バイト先の人妻のおっぱいを褒めまくった結果 - 官能な体験談・短編、フェチ話


バイト先の人妻のおっぱいを褒めまくった結果


■目次
 1.記事・アクセスランキング
 2.カテゴリ一覧
 3.最新記事一覧
筆者より
①保険契約の見返りとしてギャル生保レディと会う事になった....過去長編をリメイク中です
『保険契約と引き換えのキス、枕の誘い_ギャルっぽい生保レディとお食事その1』はこちら
②女性用性感マッサージ師、今西に依頼してきたのは人気女優の宮野ひとみ。 過去長編をリメイク中です
『セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1』はこちら
③「Sex」させてくれない彼女と温泉旅行に行ったら... 過去長編をリメイクしました
『「結婚するまでSexしない」という彼女 』はこちら
④『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”最新話10話を公開しました。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら
⑤過去にご好評頂いた作品をリメイク。声掛けした超絶美女は....
『通りがかりの超絶美女をナンパしたらデリヘル嬢だった件』はこちら
⑥歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら


FC2ブログ

バイト先の人妻のおっぱいを褒めまくった結果

目黒にある飲食店でバイトしてたんだが、そこで人妻(31歳)と知り合った。


結婚4年目、子無し。
小柄だが出るところは出てて色気もある。


出会った瞬間から「この女イイ」って思って目をつけていたから、シフトが一緒になる機会があれば話をし親交を深めていた。


そしてきっかけは飲み会。

席の都合で小さなテーブルで向かい合う事になった俺は、酔っ払った勢いもあって心の中をぶちまけてしまった。


「杏奈さんって...大きいよね」


>>大きいって、何が?


「そりゃあ...」

「おっぱい....」


俺の視線を感じたのか、腕で胸元を隠した彼女。

>>やだあ..

「だって...凄いんだもん」

「前から気になってて.....」

「すごく..スタイル良くって.....」

「いつも見ちゃう...」

遠慮なく、彼女の胸の膨らみをガン見する俺

>>いやぁだ..

笑う彼女

「聞いていい?どれくらいのーー」

「大きさある?」

「Eカップ?」

笑う彼女

「F....カップ?」

にやにやとする彼女

「じゃあ....G...?」

>>.......

少しだけ表情が緩んだような気がした。

「え...?本当..?」



俺の視線は膨らみに集中する。

盛り上がり、そのままの角度で前に突き出た感じ。薄手のセーターだけがそれを覆っている。

腕を組んで寄せた肉がもこっと盛り上がっていた。

その後も俺は彼女の胸を褒めた。
形、大きさ、まだ見ぬそれを思い、必死で。


彼女は笑顔を見せた。



>>あんまり.....

>>いいもんじゃ...ないわ..

>>肩がこるし、それにーー

>>岡崎君みたいな男の子にいやらしい目で見られるしね..?


「杏奈さん.....」

「見られるのって....やっぱ嫌かな?」



ビールジョッキを口に運びながら言った。
照れ隠しではあるし、気まずさも何となくあった。

>>嫌かって.....ふふ..

>>そうねえ...?


杏奈さんは半身を引いた。

壁側に向かって、俺とそちら側を見るような格好で、皆のいる方に背を向ける。

>>別に....

>>やじゃないけど..


胸がテーブルに押し付けられた。

まるで乳房を置くような感じで身体を引っ付け、下から持ち上げる。


>>別に....ね..?

胸が揺れ動いた。
明らかにブラのラインとは違う、柔らかそうな肉の線が浮かび上がる。

>>ふふ...


杏奈さんは俺を見た。

俺も彼女の胸に向けていた視線をその口元に向け、彼女が次に発しようとしていると言葉を待った。


>>岡崎くん....

>>おっぱい好き..?


厚めの唇が動いた。
そしてぺろっと舌を出した彼女がそう呟いた。

「え....ええ..もちろん」


俺は生唾を飲んだ。

>>触りたい...?


魅惑的な言葉が俺を誘う。

>>ねえ..

大きな二つの塊がゆさゆさと揺れた。

「そりゃあ....」


息を吸い、少し決心した後でそう答えた。


>>ふふ...冗談よ

彼女はカラカラと笑った。
そしてまた皆の方に向き直し、別の話題を俺に振った。

「........」


俺はドキドキとしていた。

ただ視線だけはチラチラと彼女の胸元を見て、何だかもやもやとしたものを抱えていた。


その後、しばらくして会はお開きになった。
締めをして、店を出て皆駅の方に歩く。

俺は杏奈さんと連れ立って歩いた。


>>どうしたの...?


途中、黙って考え事をしていた俺に彼女から話しかけてきた。

「いえ....その..」

ドギマギとする俺

>>やだ...まだおっぱいのこと?

>>ね..?


杏奈さんはクスクスと笑った。

>>もう...そればっかりね


そして俺の腕を手に取った。
そのまま身体を寄せる。

「あ....」

二の腕、肘に当たる柔らかな感覚。
ふよふよとしてゆるやか。

「ぁ....ぁ...」


俺は動けないでいた。
それでも歩き出すと、何度かふよふよとした柔らかみを感じた。


>>分かる?

人妻の彼女はそう言った。
そして小さくウインクをした。

twitterはこちら! 是非フォロー&「いいね」お願い....
(C)2020 体験談 :あたたら 無断転載禁止

<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント