知り合いの娘に自慰させた件 - 官能な体験談・短編、フェチ話


知り合いの娘に自慰させた件

オリジナル官能小説を無料で公開しています!

■目次
 1.記事・アクセスランキング
 2.カテゴリ一覧
 3.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円で販売させて頂いています。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ますので是非!ご覧ください


① 話題の女性専用風俗に〜シリーズ、更新(9/15にその12を追加)しました。マッサージの域を超えて絡み合う2人...
" 初めての女性向け性風俗サービス_その12 シャワーを浴びた彼』はこちら

②仕事に困り、美熟女への奉仕の道を選んだ彼は〜性感モノ長編を大幅リニューアルしました
『スケコマ師 太一 美熟女へのマッサージと奉仕編』はこちら

③女性向け、エステものをリニューアル中。川崎駅前で声を掛けられたOL悠美は…
『花よりだんごエステはいかがですか その1』はこちら

④女性用性感マッサージ師、今西に依頼してきたのは人気女優の宮野ひとみ。 過去長編をリメイク中です
" セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1はこちら">『セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1』はこちら

⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”最新話10話を公開しました。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

⑥歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら



カラダにイイ男1 10/7まで期間限定無料

誘惑1 10/1まで期間限定無料

彼女のヒールを脱がせたら(フルカラー) 1巻 9/23まで期間限定無料
FC2ブログ

知り合いの娘に自慰させた件

俺は、ゼミ合宿で白樺湖にいた。



1日目は集合、そして深夜まで課題対応
2日目は午前中まで発表。




そして、午後は自由時間。

夜は宴会。





昨年とだいたい同じ流れだった。


無事課題発表も終わり、風呂に入った。


そして19:00から宴会が始まり、終わったのが21:00過ぎ。



夜風に当たりたくなった俺は、宴会部屋の隣にある障子で覆われた小部屋へ。

その部屋で窓を全開にして、横たわっていた。




しばらくして、



すーっ


と障子が開いた。



「あれぇっ?」



と覗き込む女。

ゼミの1つ下の学年。まさみだった。



彼女は俺と研究テーマが同じ。


だから、3年生と関わり合いが少ない俺の数少ない知り合い。


まさみも俺と同様、酔っ払っていた。



さっき、俺が障子を開けて入っていくのを目にしたのだと言う。



「酔った?」



互いに頭を座布団に乗せて寝転んでいるまさみに声をかける。


しばらく反応はなかったが、


「....酔ってる...」


「久しぶり…に、酔った」




と答えが。


この時点では、俺自身全くと言っていいほど下心は無し。


ただただ、夜風にあたって気持ちいい。


酔いが心地よくさめるのを楽しんでいた。



ひゅぅっ



と少し涼しい風が吹いた。




「ちょっと...涼しいね...」



俺は窓を半分閉めた。



まさみは、顔を横に向けてスマホをさわっている。


ちょっと気怠そうな表情で、それでも画面を覗き込む顔は真剣で一生懸命に何かを調べ、見入っている。



寝転び、何度か体を回転させて横になっていたが、やがて酔いが醒めてきたような気もした。


ちょっと寒いのもあった。



(部屋に戻ろう...)


そう、思った。



ぞして、よいしょ、っと身体をおこそうとしたとき



まさみがぼそぼそと言い始めた。


「ねぇ……」



俺の顔を見ている。



「酔うと.......さ…」



思わずまさみの方をみる。


「酔うと.......なんか...Hな気持ちになりますよね...」


「私.....なんか...そうなるんです...」



そして彼女が今まで熱心に見ていたスマホの画面を俺に見せる。


「へ…?」



それはAVのワンシーンを画像化したもので、女優が男性にがっつりハメられているものだった。


正常位の体勢で、乳房をがっつりと握られ、揉みしだかれながら、ハメられているもの。


女性は口を大きく開き、今にもその喘ぎ声が漏れ伝わってくるようだった。



「なんか…ぁぁ…」



明らかに興奮した感じのまさみ。


「お前……酔ってる?」



予想外の彼女の行動に、思わず尋ねたのはそんな言葉。


普段の、真面目な感じの彼女からは想像も出来ないことだった。


「酔って…ますヨー



「酔って… ぁぁっ…」




まさみは気だるそうに身体の向きを変えた。


大きな乳房がだらりと流れた。


「え…っ…?」




仰天した。

まずはおっぱいが無防備にさらけ出されたこと。


そしてノーブラだったこと。



「まさみ…おい…っ…」



先程までの酔った結果の薄寒さは吹き飛んだ。


視線は彼女の乳房に釘付け。


だらり、と垂れた乳房の膨らみと、少し大きめのピンク色の乳首が俺の興奮を呼んだ。



「なんですか…?」



「ふふ…見えてる…って?」



「おっぱい…?」



まさみは自らの胸を弄りだした。


浴衣の胸元に手を差し入れ、俺がそこを見ているのを分かっていて、ぐいぐいと差し入れ、揉みしだく。



「ふふ…」



「ふふふ…」




彼女は笑っていた。



「う…うん…」




俺その乳の雪崩が気になり、胸を見て言う。



まさみは俺の目を見た。



「春田さん....」



そうして、俺の目線が自分の胸元に向けられている事に気づくと...


「おっぱい…気になるんですか?」


「やっぱり…男の人はーー、おっぱいが…好きなんですか?」



手を自らの胸の上に置き、ゆっくりと動かしんながらそう言う。



「ぁ…ぁぁっ…」




当然のことながらどきっとした。



まさみの胸を見ている事に気付かれた事とそのまさみのあまりにも妖艶な眼差しに。




「....うん....」




苦し紛れにそういう。



「そうでしょ.....」



「やっぱり…」



まさみはさらにぐりぐりと胸を揉みしだいた。


浴衣の布地に乳房の肉のたわみが映し出された。




俺は言った。


「....続けて....」



「ねぇ…」




まさみは目をつぶって言った。



「...はい.....」



そして、左手で乳房を大きく回すように揉んだ。



「ぁ........」



と小さな喘ぎが漏れる。



「まさみ.....もっと......」



「....は...い...」



まさみは素直に従った。


また横向きになる


乳房がだらりと雪崩を起こし、下側に垂れた。



俺の目は釘付けだった。



「乳首.....触ってみて...場所...教えて....」




「うん.....」




まさみは上の方の乳房をなでると、布地の上から指2本で皮膚をつまみ上げた。


ふ…に…



「っぁ!」



軽く小さな悲鳴が漏れた。



まさみは明らかに酔っていた。



普段とは違う彼女の様子を見て、俺自身も変だった。




普通じゃ言えないような事を平気で指示した。




「まさみ....いいよ....」




「その乳首....見せて...」






「は...い....」


まさみは従った。


ごそごそとまさぐり、乳房を探った。



「出た?」



「うん...出た....」




まさみは目を開けた。


そして、力なく答えた。



まさみと目が合った。



ぼうっとした、怪しげな目をしていた。



「まだ....やる...?」




聞いてみると、



「うん.....」



そう答えた。



「じゃあ.....その乳首を弄ってみて..」



「俺に乳首の位置が分かるまで...して」



まさみに再び指示を出す。



彼女は盲目的にそれに従った。



布地の一点を指先でつまみ、擦り、そして喘ぎをあげた。



「んんっ.........」




「ん..........」




「ふぅっ....ふぅっ...」




非常に興奮しているようだった。



小さくない呼吸音が聞こえてくる。




「まさみ....もっと触っても..いいよ..」



「もっと…」





そう言うと、まさみはゆっくりと手を浴衣の中に差し入れた。


そして、手を動かして胸元に達した。



「ん.......ぁぁっ......」



まさみは丸くなって喘いだ。


そして、それはしばらく続けた。



まさみは上の乳房や、下の乳房それぞれの乳首をまさぐり、弄っていた。


「やっ.......んん....」




「なんか....見られてるって思うと....なんか....」




まさみが声を発した。



「いつもより...感じる?」



そう聞くと、




「うん....すごく違う.....」



と言った。





「じゃあ...いつもしてるみたいにやってみて...」


「何がって…分かるだろう?」



「いつもーーシテるんだろう?」



とまさみに言った。


俺が暗に匂わせたのは彼女の自慰行為。





まさみは赤らんだ顔をさらに赤くした。




「は....い....」




そして、胸元に伸ばした腕とは別の腕を下腹部に伸ばし、もぞもぞと股間の方に差し入れた。


「あっ!......」




しばらくして、まさみが喘ぐ。



彼女が感じるところ...膣の中かクリトリスに達したようだった。



「触った?」



と聞くと....



「うん.....触った...」


と返した。



「じゃあ....そのままいつもやってるみたいに...して」



まさみは返事をしなかった。


代わりに腕を細かく上下に擦る。


か細い喘ぎが漏れ出てきた。



「んん........」



「ああっ.........いやぁ........」



「ああっ.............いい.......」




口を開け、恍惚の表情で言う。



「なんか....いい......」



そんなまさみを見て、いくつか聞いてみたくなった。



「まさみ...質問....していい?...」




「うん......んっ....」





少し、コクンとうなづいた。





「今...彼氏いるの?」





コクンとうなづいた。




「彼氏は....まさみがいつもオナニーしてること知ってる?」



まさみは顔を横に振った。




「じゃあ.....彼氏いない時にしてるんだ...」



「うん.....」




まさみは最後は言葉に出して頷いた。




「だめじゃん...他の男に見せちゃ....」


「だめ…だろう?」




そう言って、俺はまさみの乳房に手を伸ばした。



あとは、ぽつっとなった乳首の位置に目掛け、爪を引っ掛ける。



「あああっ....だめぇ.....やだっ....」



「ああ…」




「あああっ....ん...」




まさみの乳房を鷲掴みにすると、ぶにょっという感覚があった。


乳首は大きく、太くて、爪で引っ掻くと弾力があった。



俺はさらにそれを摘んだ。




「いやっ......ああっ......」



「んん......」



まさみは、体をよじった。



「だめぇ.....ああっ......」




乳首を2本の指で挟むと、浴衣の布地にくっきりとその形が浮かび上がった。



「だめって...言ったって…」



「こんなになってるよ...」


「ねぇ…」




俺はシャツの上からそれに吸い付く。



そして、歯で強く噛む。



「いやぁぁぁっ…」



「ぁっ......あああっ.....」





「んんん...いやぁぁっ.....」




まさみが強く喘ぐ。



「..まさみ...」



「いやいやって言ってるけど、好きなんだろ..こう言うの。」




俺はそう言って、さらにに強く乳首を噛む。



そして、もう一方の手を服の中に入れ、直接乳房を揉みしだく。



「そうだろっ.....」



乳首を見つけた。



そして指先でつまみ上げる。



「いやぁぁぁ......ああっ...」



「んんん....」



「そう....そう.....うん...そうっ...ああっ...」





コクンコクンとうなづき、喘いだ。



「じゃあ...下も脱いでみな....」



「えっ.....」



まさみが一瞬たじろぐ。




「早く...」





少し強めに言いうと下着を脱がせた。


濃い目の陰毛と、濡れそぼった割れ目が見える。




「じゃあ...ここに座って、続けて....」




少し高くなったところを指定する。




「は...い....」




まさみは素直に従った。


彼女の足をM字に広げさせた。



そして、続けるように言う。




「あっ............ああっ...........」



まさみは、クリトリスを中指でこすっていた。



それは、愛液にまみれ、ぐちょぐちょと怪しい音を立てる。



「んんん.......ああっ....」



「やっ....恥ずかし........」





「んんん.....ああっ!!」




まさみは細かく、速く、刺激を続けている。




見ていると、徐々にその感じ方も喘ぎも大きくなったようだ。



「ああっ.....」




「ああっ......んんんん...」



「いい.....」



「いい....すごく....」





恍惚のまさみに声をかける。




「凄くいい?」



まさみがこちらを向いて言う。




「...うん...すごく......」




「ね....あっ....」




「もう.....もう..いきそう....」




懇願する。




「いいよ...いきたい時に..」



「イッて…」




まさみの乳首を吸った。



ちゅっ…ぅ…っぷ…





「あああああっ......」



「やだだだっ.......ああっ!」




「ああああああっ........」





「ああああーーーーーーっ!」




「い......!....くっ....!」



「ぁぁぁぁ.....」





そう呻いて果てた。




その後、まさみはぐったりと横になった。


俺は俺で寝ているまさみに後ろから寄り添い、優しく乳房と尻を揉みしだいた。





その日はSEXこそしなかったが、後日会ったときに朝から晩まで身体を重ねた。


彼女とは自然と、互いに連絡を取り合わなくなるまで、しばらくの間セフレとしての関係が続いた。


終わり


2016/9/17 新規掲載
2019//11/20 内容更新

twitterはこちら! 是非フォロー&「いいね」お願い....
(C)2020 体験談 :あたたら 無断転載禁止

<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント