(歴史考察)名古屋の縛られ手コキ店 後編 - 官能な体験談・短編、フェチ話


(歴史考察)名古屋の縛られ手コキ店 後編


■目次
 1.記事・アクセスランキング
 2.カテゴリ一覧
 3.最新記事一覧
筆者より
①保険契約の見返りとしてギャル生保レディと会う事になった....過去長編をリメイク中です
『保険契約と引き換えのキス、枕の誘い_ギャルっぽい生保レディとお食事その1』はこちら
②女性用性感マッサージ師、今西に依頼してきたのは人気女優の宮野ひとみ。 過去長編をリメイク中です
『セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1』はこちら
③「Sex」させてくれない彼女と温泉旅行に行ったら... 過去長編をリメイクしました
『「結婚するまでSexしない」という彼女 』はこちら
④『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”最新話10話を公開しました。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら
⑤過去にご好評頂いた作品をリメイク。声掛けした超絶美女は....
『通りがかりの超絶美女をナンパしたらデリヘル嬢だった件』はこちら
⑥歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら


FC2ブログ

(歴史考察)名古屋の縛られ手コキ店 後編

前編はこちらから


続きです。



前回は、名古屋のビジネス街の中心部、そして官公庁が立ち並ぶ丸の内の過去について考察しました。




そして、そんな街にただ一つだけ存在していた店舗型風俗店についてですが...




その店は雑居ビルの上階にあったような気がします。



エレベーターに乗り、上へ。



味気ない店舗構えだった...と微かに覚えています。





そんなお店のサービスはフェチ系。




覚えているのは..


・覗き
・手コキ





名古屋ではピンサロの手コキ版、現在の日本では手コキ店とかエステ店とか言いますが、当時の名古屋ではビデオパブと言いました。



それは嬢と二人きりになり、おしゃべりをした後で手コキしてもらう...というモノ。




何故にビデオ〜と言うかというと、寄り添い合う2人の前にはテレビデオ(古いですが...)が有って、申し訳程度のエロビデオが流れているからなのでした。




そう、当時はDVD普及期。




世の中が大きく変わりつつある中で、その店は存在していたのです。




店に入ると、コースを案内されます。



覗き、手コキ...




様々なコースがある中で私は「覗き」コースを選びました。




まあ..その行為自体には興味はありませんでしたが、覗きをウリにするお店って..と興味が湧いたからでした。





早速..お金を渡すと、隣室に案内されました。




そこは狭くって、少し薄暗い。



天井が低くて、明かり取りの四角い空間がありました。




「では...」




店員は私をその部屋に残してドアを閉めました。



目の前には小さなガラス(だったと思う)。


その向こうにあったのは...




女性の部屋でした。




「なんと..」




私はそのガラスに顔を近づけます。




明るい部屋、広くは有りません。



そして部屋の中央には髪の長い女性がいます。





「ぁぁ..」



顔はまあまあ、若いです。




(それでも当時の私よりは歳上でした)





彼女はうちわを扇いでいました。




ガラス越しにパタパタと言う音が聞こえます。




「暑いわ..」




そして彼女の独り言。




その言葉を機に、彼女は服を脱いで行きます。




上着、キャミソール、そしてブラ。


見せつけるようにして、ゆっくりと。




ガラス越しに私が覗いているのを知っているのは明白でした。




「んーー..」





そしてブラを取り去ります。




大きめの乳首、哺乳瓶の口のような形でした。



彼女はそこに触れます。




くい...くい...


くい…



指先で挟み、つねり、引っ張ります。



乳首はだんだんと大きくなって、いつの間に、私の股間も大きくなっていました。




「ん....しょ..」





少し腰をあげました。



そしてスカートを脱ぎ、パンティストッキングを脱ぎます。




これまたゆっくりと。



最後は下着。




指先つまみ、持ち上げ、ゆっくりと下へ。





骨盤の窪みが見え、やがてもじゃもじゃとした毛が、お約束のピンク色のひだひだがお目見えしました。




「っぁ...ぁぁ...」





今度は私が呻きます。





「ふぅ....」




少し妄想に浸っていて意識が遠のきました。




気がつくと、目の前の彼女はいつの間にかいなくなっています。




(どこへ...?)




辺りを確認すると、彼女は何と真上に。




天井の明かり取りの上に跨って、ゆっくりと腰を下ろしました。




「ぁぁ....ぁぁ..」



「はぁ…」




上を向き、この非日常的な光景に思わずうめきました。


後にも先にも二度と経験しそうに無い(実際にこの時よりこれまでこんな経験はない)情景に、しばらくの間見とれます。




「なんだか...」




ふと我に返り、まるで....自分がいるのは便器の中、彼女が跨いでいるのは和風便器...


そんな風に思いました。




結局、その日は抜かず仕舞い。




たださっぱりとして、爽やかな感じでした。




明かり取りに跨って秘部を見せた彼女のこと...




私は似たような女性を見るたびに思い出しています。




ちなみに....




題名の由来ですが、その日私は友人とその店に行ったのですが、友人が選んだコースが手コキコース。




友人が言うにはなんとそこではシーソー?みたいな木製の器具があり、そこに縛られて手コキされたとか...




そうだとしたらなかなかのものなのですが、彼が言うにはそれがデフォだと..




twitterはこちら! 是非フォロー&「いいね」お願い....
(C)2020 体験談 :あたたら 無断転載禁止

<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント