興奮するし、それでズリネタにできるほど。



俺のそんなのを皆にわかって欲しくって書く。


気に入らなければ読み飛ばしてほしい。



(登場人物)

俺 24歳 会社員
友人 タク 24歳
友人の彼女 (ミキ 仮名) 23歳



友人と、そしてその彼女とはよく俺んちで宅飲みをしている。



俺にも彼女はいるが、今は海外(エジプト..)にいてなかなか会えない。



だからか、そんな俺を慰める、寂しいだろうと良く誘って(押しかけて)くれる。



その日は友人の仕事でちょっとした良いことがあって、そのお祝いだった。



最初はビール、そしてウイスキー、ハイボール。ついで日本酒。



もともと機嫌が良かった友人は結構なペースで飲んだ。



そして、酔いつぶれる。



しばらくすると、完全にぐったりとして、いびきをかいて寝ている。



だから、俺は友人の彼女、ミキと静かに飲んでいた。



「暇だね...」



TVを見ながら、俺はそう持ちかけた。



ミキも、ぼんやりとした感じで返した。




「ん.....」



「そうね..」





こっちを見る。


その顔はぼんやりとしていた。




「酔ってる?」




と聞くと、





「うん、酔ってる」


「きっと...」



と返した。



「じゃあさ...」



「ちょっと、寝たら?」



「俺も、眠たいしーー」




なんだか短い言葉のやり取りに、ふと気まずさを感じてそう促した。



こう言う感じでぐだぐだと朝を迎えるのは今日に始まった事では無い。




これまでに何度かあった、別に変なことがお起たこともなかった。



だから彼氏が酔いつぶれて寝ていても安心していられるのかも知れないと思った。



ミキはちょっと考えた様子でこう言った。


「んーー...」




「うん。分かったー。」



「じゃさ……何か、シャツとか借りれない?何でもいいから」




酔った感じで、ミキが俺を見た。



そう言えば以前もシャツを貸してやったことがあった。



「いいよー」



別の部屋から白い大きめのシャツを持ってきて、ミキに渡した。



「ズボンは..ないけど」


「その…いや…...」




「スゥエットだったら……あるよ?」



自分の彼女だったら、シャツ1枚で、と言うところだが、さすがに友人の女。


途中で気付き、目に付いたスゥエットの塊をぽん、と渡してやる。





「ありがとう。」



「じゃあ..」




ミキはペコっと頭を下げた。


そしててっきり浴室か隣の部屋にでも行って着替えるかと思っていたら....




「ん.……、しょ..」




その場で腕を交差させた。


少し上を向いていきなり上着を脱ぎ出す。




「え...っ...」



「ええっ..?」





慌てふためく俺。


そんな俺を見て、ミキは笑った。






■脱ぎたがりで見せたがり


突然上着を脱ぎ始めたミキは、俺の顔を見て微笑んだ。



「ふふ...」


「びっくり..した..?」




「どう...? いい身体してるでしょう?」



シャツを捲り上げた状態で、まだ手を交差したままのミキがあっけらかんとそう言う。



めくり上がった部分には、無駄な肉の無いみぞおち。


そしてその上には胸の膨らみを覆う黒い下着、すなわちブラジャーに布地が見えた。



「ぁ...ぁ..」




「ミキ……」






何も言えず、ただ呻く俺にミキの豊かなバストの谷間がいかにも柔らかそうに映った。



「どう...?」




「どう?」



すっかり上着を脱ぎ去ったミキが俺の方をじぃっと見た。



Eカップ...いや、Fカップ。



溢れそうなおっぱいが披露される。


緩やかな丸みで、その膨らみの様子をいやらしく想像させた。



そして際立つ谷間。


盛り上がった胸の肉は、急に切り込んで深いV字型を作っている。



「私ね......」


「.........」


「んしょ」と声を出し、次いでズボンも脱いだ。



そしてミキは脱いだものをぽいっと投げる。



ズボンは寝入っているミキの彼氏、タクの近くに落ちた。




露わになるミキの下半身。


すらっとした細い太もも。



その上にあるのは薄い布地。





もちろん、下の方も黒だった。



端にレースの付いたそれは線が細く、危うい。



太ももの奥の方、大事な部分からは隠毛が見えているような、透けているよう気さえした。



「ちょっと....」




「ミキ……っ…」



見てはいけないものを見てしまったような感覚に陥って、思わず顔を背ける。



「よせよせ....」




「どう言う..つもりだよ..?」



ちらり、と脳裏にミキが俺のことを誘っているのかもしれない、と考えが浮かんだ。




いびきをかいて寝たままの友人がいる状態で、ミキとSex....



豊かなミキの乳房を荒々しく揉みしだきながら、そこに口を寄せる自分自身を想像した。




(ああ...)



ぼんやりとした性欲が沸き起こる。



視界に入るミキの胸の谷間、股関をチラ、チラっと見る。



(ぁぁ....っぁぁ...)



これだけは男性としてどうしようも無かった。



イイ女とのSEX。



友人が隣で寝ているのに、豊満な身体をした女が黒の下着姿でいる。




理性的ではいられない。


視線を遠ざけようとしても、端にミキの肌色が映ると、意識してしまった。




「ふふ....」




「三上君....今、見た。」


「見たー」




「ふふふ……」



酔った感じで、ぽおっとミキが笑った。


「いま……」




「私の方……見たでしょう..?」




ゆったりとした言葉、改めてそう言われると、それが俺に突き刺さった。



「なっ...」




「なにを…」



ムキになってミキの方に顔を向けた。


心の中では、モヤモヤとした葛藤が沸いている。


勝手にカップルで俺の部屋に押しかけて、勝手に脱いだのはミキの方なのにーー



思っていた。

色々と考えていた。

自分なりに抗っていた。





それでも、ミキの胸の谷間としなだれた格好からは目が離せない。



さっき目に入ったミキの胸の谷間、妖しい太ももから股間へのラインが俺を悩ませる。





それでもーーー


ミキは妖しく笑っていた。


俺のことなど気にもしない風で、何でもないようにして。




「いいの....」



「ふふ..私...ね.....」




「酔うとね......、私ーー」



「...........」




「見せたがりにーーなるの..」




「........」





「すっごい、見せたがり。」




「分かる…?」





ミキは自らの指を、胸の谷間に指を押し当てた。



ふにっ



彼女の指先が谷間に沈み込む。


そしてその谷間には魅惑的な影が映った。



(見せたがりーー)


俺は人生で初めて耳のしたそのキーワードを頭の中で反芻していた。


■見せたがりミキの誘惑


「だからーーー」



「見て欲しい....。」



ミキは上半身、下着だけの状態で自らの胸の谷間を押す。


に.....


に....っ....



指先がゆっくりと沈み込んだ。


そしてその乳房の肉の柔らかさや、豊かな肉感を俺に見せつけたままで、妖しく笑い、しとやかに声をかける。





「見て……欲しい...の....」




「ね...?」




「タク(ミキ彼氏のこと)には内緒にしとくからーー」




ミキがちろっと舌を出して笑った。

その顔に悪びれた様子は無い。


どこまでも無邪気で何気なかった。




「ぁ…ぁぁ………」




「ぁぁぁ………」



俺はただ呻くだけ。


酔ってたせいもあるが、目の前で起こっているこの状況をうまく理解できない。


そしてこの後どうなるかも。




ただ、ミキが、親友の彼女が、自分が思っていたよりもずっとある意味悪い女だという事は理解した。




見せたがり、だと言った彼女。



見せつけられて、「見て」と言われても、言われなくても、ただ視線がミキの身体に釘付けになってしまう。


「はっ....ぁぁ...」





俺は背徳感とモヤモヤとした気持ちの狭間でただただ呻いている。



「ね...?」



ふに..




彼女の指先がさらに沈み込んだ。


人差し指が膨らみを押し、ブラの下に潜り込み、それを僅かに浮かせる。



ブラの裏側で、彼女の指先がこちょこちょと動いている。



「ねえ....見たい....?」



「ここ...」



「見たい……?」




ブラと乳房の間に空間が出来た。




僅か1センチ程の隙間、その影の部分に、目が釘付けになる。


きっと、指で押されて凹んだ部分、すぐ近くに乳首あるはずだと思った。




(ぁぁ..)




だいぶ酔っていたのかも知れない。



友人の彼女だと言うことも、その友人が隣でいることも忘れて、つい、見入ってしまう。




「おい...」



せいぜい、そう言うのがやっと。




後は口をパクパクとさせて、声にならない息を吐いた。



「うふふ....」


「ふふ...」



乳房をなぞる、ミキの指の数が増えた。




1本、2本、そして3本。



やがてブラ全体をつまむ。



「ねえ....」



「見たいでしょう...?」




「正直にーーー、見たい、って言ったら...見せてあげても..」



「......いいよ?」



膨らみには、僅かに血管が浮き出ているのが見える。



それは青紫で、ところどころ青く、白く、太い血管と細かな支脈が動いて見えた。



そして彼女がブラ全体を持ち上げた。



中の膨らみが艶めかしく、生々しく見えて、乳房全体の形が想像出来る。




「ねえ....」




「どうかなぁ..」




俺はいつの間にか、頷いていた。



こくん、こくん、と首を縦に振り、そしてごくん、と唾を飲み込む。




「み...見たい..」




「見たいよ...」




ミキのあられもない姿を夢中になって、見たままで自然とそう、呟いていた。



そこには躊躇いや恥ずかしさは無かった。



あるのはただミキの乳房を見たい、と言う欲望だけ。




「ふふ...、正直...ね...」





「分かった....じゃあ...ね..?」




ミキは俺の頷きを確認すると、満足そうにした。



そして、ブラをめくろうとしていた手を離し、今度はブラの上から覆うようにして、揉みしだく。


しゃ..ぁ...


ぁぁ.....




ブラの布地が擦れる音が聞こえた。


彼女の胸が歪み、膨らみがはみ出す。



ふにっと溢れ、薄く見えていた血管がさらに浮き出た。



溢れそうになり、危うくはみ出たそれは、さらに俺の視線釘付けにする。




「ここ......」




「分かる..?」



ミキが言わんとしている事は分かった。



彼女は2本の指をつまむようにして、ブラの膨らみの先端部分を挟む。


「ん....」



「っ....ぁ....」




「ここに...乳首が..ある...よ...?」




「おっぱいの...一番感じるところーー」




「すっごく敏感で、触られると、きゅぅーってなっちゃう...」



「敏感でーー、弱い.....ところ..」



「吸われたりしたら....やんっ..てなっちゃうところ...」



ミキはゆっくりと天を見上げた。




そして、目を閉じると、狂おしそうな表情をして、息を吐いた。




「ぁぁ..」



「ね....ぇ....」




そのあと、彼女は俺を見ていた。



そして、俺の考えている事など分かってるわ、と言わんばかりにさらに挑発する。




先端をぐりぐりと弄り、ちょうど乳首の大きさだけ指先で摘むように刺激している。



「ねえ.....」



「興奮する...?ねえ...?」



「私は...すっごく...興奮してる。」


「乳首が...硬く、小さくなってーー...」




「自分の指でも感じちゃう...」






「変態...」




「......変態なのかなぁ...私...って.....ぁ...」





「変態....なのっ..かなぁ...」




「っぁぁ....」




ミキは呻きながら身体をよじった。


そして自らを変態だと問うていた。



その動きの流れで俺に背を向ける。




「......」



背中を向けたまま、何も言わない。


彼女のその姿はブラを外して欲しい、と言うただその1点を要求しているかに思えた。




「え......ええ...?」



「い...いいの..?」



すらっと、肩甲骨が浮かび上がった彼女の背中。



そしてその隣で寝ている友人とを見比べ、躊躇いの言葉が出た。



「え...ええ...?」



口ではそう言うが、手は自然にミキの方へ近付いていく。



(み.....見たい...)



(触りたい......)



「ぁぁ...」



さっき、見せつけられた彼女乳房の膨らみを想い、ごくっ、と唾を飲んだ。


ブラを外し、あの豊かな乳房の柔らかみを思いっきり揉みしだくことを想像する。


「はぁぁ...ぁぁ..」



「ぁぁ..」



自然と息が粗くなっていた。

続きを読む場合、その2はこちら

2018/8/21 新規掲載
2019/9/9 内容大幅更新

アマゾン/KINDLEで新作公開しています!
俺は某大手百貨店の外商なんだが、顧客の人妻に電マを持っていったところ (あたたら文庫)

(C)2021 体験談 :あたたら 無断転載禁止


<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント