仙台で極スレンダー美女のマッサージ 前編 - 官能な体験談・短編、フェチ話


仙台で極スレンダー美女のマッサージ 前編

オリジナル官能小説を無料で公開しています!

■目次
 1.記事・アクセスランキング
 2.カテゴリ一覧
 3.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円で販売させて頂いています。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ますので是非!ご覧ください


① 話題の女性専用風俗に〜シリーズ、更新(9/15にその12を追加)しました。マッサージの域を超えて絡み合う2人...
" 初めての女性向け性風俗サービス_その12 シャワーを浴びた彼』はこちら

②仕事に困り、美熟女への奉仕の道を選んだ彼は〜性感モノ長編を大幅リニューアルしました
『スケコマ師 太一 美熟女へのマッサージと奉仕編』はこちら

③女性向け、エステものをリニューアル中。川崎駅前で声を掛けられたOL悠美は…
『花よりだんごエステはいかがですか その1』はこちら

④女性用性感マッサージ師、今西に依頼してきたのは人気女優の宮野ひとみ。 過去長編をリメイク中です
" セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1はこちら">『セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1』はこちら

⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”最新話10話を公開しました。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

⑥歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら



カラダにイイ男1 10/7まで期間限定無料

誘惑1 10/1まで期間限定無料

彼女のヒールを脱がせたら(フルカラー) 1巻 9/23まで期間限定無料
FC2ブログ

仙台で極スレンダー美女のマッサージ 前編

先日、仙台に出張する機会があり、深夜に呼びました。

色々サイトを物色していて、ビビッと来たのが今回手配させて頂きました彼女。

年齢:24歳(だと言っていた)
髪の毛 :肩まで。まとめてアップにしていた
体型 :極スレンダー。
お顔 :最高レベル。惚れ惚れするほど
サービス :少し事務的


某店に電話するとお目当ての彼女は手配可能とのこと。
だって、今夜の2時だもん、とばかりに買い手市場を意識して値段交渉。

70分、14,000円で妥結しました。


そしてラブホにインし、待つこと30分。
緊張の中で眠気との戦いが始まります。


コンコン...

ホテルの風呂からの「お部屋にお通ししても?」との確認の後でやって来たのは一目で美女と分かる女性。

「こんばんわぁ」


彼女はドアの隙間から笑顔を振りまきました。

「じゃ、シャワー...浴びて?」


彼女は私にそう言うと、自分はこっちで準備するから、と言います。


そして服を脱ぎ、シャワーを浴びて待っていると...

「よ..いしょっ..」


白のビキニに身を包んだスレンダーな彼女の登場です。


(やば...)


華奢なそのお身体はモロ好み。
お胸は殆ど無いに等しいような感じですが、それを補って余りあるお顔の美しさにしばし見とれます。

「じゃあ...洗おうね」


彼女はボディソープを手に取ると、私の身体の擦り付け、ヌルヌルと洗ってくれます。

背中、腰、足の指先。
彼女の細い指が身体のあちこちを這い回り、洗ってくれます。


そしてもちろん勃起した息子も。


「ぁぁ..恥ずかし。」

彼女はそう言いましたが、丁寧に指先でカリ首をゆっくりと撫で回し、彼女は愛撫してくれます。


その後は、「後ろ向いて」と言われ、翌日の壁に手をついてからのーー手コキ。


「ぁぁ....大きい、ぁぁ...硬い...」


美しいお顔からは想像もつかないような色っぽい声で笑って私を責め立てます。


にゅる...っるる...

にゅ......るるる...

股の間から伸びた彼女の手は、私の息子の竿を擦り上げ、玉袋を揉み、シコシコと擦ります。


「だめ....ぁぁ.....」

「だめ...だめだよ....いっちゃうよ....」


美女からの攻撃に堪り兼ねて喘ぎを漏らすと、

「ふふ...まだだから...」


彼女は手の動きを止め、手のひらに力を入れます。

ぐ....っ...にゅ...

竿が絞られ、根本から先っぽの方までがきつくなる。

もう一方の手が下から、玉袋をさわさわといじり、引っ張り、指先はアナルを犯していた。


シコシコ..


「だめ....だめ...だぁ...」


盛り上がりを見せる俺。
先っぽからはヌルヌルとしたものが漏れて、彼女の手を汚していた。


「だめ...だめ....ぁ...っぁっ...」

「ぁぁーー...」


びゅるっ..!

びゅ....びゅ...っ..


信じられないほどの快感脳を突き抜けた。

そして彼女の手の中でそれは続いていく。

「ぁぁ...」

「あああっっ..!」


俺はただ情け無く呻いた。

そして大きく息を吐いた。


「ふふ....」

「イっちゃった....ね..」


すぐ耳元では、美女がささやいていた。
キスでも出来そうな距離で彼女が呟く。


「ぁぁ......」

「気持ちいい..」

かくしてこの日1度目の射精は行われたのであった。

後編はこちら

twitterはこちら! 是非フォロー&「いいね」お願い....
(C)2020 体験談 :あたたら 無断転載禁止

<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント