トランジスタグラマーな女(土屋太◯似) - 官能な体験談・短編、フェチ話


トランジスタグラマーな女(土屋太◯似)


本文は少し↓です
筆者より
①過去にご好評頂いた作品をリメイク。声掛けした超絶美女は....
『通りがかりの超絶美女をナンパしたらデリヘル嬢だった件』はこちら
②舐め犬(クンニ犬)なるモノを余儀無くされて...
『罰ゲームでなめ犬になった俺』はこちら
③歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

トランジスタグラマーな女(土屋太◯似)

トランジスタグラマーな女(土屋太◯似)


昔、電気グルーヴの歌の歌詞にあった「トランジスタグラマー」と言う言葉。



先日関係を持たせていただいた女性はまさにその言葉通り『小柄だがグラマーな女性』だった。



渋谷の某クラブで声を掛け、時間をかけて「付き合う」と言う約束で口説き落とした。



彼女の名前は理央(もち仮名)、21歳の大学3年生。


顔はあどけない感じでまさしく土屋太◯みたいなの。

そして女優の彼女に負けず劣らずのむっちり得体の持ち主。



部屋に連れ帰り、キスをしながら脱がすと、黒の上下の下着に溢れそうな乳房。


「えーっと...何カップ?」


と聞くと、



「F...でも、おっぱい大きいの嫌なんだ」


と理央は言った。


なんでも、男性からの目線がいやらしいのが嫌なんだとか。



「へぇ..俺の視線は...どうだった?」



と聞くと


「いやらしかった。でも....」


「いいの..」



と俺の手を持って胸元へ誘う。


むにむにと沈み込むその柔らかさはまさにマシュマロ!、早速ブラを引っ剥がしてみると、これまた国宝級(古い)の美乳でした。


「すごい...」



俺は身長153センチの彼女の身体を眺めて、冒頭の電気グルーヴの歌の歌詞を思い出していた。


「トランジスタグラマー、メカニカル娘ーー」


そしておっぱい、乳首にしゃぶりつく。



「やっ...ぁぁ..」




手篭めにされる理央。


吸いまくられ、手マンされまくると、2度、3度と果てて、その後はフェラでお返ししてくれた。



「ゴム...」



フェラの最後には口でゴムを着けてくれる。



そしてそのまま背中を着けて倒れこみ、俺を誘った。



「っぁ....ぁぁ..」



「最高..」



想像して欲しい。



小柄でむっちりな女が、Fカップの乳をふるふると揺すり、目の前にいる。



おっぱい揉み放題、吸い放題で、だいしゅきホールドをしてくれる..



「あ...イク...っ...」



耐えきれずとりあえず1発。



AVばりにゴムを外し、デカイ胸にぶちまけた。



「ぁぁ....」



「あったかい...」



理央は手で精液をこねくり回し、笑顔を俺に向けた。


そして俺が亀頭でその胸をつんつんと突くと、


「いやぁ...」


と身体を揺すった。


「お風呂…入ろっか」




浴室に誘い、広くない部屋の中で互いにボディソープで洗いっこする。


くしゅっ……


しゅ………



スポンジで泡だてて、後ろからその豊満なおっぱいを揉みしだいた。


そしてにゅるにゅると、飽きることなく、乳首を摘もうとして、にゅる、摘もうとして、にゅる、を繰り返す。



「んん……」



「いやぁ………」



理央は相変わらずの感度の良さを誇っていた。



身体をくねくねとさせ、俺の手の動きから逃れようと壁に逃れる。


それを逃さまいと身体を寄せる俺。


「やっ……だ…」


「いやぁ…」



そうしたやり取りの中で互いに興奮していく。



「…………また…、大きく…」


「なった………」



理央は下を向いて、充分に回復した俺のペニスを見ていた。


そしてその手で掴み、指先をうにうにと動かして、上下にしごく。


にゅ……っる…


っる………



「うぁぁ……っっ…」


「だめだよ……。もう…また……」


「したく…なっちゃうよ…」


俺は呻いた。



彼女に下半身を好きなようにさせておいて、そのまま手マンを始める。


くっちゅ……っ


っる.……



互いの指が互いの性器を触り合う、いやらしい音がした。


「ぁっ…ん…」


「やぁ……も…もいっかい……」


「すっ……する………?」



理央はまるで泣きそうな顔で俺の事を見上げていた。


そして、自らの乳房を俺の胸元にくっつけて、うじうじと誘う。


「っぁぁ……」


「うん、うん……。しようっ…」


「ぁぁぁ……」


「でも………」


一応言っておいた。


「コンドーム……、もうないよ?」



「ん…」


理央はキスを求めてきた。


そして俺の唇を吸い、舌先で左右に舐めまわした後で、ゆっくりと口を開く。


「ふふ……」


「そんなの………分かってるくせに……」




理央は少し笑うと、そのまま身体を沈ませた。


そしてペニスに触れたままで体勢を落とし、そのままフェラを始める。


「ふっ…ぁぁ…」


「ぁぁぁぁ…」



ねっとりとした、柔らかで、温かな感覚に包まれた。


さっき出した精子の残りが、彼女の舌と唇でシゴかれ、吸い出されていく。


ぢゅっぅ…


うぅ……


「はぁっぁ…」


「ぁぁぁ…」



理央は呻きながら、顔を前後に揺すった。


右手で玉を下から支え、さわさわと撫でるようにして、愛撫を加える事も忘れない。


そして硬くなってきた亀頭を唇で絞るようにして咥え、そのまま上を見上げた。


「……………理央ちゃん…」



彼女の表情はとてもいやらしかった。

普段は絶対に誰にも見せないような、いやらしくって物欲しそうな表情。


ペニスを咥えたままで、視線だけを上に。



「ぁぁ……したい…」


「すっごく…したい。」



俺はそう言うと、少し無理にペニスを引き抜いた。


そして、彼女の脇に手を入れてそのまま持ち上げるようにして立たせると、壁を向かせて後ろから迫る。


「はっ…あっ………っぁぁ…」


「っぁぁ。」



互いに呻きあった。


理央はこちらを振り向いてキスを求め、俺は顔を突き出してそれに応える。



すっかり大きく、硬くなった下半身を持ちながら身体を寄せると、ボディソープのぬめりが残った理央の尻を滑って、そのまま彼女の中に入り込んだ。


ぐっにゅ……っる…


ぅぅ…



「やああっ…!」


「ぁぁぁあ………」



理央は大きく叫んだ。


浴室にその声が響き、耳にきんきんと伝わってくる。


「あぁぁ……いい…」


「いいいっ……。気持ち……いい…」




喉の底から、絞るようにして理央は呻いた。


そして身体をふるふると震わせて反応し、膣の入り口をきゅっと絞って俺を悩ませる。



「はっ…あ…」


「ああっ…あ…」



喘ぎながら、腰を突き入れた。


リズミカルに、出来るだけ強く、速く。

そして出来るだけ奥に入るように、ぐりぐりと押し込み、その先で性器に力を入れる。



みっにゅっ……ぅ…



「ぅっくぁぁ…」



セックス している、と言う実感。


生挿入の、しかもさっきした相手との続けてのセックス は、ただイキたい、気持ちよくなりたい、と言うだけじゃなくって、なんだか特別な、不思議な感じがした。



「ああ………あぁぁ…ぁぁ…」



理央は壁に向かって呻き続けている。


そしてぷりんとした尻を突き出して、俺の行為に応えていた。


そして、彼女の身体の中できゅうきゅうとした締め付けが始まっていた。


終わり

2018/9/10 新規掲載
2019/8/25 内容更新












なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント