腕を組む女性の心理(ツイッター投稿より - 官能な体験談・短編、フェチ話


腕を組む女性の心理(ツイッター投稿より


本文は少し↓です
筆者より
①舐め犬(クンニ犬)なるモノを余儀無くされて...
『罰ゲームでなめ犬になった俺』はこちら
②童貞男子が兄貴の部屋に居た女性を..
『僕はワンピの女性を撫で回した』はこちら
③歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

腕を組む女性の心理(ツイッター投稿より


概要)
職場に胸の小さな同僚がいた。
いつも腕を組んで胸を隠そうとする。
飲み会で「隠してる?」って聞いたら変な事になった。





従業員50人程度の小さな会社に勤めているんだが、同じ課の同僚に年齢は25歳、俺より一回り下の同僚がいる。




彼女は人と話をする際はいつも胸の前で腕を組んでいるので不思議だなぁ、なんて思っていた。


先日飲み会があったから酔った勢いで冗談っぽく聞いてしまった。




「お前ってさ..」




「人と話する時....いつも腕組んでるけど....」




「もしかして...?」





笑いが溢れる。



結構酔っ払っていた。




「何ですか..っ..」




同僚(仮名、みずきとする)は、キッ、と俺をにらんだ。




「和田さん、私がいつも腕を組んでいるって。どういうことですか」




みずきはビールを片手に俺に喰いつく。




「だってー..」




「お前さ...いつも組んでるでしょう?」




「絶対癖になってるって...」





「それかさ...」





普段思っていた事を口にする。




それは酔っていない時だと絶対に出てこないもの。


アルコールの力は恐ろしいと思った(後で振り返ってみて)



「お前さ...腕を組むのってさ...」




「もしかして...」





じろっと視線を向けたのは彼女の胸。




ニット生地に覆われたそこは悲しい程に薄い胸。




ブラを着けてはいるんだろうが、男性の俺からの目線で見ても、生地の厚さ=胸の大きさ、なんてのは想像がつく。





「おっぱい...無いのをさ..」




「隠すためだろう..?」




「なっ...!」





予想通り、怒気を含んだ声。




俺はしばらく下を向いていて、少しして彼女の顔を見た。




「やだ...」




みずきの顔は真っ赤だった。




そして明らかに胸前を隠す仕草。




いつもの、腕を組んでいる時とは違ったが、明らかに俺からの視線を意識した、防御的な姿勢だった。



「ほらっ...」




「ね..?」




顎を彼女の方に向け、ほらね?とサジェスチョンする。



「ぅ....」




「別に....」



「隠している訳じゃ...ない」




「そんな風にーーー、見られるのが嫌だから...」





俺は彼女の黒いニット生地に覆われた胸を見て、そして彼女の顔を見る。



「ふぅん...」





「そう...」




彼女の胸の膨らみは数センチくらい。




しかもはっきりとブラの生地の凸凹が見えるから、実質胸の膨らみは無いに等しいはず。




「そうか...」




何だか彼女が可愛そうになってきた。





恥ずかしがり、顔を真っ赤にする女性を前にして何だか悪い事をしたような....




「でもーーー」




「俺は...好きだよ?」



そう言うと、彼女はえっ..?と言うような顔をした



「俺は..好きだけどなーー」




「少女っぽくて...とっても女の子らしくってさ」





そう言うと、みずきの顔がさらに赤くなった。



「や....」




「なんで...」





手を振り、顔を横に振り、否定する彼女。




「今までも、いただろう? スレンダーな女の子が好きな奴って」




「ね...?」





ウインクをワザとして見せ、確認すると、




「い..いない...です」




「そんなこと...言われたの初めてで..」





「本当に..和田さんが、初めて..です」





何だか妙な事になったと、この時初めて気付いた。





彼女の顔は何だか恋愛モードになっている。


これまでの俺の経験が判断していた。




「みずき...」





彼女の腰に手を回し、こっち側へ。




そしてその身体を抱き寄せる。




「ぁ....」




特に嫌がりはしなかった。




「俺は...好きだよ..?」





そしてその胸元へ顔を寄せる。




「や..」




ふに、とした感触。





ただそれがブラのパットの柔らかさによるものか、彼女の胸の肉の柔みなのかはよく分からなかった。


2018/10/21 新規掲載
2019/10/14 内容更新
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント