彼氏がいるのに上司と不倫 その2 - 官能な体験談・短編、フェチ話


彼氏がいるのに上司と不倫 その2


本文は少し↓です
筆者より
①童貞男子が兄貴の部屋に居た女性を..
『僕はワンピの女性を撫で回した』はこちら
②歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。日々更新予定..
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
③アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
④『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

彼氏がいるのに上司と不倫 その2

『彼氏がいるのに上司と不倫 その1』はこちら


あらすじ)
会社帰りに上司に飲みに誘われた。付いていった私は店を出た後でホテルに誘われる。




「このまま...」




彼は私の胸元に手を押し当てたままで、ちらっと周囲を伺った。




3、4人の男女のグループが通り過ぎた。




外から見ると、抱き合っているように見える私と上司を一瞥する。




「ここで...」





上司はそこで言葉を止め、じっと胸元を見つめた。




そして親指をゆっくりと動かし、私の胸の先端部をその指の腹で撫で回す。



「や.....っ..」



「ぁぁ..」




恥ずかしいことに、身体がびくんびくん、と反応した。




刺激としては大したことが無いはずなに、この状況、相手との関係にうまくハマってしまった。



「やぁ...ぁぁっ..」




「ぁぁ...っ..」





手首を強く掴まれた。


彼はぐいぐいと指先を押し付ける。



「渚...ちゃん..」




再びキスをされる。



「んっ....んん..」




もう、抵抗することはしなかった。



私は元々はそうされたくは無かったのだが、その瞬間、その時点では確かに抵抗はしなかった。

だから誘われるままに彼とホテルへと向かった。



ーーーーーー


「さ....」


ホテルに入ると、上司は私の腰に手を当て部屋へと誘った。




バダンッ..




そしてドアが閉まると、急に真面目な顔をしてこっちを向く。




「ぁぁ....夢のようだよ」




「渚ちゃんとこうやって.......」





「一緒にいるって..」




彼は私のブラウスのボタンを一つずつ、ゆっくりと外していった。



そしていちいち止めては露出した肌をゆっくり撫で回し、そこにキスをする。



「ぁ....」


「やっ...」




私の身体はびくびくと反応しっぱなしで、もう何だか分からなかった。




ただただ彼氏でも無い知り合いにそうされているのが恥ずかしく、身体をよじり、避けてかわそうとする。




それでも、かわしきれなくて、



「あ....の...」




「シャワー........」



「浴びます...から...」





と言い、その場から逃れようとする。



「お願い.....」



「...します。」





前がはだけたままで、私は胸元を手で隠し、浴室へと逃げた。




「ふぅ...」



そしてそこで一息ついて、ブラウスとスカートを脱いだ。



鏡の前で下着姿の自分自身を見てまた一息ついて、さあ、シャワー、と思っていたところで上司の声がする。





「渚...ちゃん...」




ドアが空き、上司の身体が見えた。



筋肉質の、サーフィンでよく日に焼けた身体には何も付けていない。




「やっ...ぁ..」





私は下着姿の身体を隠すのか、ぶらんぶらんと揺れる上司の局部から目を逸らすのかで迷い、固まった。





「ごめん..ね...?」



「我慢…出来なくって.」





彼はそんな私を抱きすくめた。



そして手際良く、1、2秒でブラのホックを外すと、勝手にブラジャーを取り去り、その手で胸を揉み始めた。



「や...やだ..」




胸を弄られ、彼の唇が乳首に軽く触れる。



それから強引に抱き寄せられ、彼の顔が乳房の谷間に埋まる。




「ぁぁ...」



「ぁぁっ.....」



ふに…に…



鼻の頭、唇、そして舌先が私のおっぱいを刺激した。




「渚..渚ちゃん...」




彼は夢中になって胸を舐め、吸い、揉みしだく。



私の乳房は形を変え、彼が吸う力で乳首は少し硬くなった。




「ふ...ぅ...」



「ぁぁっ…」




緊張し、息を止めて我慢していても自然と声は漏れる。




彼氏じゃ無い感覚ーー




何だか不思議な、それでもいつもと違うせいで凄く刺激的なものだった。




それに彼の大きくなった性器がゴツゴツと触れる。





「や......やだ..」





身体が自然に震え、膝頭がガクガクとなる。



頭が真っ白で、何も考えられない。





「いや...ぁ.」




それは彼が次第に腰を屈め、姿勢を下の方に、胸元からみぞおち、下腹部へと顔の位置を変えていく中でより強く、激しくなる。



「はぁ..」



上司は大きく息を吸った。



そしてそれを何度も何度も繰り返す。




「渚....ちゃん..?」




上目遣いで私を見た。



そして手を伸ばし、一度大げさに広げてもて、その後で骨盤の出っ張った部分に触れ、指先を摘む。



「.....」




彼は私を見上げていた。



私も彼の顔を見ている。





乳房の先端の、少し大きくなった乳首の先に彼の口元があった。




私はその部分をそのまま、彼の口元に合わせるように、僅かに身体を揺する。




まるで胸元を愛撫されているかのように。





「ぁ....っぁ...」




「ぁぁ....」




意識ははっきりとしていたが、何だか定まっていない気がした。



彼が骨盤の辺りで摘んだ指をそのままに、ゆっくり、ゆっくりと私の下着をずり下ろしていく。


なのに無反応で、下着がめくられた部分にいつも見慣れた黒いもじゃもじゃが現れるのもぼおっと眺めていた。




「ぁぁ.....」




「ぁぁっ..!」




上司はその黒いもじゃもじゃに口付けをしてくれた。



そして息を何度も吸い、



「いい...匂いだ..」



「堪らないよ.....」


「はぁぁ…」




穏やかな口調でそう言う。




そして下着を脱がせた後で、私の右足に触れ、少し持ち上げる仕草をした。




「ね.....」




「少し、こうして見て?」




彼は私の足をバスルームへとの境にあった段に掛けさせた。




そして股の下に潜り込み、太ももと、お尻に手を回した。



『彼氏がいるのに上司と不倫 その3』はこちら
(↓拍手かランキング応援クリックをお願いします!)

2018/8/29 新規掲載
2019/11/1 内容更新
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント