(歴史考察)名古屋の縛られ手コキ店 前編 - 官能な体験談・短編、フェチ話


(歴史考察)名古屋の縛られ手コキ店 前編


サイト内のPVランキングです。
人気・高評価頂いた記事を見るならこちらから↓

■記事・アクセスランキング
筆者より
①「Sex」させてくれない彼女と温泉旅行に行ったら... 過去長編をリメイクしました
『「結婚するまでSexしない」という彼女 』はこちら
②『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”最新話10話を公開しました。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら
③過去にご好評頂いた作品をリメイク。声掛けした超絶美女は....
『通りがかりの超絶美女をナンパしたらデリヘル嬢だった件』はこちら
④歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら

『更新しました』
さくらは職場のアイドル。たまたま彼女が助手席に乗っていた時俺は...
『「超美人に上から目線で太ももタッチ 』はこちら

FC2ブログ

(歴史考察)名古屋の縛られ手コキ店 前編

ふと、昔の事を思い出して、気になってWebサイトを探したらやっぱり閉店していた。

もうかれこれ20年近く前ののこと。
つい最近の事のように思えるけれど、ひと昔前だなぁなんて気もする。


今日、ご紹介するのはかつて名古屋にあった風俗サービス店。

実はこう言うフェチが好き...なんて方、男女を問わずいらしゃるように思う。


ーーその店は

名古屋市内の中心部、官公庁やオフィスビルが建ち並ぶ一角にあった。

現在は殺風景なコンクリートビルの森。

何故?

こう言う場所に?

風俗サービス店が存在するのかについて色々調べてみた。

まず、名古屋市内における繁華街はJR名古屋駅裏、地下鉄各駅毎に点在しているが、代表的なのは名駅、錦、栄、新栄、後は大曽根くらい..

これらは赤線の名残であったり、寺町(門前町に歓楽街が発展した)であったりするのだけれども....


どうにも、真面目な現在のビジネス街、丸の内に風俗店営業が認められている理由がわからない。

一般的に、日本国内の風俗エリアの発生原因としては以下が当てはまります。(全く学術的考証を伴わない、個人的意見)


・遊廓、赤線・青線など由来
・江戸時代の宿場町の飯盛女由来
・温泉地などの湯女、遊郭由来
・労働者の簡易宿泊所、連れ込み宿由来
・神社仏閣の門前町由来
・単に人が集まる場所
・戦後の闇市由来


風営法って言う厳しい法律があって、行政から店舗型風俗店の営業が認められているのは何らかの繋がりが必要なんです。(私の知る以上ほとんど)


じゃあ、名古屋の丸の内は?と言うと、どこにも当てはまりません。

では..?

どうして..?

と色々調べてみたところ、該当しそうなのは以下のもの。ネットで苦労して調べました。

・現在の丸の内は旧町名称が統合されたもの
・旧町名称の一つに茶屋町がある
・この茶屋町は江戸時代に出来たもので、以前はかなりの賑わいを見せていたらしい

茶屋町..と言えば、そうですね。
歓楽街です。高級な。今風に言えば。

恐らく、江戸期から明治期にかけてお茶屋遊びの雰囲気が残っていて、戦後、行政の措定が入った際も制限を免れた...


と推察します。

だいぶ長くなりました。
今日はこの辺で。

続きは気になる?店の内容について記載します。

※どなたか丸の内の由来についてご存知であればコメントお願いします。

後編はこちらから

twitterはこちら! 是非フォロー&「いいね」お願い....
(C)2020 体験談 :あたたら 無断転載禁止

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント