童貞男子との性行に目覚めた その1 - 官能な体験談・短編、フェチ話


童貞男子との性行に目覚めた その1


本文は少し↓です
筆者より
①童貞男子が兄貴の部屋に居た女性を..
『僕はワンピの女性を撫で回した』はこちら
②歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。日々更新予定..
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
③アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
④『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

童貞男子との性行に目覚めた その1


■始まり

先日のことです。

嫌じゃなければ読んで下さい。




中堅IT会社入社4年目の同期の中山君(もちろん仮名)。




たまに飲みに行く間柄だったんだけど、飲み会の帰りにおっぱいを触らせてあげたら関係を持ってしまったと言う話。




まず、私は見た目はスレンダーでは無い。

普通の体型。



ただ、おっぱいはそれなりに大きい。




周囲の男性からは良くそれをからかわれたりしていた。




でも中山君は真面目な方だったから、彼からはそれらしい事を言われた記憶が無かった。




それで、飲んだ後の帰り道にそれとなく



「中山君ってさぁ」


「ねぇ......」




「女の子とかに興味とかあったりするのかな?」



そう聞いてみた。



私にとっては意外な事だったが、




「そりゃあ、あるよ。男だもん」





すぐに返事が返ってくる。




「狭山(私のこと)は、そう思わないかもしれないけどさ。」




「俺だって思春期の頃に性に目覚めて、それから悶々とした青春時代を超えて、今ここにいるんだけどさ」



「ずーーっと...」



「女の子には興味があったよ。でもー」




結構な早口でそう、まくしたてたあとは、彼はそれまで言った事を後悔するかのように急に黙り混んだ。




そして、ごもごもと口籠るようにポツポツと話ししだす。




「でも...」



「さ....」




「最近はーーーーー。もしかしたら一生...」




「一生さ...」




その後は何も言わなくなった。




(あの噂は本当にーーー)




その噂と言うのは、中山君が童貞で、まだ女性と付き合った事もないという事。




「まだ..なの...?」




それとなく核心を外して尋ねてみる。




まだ、とは『童貞脱出』、すなわちSexをすることになるが、さすがに直接的には聞けない。




「う...うん...」





「そうだね…このまま、30歳になって…ぁぁ…」



呻く彼。




私はそんな彼の様子を見て、なんだか不思議な気持ちになった。



彼とは友人として、仲は良い方。




性格はアレだが、外見はそれほど悪く無く、不潔でも無い。




そして彼は良い歳なのに童貞。




互いに酔っている。




明日は休み。






私は最近、男性関係は希薄で、生理前で少しムラっとしている。




「中山君...?」




イケない気持ちが沸き起こった。


(ぁぁ.....)





心臓がドックドックとこだまする。




「手ーーーー。貸して?」





手を差し伸べ、彼の手首を掴んでこっち側へ。




ふに..





「へっ...?」




驚く彼をよそに、私のおっぱいに彼の手を押し付ける。



「え...ええ..?」



「ちょっと..」




当然のように彼は焦っていた。




だが、



「いいよ..触っても..」




と言うと、何かを察したのか結構大胆に、向き合ったままで私の胸に両手で触れる。




「狭山....」




彼の指が乳房の中央部、尖った部分をつねった。



「ぁっ....」



「や..」




私は反応し、身体をよじった。



「ちょっと…」




彼の目を見て、注意を促す。




つねられた箇所は、じんじんとして、まだ小さな痛みとじくじくとした刺激を残していた。



「はぁ...ぁ....」




「ふっ....ぁ..」




互いに呼吸を粗くしながら見つめ合う。




「どう..?」




しばらく沈黙した後で私が口を開く。



短い言葉。





彼は目をかっ、と見開き、そして黙っていた。



それでもだいぶ経って



「いいの...?」




「ねぇ…?」





と恐る恐る尋ねてくる。



「うん...」



「私で良ければ」




そんな風にして、私は同僚とホテルに行くことになった。




■脱・童貞


ホテルの部屋に入ると、彼は私を抱きしめ、キスをしてきた。



「んっ…」




ぎこちない口付け。



私がリードしてあげて、舌を伸ばすと、彼はおそるおそるそれに自分自身の舌を絡め、吸ってくれる。



「狭山 ……」




「ぁぁ…」




彼は私の身体をまさぐる。



胸はもちろんのこと、腰、お尻、太もも。





別に、ついさっきまで男性として意識をしたことのない間柄だったが、触れられるのは素直に気持ちが良かった。

嫌ではない。



「シャワー……」




「浴びよ……?」





私は彼を浴室へ促した。


何となく、初めて肌を合わせる相手とはきちんとした手順でしたかったのもあったし、私の汗臭さに気付かれるのもヤだった。



だから、彼の背中を押し、服を脱がせてやり、その後で彼に女性の服を脱がす機会を与えてあげる。




「脱がせて?」




ボタンを外し、上着を脱ぎ、後ろを向いてブラのホックの外し方を教えた。



「うん……そう…」



「両手で摘んでね…?」




彼は何度か挑戦し、ホックを外すことに成功した。


「っぁ…」



「なんだか…」




ブラを外すのは随分難しかったようで、慣れた男性なら片手で外すことが出来る、と話すと、大げさに驚いた。




「ふぅっ……ふっ…」




「狭山…ぁ…ぁ…ぁぁ」




彼は露わになった胸を後ろから揉みしだき、
そして、手のひらに乳房を合わせ、身体を密着させた。



「ぁぁ…」



「なんて…なんて…」




肌を通して、不思議なことに彼の感動が伝わってくる。



耳元に感じる彼の吐息、心臓の鼓動。



胸を揉まれて、乳首を捻られながらそうやって彼の事を感じていると、もう、挿れたくて挿れたくてたまんなくなった。




「ね……」



「ふぅっ……」



「ぅぅ……中山…くん?」




私は振り返り、彼に話しかけた。



「もう……いいよ」




「挿れて?」



シャワーを浴びてから、と言うのはナシにいして、私はそう誘ったのだ。




「んっ…」




その瞬間、唇が彼に奪われた。



後ろから、上唇を吸われ、あちこちを舐められる。



「ぁぁ…」





強引に求められるのは嫌では無い。



私はそんな彼と絡み合った中で、自ら下着を降ろす。



激しく興奮し、息を粗くして、パンティをずり下げ、片足を上げて脱ぎ去った。



「んっ…」




「んん………」




お尻には、硬くなった彼のモノがごつんごつんと当たる。



「ねぇっ…」



「ね………」




ケモノのように、私はただ挿れて欲しかった。



タイミング的に、生でしても大丈夫(特に彼は童貞だから病気の心配も無い)だと思ったから、お尻を彼に向け、そのまま擦り付ける。



ぬっ…



ぬるっ…




何度か彼のペニスの先が、私の股間に触れた。




先の粘膜がぬちっ、と触れ、ヌメヌメとした互いの愛液を使って、絡みあう。




「ぁぁ…狭山…」



「狭山…」




彼は情けない声を上げた。



「だめだ…」



「刺激が…強いよぅ…」




なんだかもうイッてしまいそうな感じ。


そんな気弱な声が響く。



「だめ…?」




と聞くと、



「ダメ…そう…」




と返してくる。




「そう…」




私はお尻の動きを止め、くるり、と身体を返した。




そして彼と向き合い、抱き合ってキスをし、その後で下を向く。




(………)



比較的大きな男性器。


先がびくびくと震えて、私の方を向いている。




「中山…君…」




「いい…?」




手を伸ばし、彼のペニスに触れる。




「ぁ…っ…」





そしてぐいっ、と押し下げ、同時に私はつま先を伸ばし、それにまたがる。




「ぁ……ぁぁ。」




情けない声。




ぐににっ…



互いの粘膜が触れ合い、私の方へ埋もれていく。




「ぁっ………………」



「ぁぁぁ…」



「ぁーー…」



「…………」




彼のモノがめり込んだ。





同時に私の股間が満たされ、身体中にじわじわと満足感のカケラみたいなものが充ちていく。



「ぁぁ…」



「中山君…」




私は彼と繋がったままで、その顔を見た。



「おめでとう…」




「どう…? どんな……感じ?」




ふと、なんだか聞いてみたくなった。





私のこれまでの男性経験で、童貞男子とSexしたことは無かった。




いつもリードされ、終わった後で感想を求められていた。


だから、今回は反対の立場に立って、聞いてみたくなった。



■彼との性交



「ぁぁ…」




「いいよ……とっても…」




「いいよ…」




彼は満足そうにそう呻き、私にキスをした。




そして、身体のあちこちに触れ、吐く息をさらに激しくさせる。



「中山…君…」



「…いいよ」





「好きに…動いて?」




彼に促した。



そして、私は彼の首に手を回し、少し片足を上げて、挿入を深くさせる。




「う……うん…」



「でも………っ…」




「もう……」




悲しそうな表情をしていた。



「もう…イキそう…っ…」





彼はそんな叫びをあげ、腰を前後に動かした。




ペニスがぎこちなく出たり入ったりを繰り返し、彼の亀頭がこれまたぎこちなく、私の内壁を突く。



ずっにゅ…ずにゅ…




擦り合うこと、数秒。



「あっ………だめ 」




「いき…いきそうっ…」



ハッ、とした表情をして、私の顔を見る。




それは明らかに「どうしよう、どうしよう」というもので、私は彼の表情からそれを汲み取って、優しく返してあげた。



「いいよ…」



「そのまま…で」




「んっ……いいよっ…」



彼はホッとしたような顔をした。



そして、すぐ後で困ったように眉をしかめ、苦しそうな表情になる。




「だ…だめ…………ぁっ………」




「ぁ………」



「い…っ…イク」





びゅっ…




びゅるっ…




はっきりと、お腹の中で彼のペニスが弾け、液が漏れ出したのを自覚した。



それはあったかくて、溜まっていく感じ。



「ふぅぅっ…ふっ…」




「ぅぅぅ…ぅ…」



互いに痙攣しているみたいに不規則に呼吸をし、感じ合う。




「ぁぁ…」




「なんて…なんて…良いんだ…」



彼はなんだか悟りを開いたみたいに穏やかな顔でそんなことを言う。



「狭山……ぁぁ…」




「ありがとう…」





彼は私に礼を言った。


まだ彼の性器は私の身体の中でどくどくと言う脈動を続けていて、それが私を感じさせていた。




「別に……お礼なんて…」





鼻先を彼の鼻にくっつけ、キスをした。



「別に…」




私は考えてごとをしていた。




それは、今回のように、経験の無い男性の始めての性の相手となること、その事はなんて快感なんだろう、と。




身体の奥から沸き起こる、今まで感じたことの無い種類の興奮に、奥歯がガタガタと震えていた。



「や…やばい…」




思わずそう呟くと、中山君が不思議そうに私を見た。



「…? なに…?」




「いや…別に…なんでも…ないよ…」




私は首を振って、そう答えた。



そして、彼にシャワーを浴びよう、と提案をした。

次の話、『童貞男子との性行に目覚めた その2』はこちら


2018/12/27 新規掲載
2019/11/8 内容更新
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント