人妻達の懇親会 その① - 官能な体験談・短編、フェチ話


人妻達の懇親会 その①


本文は少し↓です
筆者より
①過去にご好評頂いた作品をリメイク。声掛けした超絶美女は....
『通りがかりの超絶美女をナンパしたらデリヘル嬢だった件』はこちら
②舐め犬(クンニ犬)なるモノを余儀無くされて...
『罰ゲームでなめ犬になった俺』はこちら
③歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

人妻達の懇親会 その①

▪️始まり

「ここかな..?」


恐る恐る門の中を覗き込むと、オリーブの木とユーカリの木が重なって生えていて、綺麗な段々を作っていた。


スマホと目線に移る文字を追って見ると、住所が指し示す位置と表札は合っている。


ブーーッ..


白い、四角いボタンを押下すると低い音が家の中から微かに聞こえる。


「よし..」

決意を込めてそう呟き、足を前に進めた。



牧田聡は今年で25歳になる。

3月でそれまで勤めていた飲食店を退職し、個人事業主としてマッサージ業を開業した。

最初の内に目指したのは、在職中に取った資格を活かした真っ当なマッサージ施術。

スポーツの経験があったため、ちょっとした自信はあった。


だが、開業してから2ヶ月でその目論見が外れた事を実感する。

とにかく仕事が入らない。

インターネット上でのサイトを充実させようと、知り合いからの紹介に頼ろうとしても数は増えなかった。

増えるのは開業関連の手数料の請求書。
日々の生活費も切り詰めなければならない状況だった。


そこで気付いたのは真っ当なマッサージ業で食べていくにはコネと資金力と確かな腕前が必要だ、と言うこと。

失敗した、もっと事前に調べておけばーー

今更のように気付く。

金が無い。
する事もない。そして方針を転換した。

彼が選んだのは主婦向けの施術。

まだ年齢は若い。
自分のプライドと身体を売るようで後ろめたい気持ちはしたが、若い男性が施術するマッサージ、と言う色で売り込めば客は今よりも確実に増えると見込んだ。


もちろん、嫌な客も嫌なことも承知で。

だが、そうして出来た客との繋がりは、真っ当なマッサージにも活かせる。


それが本当の目的。



聡は不安な気持ちを、そうした未来予想で塗りつぶした。

最初の内だけはーー
聡がそう思ったのは本心だった。


そして最初の仕事の依頼を告げる電話が入った。



▪️訪問

聡が門をくぐると、その女性はドアを開け、出迎えた。

年齢は30代前半。
女子アナウンサーのような容姿端麗な女性だった。



彼女が俺に電話をしたいわば雇い主。
名前を藤木那美と言った。


広い庭つきの豪勢な邸宅に呼ばれて行ってみると5人の奥様達。


皆、年齢は30代半ばと言った感じで、美人は美人、皆裕福で余裕ある生活を送っているように見える。

「あの......」

5人の美女?に囲まれてたじろぐ聡。


彼女達は聡のことを何か珍奇な生き物でも見るような顔で眺めていた。



そして、きゃっきゃと騒いでいたが、やがて その中のリーダー格の女性、藤木那美が口を開く。



「今日はーー。ちょっとしたお願いをしたいんです。」


「私達。近所に住んでいる主婦同士、仲が良くて毎日のようにこうして会っているんだけどー…」

「最近…」



彼女はとうとうとそこから先を話し続けた。


なんでも、彼女達は日々暇を持て余している。でも、昼ドラで見るようなドキドキはして見たい。

楽しくて盛り上がれることならもっとしたい、と言うことで思いついたのが聡を呼んだ理由のようだった。

それは何かと言うと、


・くじ引きをして当たった者が皆の前で施術を受けること

・その程度は成り行きに任せる



「牧田さん…でしたっけ?」

「私達のお願い…聞いてくださるかしら…」


その女性、彼女達の中でもリーダー格と目されていた那美はウェーブがかった長い髪に、スレンダーな身体。


少し高飛車な感じで、周りの女性に色々指示を出している。


その彼女が、聡の目をじっと見つめた。

「どう...?」


聡にとって、歳上の女性に見つめられるドキドキしたのは初めてだった。



「え....はい....」

「.....分かりました」


コクン、と頷き承諾する。

いや、彼には承諾をせざるを得ない状況に思えた。


そして部屋の中を見渡す。

「.....」


部屋の中には彼女達の身体や衣服から由来していると思われる様々な匂いがたちこめていた。


それを嗅いでいると不思議と、この異常な依頼内容がそれらしいと言うか、もっともな響きに聞こえてくる。


「あら...そう」

「ありがたいわ...」


「ね..?」


那美が周りの女性達を眺めた。


「じゃあ、みんな..」

「早速始めようかしら....ね..?」


那美がそう言い、紙を差し出した。


何本もの線が引かれら格子状の絵、あみだくじで彼女の好奇心を満たす相手を決めるようだった。


周囲の女性達がざわつき出す。

「え....やだなぁ..」

「ドキドキする...」


那美は言った。

「さ、好きなとこ選んで..?」


聡は彼女達が思い思いの始点に名前を書くのをじっと見つめていた。


次のお話はこちらから
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント