後ろから焦らされて愛撫されて_女性向け性感 その3 - 官能な体験談・短編、フェチ話


後ろから焦らされて愛撫されて_女性向け性感 その3


■目次
 1.記事・アクセスランキング
 2.カテゴリ一覧
 3.最新記事一覧
筆者より
①ほぼ初期の作品をリメイク。巨乳の後輩に憧れ、嫉妬する私。
『巨乳の後輩が気になる私 その1』はこちら

②レディコミの広告を見てイケメンマッサージを受けることにした!過去長編をリメイク中です
" 初めての女性向け性風俗サービス_イケメンからのマッサージ その①』はこちら

③女性用性感マッサージ師、今西に依頼してきたのは人気女優の宮野ひとみ。 過去長編をリメイク中です
" セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1はこちら">『セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1』はこちら

④『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”最新話10話を公開しました。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

⑤過去にご好評頂いた作品をリメイク。声掛けした超絶美女は....
『通りがかりの超絶美女をナンパしたらデリヘル嬢だった件』はこちら

⑥歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら


FC2ブログ

後ろから焦らされて愛撫されて_女性向け性感 その3

前のお話、その2を読む場合はこちら

最初から、その1を読む場合はこちら



■愛撫、指吸い


女優の宮野ひとみは、今西の身体を感じていた。

身体を後ろに倒すと、彼の温かな、鍛えられた肉体が伝わった。





「んん……」




自然と喘ぎ声が出てしまう。




(先生…)



(先生の身体…)




今西は自分の乳房をなぞり続けている。


膨らみの際、下の方から中央へ。


ゆっくり圧力を掛けて、やや下から持ち上げるようにしてなぞり、上へ。



さ......わ.....



途中、今西の手指の端が何度か乳輪の辺りに触れた。





「ん.........っ」





「ぁはっ.........」






緊張と興奮で際立った身体。


感度を増した乳輪への刺激は例えそれが僅かな、柔らかなものであっても彼女に激しい鼓動を感じさせた。





びくびくっ...と身体が反応した。




いやらしい声が漏れる。





「ぁぁぁっっ...」





(恥ずかしい....先生に..)





宮野ひとみは施術師の今西に、はっきりとした男性としての好意を抱いている。




倒錯しているけれど、何故だかそれはすんなりと理解出来た。



今日初めて会ったばかりで、しかもいやらしい性感エステを生業にしている男性。



なのに、とても愛おしいと思った。




不思議でしょうがないけれど、宮野には、はっきりと、それは嘘では無いと自覚出来た。



だからこそ、いやらしい姿を見られると恥ずかしくなる。





「んん....」



「っはぁ.....」




そんな感情を抱えて口を閉じて喘ぎを抑えている。


堪らなく恥ずかしくて、また混乱したからだった。




「.........」





今西が口を開いた。



「ひとみさん...」



「我慢...しないでくださいね..」





「ここは…我慢しなくても…いいんですよ?」





そう言って、上にあげた自分の腕を掴んでいた手を離した。



その手で唇に触れ、優しくなぞる。



「ここは.........」





今西が顔を近付けた。



「我慢するところじゃなくって、我慢しちゃいけないところ、ただ、感じるがままに.........ですね?」





そして再び宮野の唇をゆっくりとなぞる。


右から左へ、焦らすようにして。




「ぁぁ.....ぁぁぁぁ.....」





「ぁぁ.........」





宮野はその指の感覚を唇で追った。



一瞬、ドキッとし、それはすぐ快感に変わる。



ゾクゾクっとした感じが脇の方から込み上げた。




「いやぁっ....先生....」




「っ.........」




抑えきれなくなって大きな声で叫ぶと、今西は驚いたように指を離した。



「.........」



宮野は急に寂しい気持ちになった。



(欲しい....先生....)



(先生…)



素直な気持ち。




「せ…先生…」



「ゆ…指を…」



そして喘ぐようにして声を出すのが精一杯。




「指を…」



「もう一度私の口に…」




宮野は切ない声で今西の指をねだった。



「..................」




今西は少し考えていたようだったが、やがて言われるがままに宮野ひとみの口元にやった。



右後ろから、宮野の左口角の辺りに触れ、ゆっくりとなぞる。


指先を立たせて、先程のより思惑ありげに、離してはくっつけ、離してはくっつけを繰り返した。




「ぁぁ.........っ」




自然と、宮野の唇はその指の動きを追うように反応した。


口を半開きにし、上下左右に、動かしうる方向に口唇の形を変えてそれを求める。


ふ........に.......


に.......



やがて指の動きに唇が追いつくと、上下で挟み込み、咥え込んだ。



「あああっ......んん...」



「はぁぁっ…」




っちゅ....



口付けをする時のように今西の指を絡め取り、唇で覆う。




っちゅ.......


っぷ…



そしてその指、今西の人差指を激しく吸った。




「ぁぁ.......ひとみさん...」



「いけません......」




今西は思いがけない宮野の口付けに驚いたようではあったが、ゆっくりと、諭すようにして語りかける。


宮野はいやいやをしてそれに抵抗した。




「んっ…」


「いや......っ、はぁ.....先生...だって」




「我慢っ.....、しないでって...おっしゃたじゃ」


「無いですか...、ん.....ああっ…はぁ…ぁぁ…」



「ぁぁ…ぁ…」




喘ぎながらそう返し、指を吸う宮野。


「.........」




今西は何も言わなかった。



ただ宮野のしたいように指を与え、彼女の口の中でその指先を動かすでも無く、口付けを許していた。



■後ろから




「.........ひとみさん」



「では.........」



今西は右手の指を宮野の好きにさせておきながら、宮野の両腕、縛られて頭の上に挙げさせられているそれをぐいっと上に引っ張った。




「ん……」




少しの痛み、窮屈さ。

上に引っ張られ、自然と胸が突き出されるようになって、今更ながらに羞恥心が湧き出す。



「せ…先生…」


「っっ…ぁぁ…」




今西は後ろから自分の乳房を眺めているのだろうと思った。




夫に触れてもらえない、そして他人の男性の前で裸になって、揉みしだいてもらいたい、めちゃくちゃにしてもらいたいって思っている自分を。



「先生っ… 先生っ…ぁぁ」



「ふぁぁ.......」



宮野はそんな想いを振り切るかのように今西の指をただ吸い、舐めた。


ちゅうちゅうと、恥ずかしげも無く求めていたが、やがて今西がその指を抜くと、ふと我に返り、右後ろ側、今西の顔を求め、振り向いた。




「先生.........」



今西は宮野の顔を見ていた。


「.........」



そして黙ったままで、その右手を前へ。





「あっ!!!!」




今西の指が乳房に触れた。



電撃的な刺激に身体が反応する。



「あっ......」


「はっぁ.........」





ついで彼の手のひらが乳房の肉を覆い、荒々しく揉みしだく。




「っっっ.........」



「ぁぁぁぁ....」



「んんんっっ........」





「んん...んん......あああっ......」




左手が加わった。

そして今西が両手で乳房を揉みしだき始めた。



む…に…


に……



大きな手のひらで、包み込むように、前のめり倒れそうになる宮野の身体を支えるようにして、今西の愛撫が続いた。


ゆっくりと、大きく。


荒々しいけれど、少しも痛いところは無くて、形を確かめるようになぞるようにして揉んでいく。




「あ......ぁぁ.........」



「はぁぁ…」





自然と声が漏れた。




宮野ひとみの心が不思議な気持ちで満たされていく。




「ぁぁぁ...........」





自然と声が漏れた。



なんだか幸せな感じ。




自らの乳房を掴まれ、揉まれる事で求められている、満たされている、という気持ちを感じることができていた。



「ふぅぁ...」




「はぁ.........」



「っやぁ...」





やがて今西の指先が乳房の先端部、突起した部分を摘み始めた。




く...に.......



っふ...に...





求めるようにして、もどかしいようにして指先が乳首を、乳輪を挟んでいく。



ふに...っ...



にっ…っく




やがて今西の指先が突起を摘んだ。



「あーーーーっ.........」





思わず大きな声を出した宮野。




声を出した後ではっ、と気付き、恥ずかしさで顔を赤らめた。




「んんっ...」


「はぁぁっ...やっ...んっ...」






ただ、その後で、自らの口から漏れ出た声に対してもっと顔を赤らめた。



「やっ...っ...ん」




「んっ...んっ...はぁぁあ.........」




明らかな喘ぎ声。



これまでの人生で、誰にも聞かせた事のない種類も声だった。





「っや...だめっ...」




「はぁぁぁぁ...」




ちりちりと弄られる乳首。


今西の指が動き続けていた。





(も...もう...)




(だめ.........)



宮野は目を閉じた。




そして、今西が「立ってください」と言ったのを聞いて、のろのろとそれに従った。




あとは彼が宮野の身体を壁際に押し付けた時も、ただ乳首の刺激に歯を食いしばって耐えていた。



■立たされて



「立ってください....」



今西は小さく、低くそう呟くと宮野をベッドから降ろし、その横に立たせた。




そして、ゆっくりと彼の指示に従った宮野の身体を壁側に向かせ、そのまま手の平を壁につかせる。


耳元で囁く。





「前を.....向いて.........下さい」




ゆっくりと、最後はわざと息を吹きかけるようにしてそう呟いた。




「そして、腰を逸らせて......」




「ね.........」




今西の手のひらが宮野の背中から腰にかけても曲線をなぞった。




「ん.........っ...はぁ...」




「はい...」




宮野は軽い衝動を抑えながら、ただ言われるがままに従った。





目をつぶり、前を向いて腰に力を入れる。




そして今西の手のひらの力を感じながら腰を逸らせた。




「.........っ...」






尻をやや後ろに突き出すような格好になる。


あとはただ、今西に触れられる事、愛撫される事を待った。




「.........」



少し時間が空いた。




それは宮野にとってびっくりするぐらいの長い時間の感じられる。






それでもただ黙って待っていた。


宮野には彼はワザとその時間をつくっている、私を焦らそうとしているんだと想起させる。





「ん......」





「せ.....先生ぃ.....」



やがてあられもない格好で腰を突き出している事が凄く恥ずかしく思えてきた。



我慢が出来なくなって言葉が口から漏れ、そして駄々をこねるようにして腰を左右に揺すった。




「ね.........」





「先生.........」






「ねぇっ.......あっ!」



そして堪えきれずに目を開けて振り向こうとしたその時、背中と乳房に彼の指先を感じた。



さわ........わ......



直感的な刺激。




それは指先でただ柔らかく触れただけだったが、その時宮野はただそう思った。




「はぁあっ...!」




「ああっ.........ん」





「っ.........」





宮野の身体がぶるんっ、と震える。



前からと後ろから、無防備な肌に電気的な刺激が走る。




「やっ.......」





「ん.........」





思わず目を見開き、下を見た。


目に映るのは今西の手。



長くしなやかな指先が乳房を撫で、今まさにその先端を摘もうとしていた。





「や.........っ」




「んぁ.........っ」






「やだ.........」




びくんびくん、とした反応を抑えることが出来ない。




そして乳首が摘まれ、彼の親指がそこを押さえて左右に刺激を加えるのをただ黙って見ていることしか出来なかった。



「..ぁぁぁ... ぅぅぅ...」




「先生....ぃ.......」



「だめ.........」



「いや...」




宮野は身体をよじり、今西の愛撫から逃れようとした。



それでもしばらくの間、今西はその刺激を辞めなかったが、ある時手の動きを止めた。





「.........ひとみさん...」




今西が宮野の耳元で囁いた。


そして少し間を置いて静かに呟く。



「お嫌だったらーーーー」



「もし、お嫌だったら.........辞めますけども...」






再び彼の指先が動いた。


宮野も乳房の輪郭をなぞり、乳輪の周辺部を微かなタッチで円描くようにして触れる。


「どう.......」


「しますか......?」




トントン、と指の腹で乳首弾いた。

そして囁きの後で息を吹きかける。





「はぁっ......」


「ぁぁ...、先生...先生.......」




「意地悪、意地悪です...ね....意地悪っ.........」



宮野が振り向き、今西の顔を見た。


今西の顔はすぐ近くにあった。



そしてこれ以上ない表情で懇願する。




「シテ.........、もっと...もっとっ...」




「シテ下さい...ぁぁぁ...」




宮野は自分の恥ずかしさで顔が真っ赤になっているのを自覚した。


そしてこれまでの人生で、これ程に男性に対して下手に出た事はなかったと思った。




「先生.........」



宮野の表情は感情を剥き出しにして今西に迫っていた。



口を少し開き、目を細めて苦しさと欲望を露わにする。



「ねぇ.........」



宮野の顔がさらに今西に近づいた。

そしてそのまま宮野から口付けを求めようとしたその時、今西が口を開いた。



「ひとみさん........分かりました」


「すごく........いい表情ですよ?」






そしてそのまま身体を彼女に寄せて、そっと抱きしめる。




「はぁ.........」




「ぁぁぁぁ.........」



宮野の口から安堵に似た呻きが漏れた。


そしてそのまま身体の力を抜き、今西に支えられるようにしてその身体を預けた


次のお話、その4を読む場合はこちらから

2020/3/11 更新
2020/5/13 更新(■立たされて 追加)

twitterはこちら! 是非フォロー&「いいね」お願い....
(C)2020 体験談 :あたたら 無断転載禁止

<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント