同僚(32歳)と外を見てたら「子供欲しい」と言いだした - 官能な体験談・短編、フェチ話


同僚(32歳)と外を見てたら「子供欲しい」と言いだした

オリジナル官能小説を無料で公開しています!

■目次
 1.記事・アクセスランキング
 2.カテゴリ一覧
 3.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円で販売させて頂いています。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ますので是非!ご覧ください


★歴代No.1アクセス数頂いている作品、最新話5話を追加しました!
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら

① 話題の女性専用風俗に〜シリーズ、更新(10/1にその13を追加)しました。マッサージの域を超えて絡み合う2人...
" 初めての女性向け性風俗サービス_その13』はこちら

②仕事に困り、美熟女への奉仕の道を選んだ彼は〜性感モノ長編を大幅リニューアルしました
『スケコマ師 太一 美熟女へのマッサージと奉仕編』はこちら

③女性向け、エステものをリニューアル中。川崎駅前で声を掛けられたOL悠美は…
『花よりだんごエステはいかがですか その1』はこちら

④女性用性感マッサージ師、今西に依頼してきたのは人気女優の宮野ひとみ。 過去長編をリメイク中です
" セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1はこちら">『セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1』はこちら

⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”最新話10話を公開しました。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら


FC2ブログ

同僚(32歳)と外を見てたら「子供欲しい」と言いだした

同僚(32歳)と外を見てたら「子供欲しい」言いだした。


実際に起こった話。

フェイク多少あり。



ーーー4日前

喫茶店で打ち合わせ中に外を見たら、お母さんが小さい子の手を引いて横断歩道を渡ろうとしている。


「ぁぁ..」



「かわいいね..」





そんな風に、ありきたりな感想を言っていたら、前に座っていた同僚(仮名 みさき 独身、33歳)が突然混乱してはぁはぁ言い出した。



「ん....どうした?」




「ねえ...」






急に気分でも悪くなったのかと思い、動揺して尋ねてみる。





すると、「気分が悪いんじゃない、何だかとても羨ましい、と思って混乱した」なんて言う。



「ん...どういうこと?」




しばらく考えてみた。



彼女の思考がよく分からない。

そして俺の不用意な発言が続く。





「という事は...」



「結婚すればーーいいだろう?」





その時の俺は軽い気持ちでそう言った。




彼女には彼氏がいるのを知っていたし、何なら結婚しそう、と言う噂すら耳にしていたからだった。




「それはー」



「.......もう、いいの」




みさきは表情を曇らせた。

俺はマズイ事を言っちゃったかな、なんて思って口をつぐんだが時は既に遅し。




説明を始めた彼女の混乱はおさまらず、表情は曇りを通り越してもはや半泣きに近いものだった。


そのみさきが言うには、

・彼氏がなかなか結婚してくれない
・子供が欲しいと言っても聞いてくれない
・だから先月別れた



と言う事だった。



「へ....?」



「そうなの..?」




心の底から驚く。



「そっか...、変なこと言っちゃったな。」


「でもーーー、まあ大丈夫。」




「みさきは美人だし、性格良いし、きっとすぐ良い人が見つかるよ」




その場を取り繕う慰めを口にしたが、彼女は収まらなかった。




「そんなのーー..無理」


「私もう、こんな歳だし、良い男はみんな結婚してるよ。」



「絶対....無理..」





みさきは絶望的な顔をしている。



こんな、感情的な彼女を見たのは初めてだった。



「ね..大丈夫...」




成り行きで彼女の手を握る。




その時は別にやましい気持ちとか下心とかは無かったんだが....




「...............」





「ねえ...」




「裕一くん...?」





じろっと視線だけをこちらに向けて、彼女が呟いた。



「お願いーーー」



「あるんだけど...いいかな」





みさきの声はいつもよりワンオクターブ低くって、落ち着いた感じだった。





その声を聞いていると、何だか彼女は決意したんだ、と言うような予感がする。




「........何...?」





恐る恐る聞いてみた。



「ん.......」



「あのね.....?」





少しの間、沈黙が続く。


「あの.......」



「子供がーー」



「欲しいの。」


「........」





みさきの真剣な眼差しと、彼女が言っている事がマッチせず、しばらくの間は俺の頭の中で思考がぐるぐると回っている。



「あの...」





みさきは息を吸った。


少し貯めた後でそれを吐き出しながら言う。





「子供欲しくなった。結婚しなくてイイから、協力してくれない?」




「え....っ...」



絶句した俺。



その後のことはあまり覚えていない。





だが、協力はすると言ったこと、彼女がとても喜んだこと、そしてタイミングが良いときに連絡すると言われたこと。





それだけを記憶に残して俺は帰路についた。




ーー4日後


みさきから夜23:00頃に連絡があった。



「前のこと、覚えている?」



「明日、会ってくれないかな」




前のことーー




その文言を見て、急に緊張が高まる。



「そっか...」




俺は独り言を漏らした。



そして、精子を提供するって、どう言うことだろうかと考える




ーー病院に行くってこと?



ーーネットで見たみたいに個室に入って、AVやエロ本が用意されていて、そこでオナニーをして出した精子をみさきに渡す..?





あれこれと想像するとなんだか妙な気分だった。




精子を請われて提供することも、俺とみさきとの間で子供を作ろうと言うことも。


「あーー...」



少し後悔した。



その場の雰囲気に流されて人生の重大な決断を安易に下した当時の自分を恨んだ。




「でもなぁ...」


あの時のみさきの取り乱した表情を思い出すと、人助けとして頑張ろう、とも思い直した。



「まあ....」




「寝るか...」





この日はオナニーはやめておいた。



そして明日のために早く寝よう、と歯を磨くために浴室に向かった。





ーーーー翌日




「祐一!」





待ち合わせの場所でみさきは俺に声を掛けた。




「お待たせ...」





みさきは普段会社で会う時とは違って可愛らしい格好をしている。



「ああ、いいよ」



「それよりも...」




「可愛いね」





俺は彼女の格好を上から下まで見渡して、会った瞬間に感じた事をそのまま言う。




「えーー...」




みさきは恥ずかしがっていた。


そして、照れた笑いを俺に見せる。





「もう.......」




「さあ....行きましょう?」




俺の腕を掴み、ぐいぐいと前へ歩く。




何か決心したように、いつもの彼女の様子とは少し違った。思えばこの時に感じた違和感がコトの始まりだったのかも知れない。





みさき自身の妙な決意ーー



それは5分後に明らかになる。





「ここで...っ..」





ある地点でみさきは足を止めた。



そして、俺の横に立ち、何か言いたそうにしている。




「なんだ...?」




「病院は.....この辺り?」





言いにくそうにしているみさきを先導してやったつもりだった。





俺自身はもう病院の個室で精子を出す気持ちの整理は出来ている。




あとは、彼女自身が人口的な受精という重たい課題にどう向き合うか、そんな風に思っていた。




「ここで...話しとこうと思うの」




「誰かに...見られたらアレだし。」





この時点で見られたら困るのは一緒に産婦人科に行くという事だとてっきり思っている俺。




「ほ...ほ..ホテルさ.....こっち..」




ホテル..?




俺はみさきが指差した彼方を見た。




そこにあるのは外観こそシティホテル風でそれらしくは見えないが、れっきとした性愛に溢れた建築物。



「へ......?」




「するの..?」





する、とはまさしくホテルに行ってすること。




さすがに、みさきと一緒にホテルに行ってオナニーして精子を渡すなんて事ではないくらいは分かる。




「ん...」




みさきはひどく恥ずかしがっていた。





「その.....、祐一に無理を言っているのは分かってるし...」




「あの..迷惑なのも分かるし...」




「それで..あの...ただ協力してもらうのも悪いからってのもあるし」



「だからーーー」




「私じゃ...嫌?」





俺はぶるんぶるんと首を横に振った。


彼女の言いたい事を汲み取った。



それは精子をただ提供するんじゃなくて、その見返りとして彼女の身体を許す、つまりSexさせてくれるという事。


ーーすなわち中出しSex



「うぁ.....」




断れない雰囲気でもあったし、願ったり叶ったりでもある。




ただ心の準備が出来ていなくってとても焦る。





とにかく、突然の事に慌てふためいた。



「別に....いいよ」



「逆にーーー」





「俺なんかで、良いの?」





みさきは少し落ち着いたような感じで俺を見た。





「うん...」



「別に、結婚してくれとか、付き合ってくれ、なんて言うつもりはないわ。」




「同情してくれなくたっていいの」






「みさき...」





なんだか心の奥がしゅん、としたような感じになった。




「べ、別にこんな状況だから言うわけじゃないけど..」



「お...お付き合い...しようか?」



「俺と.........」




心底恐る恐る、言ってみた。


みさきは笑顔で返した。




「ふふ.....ありがと」




「いいの、優しいね。優しさだけもらっておくね」




「行こう?」




みさきはそう言うと俺の手を取った。



今度は腕では無く、俺の手のひらをそっと掴んで引っ張っていく。




「ぁぁ...」




俺は彼女に従った。





ーー



「シャワー、先浴びてね」



部屋に入るなりみさきはそう言った。




俺は素直にその言葉に従い、一人浴室に入って身体を洗う。




これ以上ないって言うくらいに緊張していて、今にも逃げ出したくなるくらいだった。




「ぁぁ...」





それでも、この決断をしたみさきの方はもっと緊張し、戸惑っているんだろうと思うとこんな風になっている自分が情けなかった。





「お待たせ...」





浴室から出ると、みさきはベッドに座っていた。




「なんだか....恥ずかしいな」





バスローブ姿でみさきの前にいることに少し戸惑いがあった。





「そうね...きっと、私も恥ずかしいと思う」




みさきはそう言いながら部屋を出た。




俺は彼女の残り香を嗅ぎながら、みさきが座っていた場所に腰をかけた。




そして彼女が浴室から出てくるのを静かに待った。


ーーーー


5分、いや10分くらい、果てしなく長く感じられる時間が過ぎた後で、みさきが姿を現した。



「お待たせ....」




「.....」





浴室から出たところで、バスローブのままのみさきが立っている。




胸元のライン、尻のライン。




普段見慣れている彼女のものとは別物のように、艶めかしく眼に映る。





「みさき....」





俺は喉の底から掠れがちに名前を呼ぶのが精一杯だった。




「お願い....します」





みさきが近づいてくる。




「今日は...私、みさきと言う女の事は忘れて..」


「ただの女として、ね?」





はらり...


みさきのバスローブがはだけた。



目の前に映るのは思ったよりもスリムな彼女の裸。




まず目に入ったのは豊かなバスト。



D、いやEカップ程の形の良い乳房、その先端には少し濃い目の色の乳首があった。





「みさき...」





俺はその乳房に見とれていたが、やがて視線を移動させると彼女のへそ周りや、その下のふさふさとした陰毛を捉える。





「祐一......っ....」



みさきが俺に近づいた。



そしてそっと抱きしめられると、彼女の乳房が俺の顔に触れた。





ふよ....っ



「ふぅっ....ふ.....っ..」




「ぁぁぁ...」


みさきの乳房に覆われる俺。




どうして良いか分からず、それでもおっぱいに包まれる事は嫌なんてものでは無く、ただただ戸惑う。



「ね......」



「さわって....」





戸惑っている俺の手を持ち、みさきはそっと彼女の乳房にあてがった。




ふに....




手のひらに伝わる肉感。




すべすべとしたそれに触れると、心臓がドクン、とはっきり鼓動する。




「ぁ....ぁ....」





優しく、ゆっくりと手を動かす。



ふに...に...





みさきの体温がしっかりと感じられて、ますます俺は興奮を高めた。



「みさき....ぁぁ...っ..」




「みさきっ....!」




無我夢中だった。



目の前の乳房を揉み、指先で絞る。





そして口元にあてがい、後はべろべろとそれを舐め、唇で挟んで吸った。



「はぁぁっ....」




「ん.....」




口の中に広がるみさきの身体の味。



乳首はどんどんと硬くなっていく。




「っぁぁ...」




「ぁぁ...だめ...」






みさきは興奮しながら、俺を押し倒すような格好で俺に覆い被さる。




俺は乳房に押されてベッドに倒れこんだ。




「んんっ...」




みさきが俺に馬乗りになってキスをせがんだ。



唇、舌、そして彼女の唾液が容赦無く降り注ぐ。



(ぁぁ...)





まるで犯されているかのように感じていた。


身体の力を抜いてなすがままにされている。





「祐一...」




みさきは俺のバスローブを剥ぎ取ると、肌を重ねてくる。




「ぁぁ....」




「祐一....」





みさきの身体が絡み合い、足を交差させる。
そして彼女は俺に跨るようにして、上半身を起こした。




「一緒に....」





ぬっ....ぬぬ...





股間を擦り付けあう。




亀頭がみさき自身のひだひだを感じていた。





ぬ....



みさきは腰を落としにかかる。




「ぁ...っ..」




この先どうなるかは明白だった。



まだ愛撫もそこそこなのに、互いに挿れたがっている。



それでも俺はマグロ状態で、ただ彼女のしたいようにさせていた。




ーーーーーー


ぬち....




にゅっ.....ぅ....





目の前にあるのはみさきの乳房。


大きめのそれは俺の前で左右にゆらめいている。





さきほどその先端にしゃぶりついた証拠に、俺の唾液と薄い吸い跡が付いていた。



「ふぁ....」




「ぁ...」





精子を提供して欲しい、と俺に頼んだみさきは、今俺に跨っている。




俺をベッドに押し倒して、バスローブを剥いで、自らは裸で跨り、腰を下ろす。





当然のようにゴムなんてのは着けないで、互いの性器と性器、粘膜と粘膜が触れ合った。





「.......」





もういよいよ、みさきの身体の中に入りそう、と言うタイミングで彼女は動きを止めた。




黙ったままで俺の顔を見る。





「.........いいの..?」




みさきは神妙な顔をしている。




その表情は今まで見たことがなくて、妙に気になる。





「このまま......しちゃうよ?」




「ねぇ..」



むに...っ...




にゅ.....ぅ....





粘膜が擦れた。



艶かしい快感が込み上げる。





理性が飛んでしまいそうな程に訳が分からなくなった。



「嫌だったら...」




「やめても...いいよ....っん..」






男性として、生のままで女性の性器に触れた状態で正常な判断なんか出来るわけが無かった。





ペニスを最大限におっ立てたままで、俺はみさきの言葉にただただうんうんと頷き、そのまま行為を続ける事を乞うた。




「ぁぁ...頼むよ」




「なぁ.....みさき......」





「たまんないよ....」






手を伸ばし、彼女の身体に触れ、腰を抱き寄せる。




そして腰を突き上げ、密着度を高めようとした。




「ふふ....だめ...」




「そんなんじゃ......ね..?」





みさきは腰を持ち上げた。



挿入してしまいそうでしない。





微妙な感じの距離のまま、笑って見せた。




「男の人がセックスしたい、女の人に挿れたい、イキたい、って言うのは分かるよ?」




「でもーーー」





顔が近づいた。



キスしてしまいそうな距離でみさきが話し続ける。




「それだけじゃあ..」



「ねぇ...?」




む..にゅ.....



ぅぅ...





正直、ペニスの先っぽはもうめり込んでいた。




みさきは言葉とは裏腹に腰をゆっくりと沈めていく。




「ぁぁ...」




「みさき....っぁぁ...」




「分かった....好きだ..愛してる」





「とっても...したいよ..」





それは本心なのか、口から出まかせの言葉なのか分からなかった。




それでもみさきは満足したように、にっ、と笑い、黙って行為を続ける。




むっ..にゅ..


ぅぅっ.........




「ぁぁっ...ん.」




「ゆ...祐一....ぃ...」




俺たちは繋がった。



彼女の粘膜が俺を包み、俺の棒は彼女を突き刺している。



「ぁぁ.....いい...」




「私たち...Sexしてる....」



「Sex.........してる.....」





みさきはそう呟いた。





俺はそっと目を閉じて、その感覚を確かめた。


ぐっちゅ...ぐ.....っちゅ..




ぬっ....ちゅ





みさきが身体を揺すると、卑猥な音とともにとてつもない快感が押し寄せた。




ぬっ..ちゅ





「ぁぁ......ぁぁぁ...」





互いに息を吐きながら呻く。




吸われているような、包み込まれているような。久しぶりの生Sexの感覚。





先っぽの方は溶けて無くなってしまったみたいだった。



「みさき....いいよ..」




「堪んないよ....俺...すぐ、いっちゃいそう..」





我ながら情けなかった。




前戯すらしていなくて、みさきに半ば犯されるようにされて、それでも興奮しきっていてすでにイキそう。




みさきが少し腰を激しく動かせば、そのまま出てしまいそうな気配。





「ふふ...」




「もう........?」





俺に跨っているみさきは笑いながらそう言った。



「私の身体で感じてくれて....嬉しい」




「そのまま...」




「出していいよ..?」





「ただ...」





「まだ、出来るよね?」





彼女のその言葉に救われた気がした。





早く出そう、出してしまいたい。




それでも、俺はまだみさきの身体を堪能していなかった。





大きな乳房、良い形の尻、果てしなく味わい、貪りたい。





そんな欲求は一度出してしまったとしてもとても消えそうになかった。




「ああ、みさき...」





「うんっ.....うん.....したい、もっとしたい」






俺はそんな風に、半ば半狂乱になって叫びながら、自ら腰を動かした。




ぐっちゅっ...



ぐっちゅ.....




っちゅ...ぐっちゅ..





腹の力を入れ、そのまま腰を突き上げる。



「はぁぁっ...」




「やっ...ぁ...っぁぁ!」




みさきの乳が揺れた。




「ぁぁ..いい、このまま..ねえ!」




「このままぁ...っ...」





互いの股間が密着していた。



陰毛が重なり、擦れ合う。





そして彼女の中から吸われるようにして、俺は果てた。




「はぁ...だめ..」





「ぁっ......................いく..っ..」





びゅるるっ.....




びゅ....っ



る......る...っる...





「はぁ...ぁ...」





ぶん殴られたような強い刺激だった。




直前まで必死で我慢して、出さないように、出ないようにしていたものが爆発する。




「ぁーー....」




「いい......最高....」





ペニスはいつまでも脈動していた。





ありったけの精子が出ているんだと錯覚するくらいに出している、と言う感覚がする。





そして、みさきの中に注ぎこんでいると言う実感。




「はぁぁぁ...ん...」





「熱い....あっつい.......」






みさきは少し疲れたようにして呻いていた。




息を整えようとして胸に手を当て、少ししてお腹の辺りをさすっていた。




「ぁぁ....分かる..」




「祐一のが...入ってる...」





俺は彼女のそんな言葉を聞きながら、気だるい快感に打ちひしがれていた。



「はぁ....ぁぁ..」




「ぁぁっ....」




痺れるような感覚。



全てを出し切った満足感が俺を包んでいた。




「みさき.....」






目の前の、ゆらゆらと揺れるバストに手を伸ばす。




「やっ....ん...」





乳房の膨らみをゆっくりと撫で付け、ひとしきり触れた後で先端部を優しく摘んだ。




「ぁぁ...っ..」



「ん...」





みさきはゆっくりと腰をうごめかせた。




前へ、後ろへ、そして左右に俺の身体に股間を擦り付ける。




「祐一....っ..」





「ずっと....このままで...はっ...ぁ..」





彼女の手が俺の身体に触れた。




頰、鼻や口元、そして首筋から胸元へ。





「はぁ...ゆ...祐一....」




「んっ..」






みさきはゆっくりと身体を折り畳んだ。




そして上半身を俺にくっつけ、首筋にキスをする。




「はぁっ.......っ...」




「っ..っぁぁ..」






小さな呻きを漏らしながらみさきは唇を這わせた。





手を交えて俺の身体を撫で回し、最後は乳首吸い付く。



「ちょっと.....」




「みさきっ...ぁ...」




俺が反応を示すと嬉しそうに笑った。





「ふふ....」





「弱いの...? ここ..?」



「ねぇ?」





みさきは乳首を中心に小さな円を描くように指先を動かした。





そして俺がその様子を見ているのを知っていて焦らし、もったいぶった後で舌先を伸ばす。


ちゅっ....



「ぁぁっ....」





「はぁぁ.....だめ...だめだよ...」






俺が弱々しく反応すればする程、みさきは面白がった。




「面白い....乳首弱い男の人って...」




「初めてかも。」




彼女の白い歯が見えた。




「ぁぁ....ヤだな...」




「なんだか..っ..ぁ!」






身体がビクビクと震えた。




俺の上半身はすっかり敏感になっていて、みさきのちょっとした愛撫にも反応してしまう。




「くぁ..っ..」




「ぁ...」





再び下半身が反応を始めていた。




とろとろの、熱いみさきの身体の中で、彼女が動き、擦り付ける刺激に少しずつ反応を示す。





「ぁぁ...祐一...ぃ..」



「あっ、あ、ああっ!」




みさきもそれに気付いたのか、さっきよりも腰を擦り付ける力が強まっている。




「みさき......」



「俺.....」





亀頭の先っぽがじんじんとむず痒かった。




俺は手を前に伸ばし、大げさにみさきの身体を抱きしめた。





「俺....もっかい.....」




「したい...」





下半身は7分程の硬さを取り戻していた。




少しずつ腰を動かすと、みさきの粘膜を擦り、彼女の熱い体液を感じられた。



「いい....かな..?」





ずにゅ...ずっ...にゅ...




にゅっ....っる..




腰だけを突き上げた。




柔らかな彼女の陰部は優しく俺を包み、受け入れてくれる。





「......シテ...」




「いっぱい..シテ....」




みさきがキスを求めてきた。




俺は彼女のキスを受け入れながらその背中や腰や、尻の肉を撫で回した。



「うん...したい..」




「しよう...っ...」



抱きしめたまま、挿入を深くした。




さっきイったばかりの身体は、どれだけでもSexを堪能出来そうな程に感じた。




「みさき....」





俺は天井を眺めた。



そしてゆっくりと目を閉じると、生で擦りあっている粘膜の具合を思い直した。


終わり

2019/2/28 新規掲載
2020/9/18 内容更新

twitterはこちら! 是非フォロー&「いいね」お願い....
(C)2020 体験談 :あたたら 無断転載禁止

<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント