女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 twitterはこちら! 下着を着けるか着けないか_(話題の女性専用風俗に〜その2) - ~に関してのお話(体験記・官能小説)

■目次
 1.トップページ
 2.記事・アクセスランキング
 3.カテゴリ一覧
 4.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円~で販売。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ます!

①【更新】話題の女性専用風俗に〜シリーズ最終話、2/6に更新しました。
 初めての女性向け性風俗サービス_その16』はこちら
②スワッピング=夫婦交換を題材にした新作です
 『スワッピングしま専科 その1』はこちら
③歴代No.1アクセス数作品、最新話5話を追加しました!
 『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④女性用性感マッサージ師、今西と女優の宮野ひとみ。
 セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感>
★ブログランキングで上位目指して頑張り始めました。 以下のバナーを1クリックお願いします!
小説(官能小説)ランキング
FC2ブログ

下着を着けるか着けないか_(話題の女性専用風俗に〜その2)

最初から読む場合、『話題の女性専用風俗に行ってきた その1』はこちら


■施術の始まり


ガチャ..



ドアを少しだけ開けた。





部屋の様子が少しだけ見える。





「あのー...」


「.......」



そして、小声で彼に尋ねた。




「ブラとか....」



「パンティとか下着は...どうすれば?」




バスローブを着るときに、下着を着けるべきかどうか悩んでいた。



いきなり裸で出るのはどうかと思うし、バスローブの下をどうするかもそう。



恋人とSexするわけじゃ無いから、はしたない、と言うか、やる気を見せないといけないような感じなのが少し恥ずかしい。





「あ..」



「下着ですか?」




彼は笑いながら返してくれた。




「どっちでもイイですよー。」




「皆さん、それぞれです。」





「着けている人もいますしーー、最初から裸の人もいます。」




「ま.......どちみち」




「取っちゃいますケドね...?」




彼はあっけらかんと言った。



そしてとびきりの笑顔を見せる。




「ぁぁ...」



そう言われると改めてドキッとした。

裸のままでローブを着るか、後で自分で下着を外すか、それとも、彼に脱がされるか。


そんな決断は私にはすぐには出来なかった。



「うー..」



「んん....」



少し考えて下着を着けるのはやっぱりやめた。


何だか脱がされる、と言うのが恥ずかしかったからだ。



今日初めて会った爽やかな彼にブラのホックを外されたり、パンティをずり下される、と言うのがどうしても想像できない。


そしてそれを彼にされるがままに待っている自分にも。




「あの...はい」



私は返事を返した。




最終、鏡を見て、そして直接に自分の身体をチェックしてバスローブを羽織る。



「お...」


「お待たせ..しました」




バスローブの下、何もつけない状態。

妙にスースーとして、心もとない。


視線を自分の身体に移すと、胸の膨らみ、お尻のラインがくっきりと浮かび上がっている。



(や....)



女性用風俗を利用し、快感を得ること。

その行為の意味を改めて考えた。



「ぁぁ......」




そのままの姿で、部屋の窓際、彼が準備している横に立った。





「なんだか....」


「変な....感じです。」




バスタオルなんかを敷いている彼の後ろ姿を眺めながら、そんな風にぼそっと呟いていると、



「緊張しますよねー。」



「そうですよねー」


「でもーー、大丈夫ですよ...?始めちゃえば...きっと....ね..?」




彼は振り返って明るく笑う。



「じゃ..早速....緊張を解す意味でもー」



「始めましょうか?」




準備は終わったようだった。





彼は手のひらをぱんっ、と鳴らし、半身を引いて私をベッドへと誘う。




そして私にうつ伏せでベッドに寝るように言い、少しだけ部屋の灯りを落とした。


「ふぅ…」


彼は軽く息を吐いた。



「じゃあ...始めますね..?」




その言葉の後、少しの間時間があった。




私はその間、目を軽くつぶっていた。



そして、今彼が私のバスローブ姿を見下ろしてどんな風に思っているんだろうか、とか、お尻のラインは見えてしまってはいないだろうか、なんて取り止めのない事を考えていた。




さわ...


彼の手のひらが私の背中に触れた。



(................!)



少しびっくりして、反応してしまった。



思わず漏れそうになる言葉を呑み込む。




彼の手の感覚は背骨から腰の辺りにゆっくり。


そのまま指に圧力を加えていく。



さわ.........わ......



一通り背中を撫で付けた後で、彼は一呼吸置いた。



「眠たくなったらーー..」


「寝て....くださいね.........?」




「いいですからね…? 皆さん、 そうされてますから…。かと言って、寝てる間も 手を抜くことはありませんヨ?」




少しおどけた感じで、彼はゆっくりとそう言った。


さわ……わ…



指先の圧力は、背骨に沿って、私の筋肉を揉みほぐしていく。


押し、揉み、そしてさする。


時々は指の先端でぐいーっと押して、ところどころのツボと思われる箇所を刺激した。




私は彼の手のひらを感じながら、軽い圧迫に肺の中の空気を少し吐いた。



「ん..........っ...」



「ふ..っ.......っ.....」




彼の手のひら全体を使った圧迫による、私の木刻みな吐息が部屋に響く。



気持ちいい。




強張った身体が彼の手の圧力で解されて、緊張を解かれていくのがよく分かった。


(ぁぁ…気持ちいい…)



(最高……ん…)





思えば、こうしたマッサージを受けること自体が随分と久しぶりのことのような気がした。





次のお話、『話題の女性専用風俗に行ってきた その3』はこちら

↓の拍手かランキング投票1クリックお願いします!

アマゾン/KINDLEで新作公開しています!
俺は某大手百貨店の外商なんだが、顧客の人妻に電マを持っていったところ (あたたら文庫)

(C)2021 体験談 :あたたら 無断転載禁止


<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント