女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 twitterはこちら! 出会い系始めました その2(出会い系サイト編(昔)) - ~に関してのお話(体験記・官能小説)

■目次
 1.トップページ
 2.記事・アクセスランキング
 3.カテゴリ一覧
 4.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円~で販売。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ます!

①【更新】話題の女性専用風俗に〜シリーズ最終話、2/6に更新しました。
 初めての女性向け性風俗サービス_その16』はこちら
②スワッピング=夫婦交換を題材にした新作です
 『スワッピングしま専科 その1』はこちら
③歴代No.1アクセス数作品、最新話5話を追加しました!
 『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④女性用性感マッサージ師、今西と女優の宮野ひとみ。
 セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感>
★ブログランキングで上位目指して頑張り始めました。 以下のバナーを1クリックお願いします!
小説(官能小説)ランキング
FC2ブログ

出会い系始めました その2(出会い系サイト編(昔))


ワ◯ワ◯メール。


出会い系サイトの代表格のこのサービスについては、10年程前にやっていて、その時は1人の女と会ってヤッたのでした。



まあ、出会い系と言うか、その時はお小遣いを渡したから援助とでも言うべきか。


とにかく、その時は24、5歳の女性(結構可愛かった)と待ち合わせし、すぐにホテルに直行し、したのであります。




その時の様子はと言うと..以下の通りでした。


まず、サイトにログインしてやり取り。


現在はだいぶ規制が厳しくなったと聞いていますが、当時は、以下のような思惑ありげなキーワードが溢れていました。


・サポ
・お小遣い
・エンジョ
・援助
・大人のお付き合い
・大人の関係
・身体だけの関係


そんな中、平日の昼間から、「会える人」と募集をsていた女性に目星をつけました。


そしてその女性にダイレクトにメッセージ。(ダイレクトメッセージだとポイントがかかります)



その女性の反応はよく、とんとん拍子に話が進んでいき…。



概要としてはサイトでゴム有り1.5万でやり取りをしました。


そしてーーー


3回くらいやりとりした後で待ち合わせてホテルへ。



___


誘われて一緒にお風呂に入った。




「ぁぁ..」



「おっきくなって来たよ?」



少しギャルっぽいその女(容姿レベルとしてはそんなに悪くなかった)は、俺の息子を見てそう言った。




「舐めて....あげるよ..?」





彼女の裸に反応し、大きくなった息子をつまみ、口元へ運ぶ。



「ん...んんっ..」




わざと唾液を鳴らし、彼女は亀頭を咥えこむと、そのまま根元までズッポリと奥まで呑み込んだ。




「ん....」



「んんっ...」




そしてそのままの姿勢で体勢を変え、シックスナインをせがむ。



「はいはい..」





ただ俺は潔癖症で、初対面の女へのクンニなどあり得ないから、手を差し込み、中からぐしゅぐしゅと擦る。



「ぁぁっ..」



「だめ...だめ.....っ..」




クンニでは無かったが、手マンを続けると、彼女は2度、3度と絶頂を迎えた。



やがてそのまま手をついてずりずりと前へ移動する。




「ねえ...ねえ...」





彼女は挿入をせがむ。




この辺はデリヘルと違って最初から互いの目的が一緒だから手っ取り早くて良い。




「う...うん..」




ゴムを着けようとしたら、手で押さえられた。



「今日は...」



「いいの...っ」





そう言いながら自らの股間を押し付け、そのまま挿入へ。




ぐ..にゅ...



に…っ…




出会い系サイトで知り合って、いきなり生はマズイかな?とは思ったが、目の前の欲望には勝てない。




亀頭はぐじゅぐじゅしたぬめりに吸い込まれ、彼女の身体の中の温かなところに収まる。



「ぁぁ....」



「いい.....」




彼女は腰を乱雑に動かして、ガシガシ擦り合わせてくる。



俺の息子は壊れそうな程になって、それでも彼女の内側を突きまくる。



「ぁぁっ...」



「ぁぁあ..!」




ガマン汁が相当量漏れて、内心(良いのかな..?)なんて思っていたら、彼女が最初にイッた。




「ぁーーーー..やば..」




「やば..やばい....いーー」





ガクガクとしてふるふると震える。



そしてそのまま俺の方に突っ伏した。




「はぁ...だめ..」




「イッた...イったよ...」




耳元ではぁはぁと激しく呼吸をする彼女。



俺はそんな彼女の様子を眺めながら、静かに彼女の中に出した。




ーーーシャワーを浴びた後




「ね、もし良かったらさ...」




「今後、定期的に...会わない?」




俺の肩に手を当てて、トントンと叩いた。




「定期...?」




「うん..そう、月に何度かで良いから....パパにならない?」




俺の首筋、頰が彼女の唇で愛撫されていく。




「ねえ..」




そう提案する彼女を見て、さっき中出しした時の心地良さを思い出していた。




「ぁぁ..いいね...」




出会い系にはこんなのもあるんだとしみじみ思ったのでした。


2019/6/12 内容更新
2020/2/21 新規掲載
その1、伝言ダイヤル編を読む場合はこちら
その3、出会い喫茶編を読む場合はこちら
その4、JKリフレ編を読む場合はこちら

アマゾン/KINDLEで新作公開しています!
俺は某大手百貨店の外商なんだが、顧客の人妻に電マを持っていったところ (あたたら文庫)

(C)2021 体験談 :あたたら 無断転載禁止


<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント