雑魚寝、私を這い回る手 その1 - 官能な体験談・短編、フェチ話


雑魚寝、私を這い回る手 その1


本文は少し↓です
筆者より
①童貞男子が兄貴の部屋に居た女性を..
『僕はワンピの女性を撫で回した』はこちら
②歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。日々更新予定..
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
③アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
④『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

雑魚寝、私を這い回る手 その1

大学のテニスサークルの春合宿があって、伊東の旅館に泊まったんだけど、案の定、飲み会の後で皆酔っ払ってそのまま雑魚寝。


男女、テニサー仲間10人くらいで横になっていたら、誰かが電気を消した。


そうなると、酔いには抗えない。
マズイな、とは思いながらも酔った勢いでそのまま眠りについた。



ーーーしばらくして


何かに気付き、ふと目を覚ました。


身体に違和感。
誰かに触られている、という事に気付く。


(やだ.....)


最初、と言うか、目が覚めてから5分くらい。私はサークルの中で内緒で付き合っている彼氏がそうしているのかと思っていた。


シャツの上から胸を揉みしだき、そして腰や、尻や、太ももの内側をまさぐる手。


その手つきはとてもいやらしくって、暗がりの中で、それでもすぐ隣に友人や先輩が寝ている状態で触れられる刺激は大きかった。


「ん....」


自然と声が漏れた。

乳房の谷間を指先が這い、シャツの上からブラをめくって、布地越しに乳首を擦られる。


「ん..ちょっ..と...」


さすがに皆と一緒に寝ている状態でヤバいな、と思い背後を伺う。

もちろん、私に触れているのは彼氏の前提で、文句の一つでも言って、ツネってやろうかと思っていた。


(...!)

が、気配は別のところにいた。


「や...」

誰か、彼氏じゃない誰かが私に触れている。

「やめっ...」


叫ぼうかと、彼氏を呼ぼうかと思ったが、既に口を手で押さえられいた。


背後の誰かは私が気付いたのを知ってか、口を塞ぎ、これまでよりも直接的に身体に触れる。


「はぁっ....っ..」

「ぁ...」



暗がりの中で、後ろから伸びた手が下着の中に入った。

お尻を後ろから直接まさぐられ、尻の割れ目に沿ってその先へ侵入する。


「だ...だめ...」

「ふ...っぐ......」


叫ぼうにも息が出来ない。

そして、下着の中の手はどんどんと先に進み、恥ずかしい部分に触れた。


(あ...........)



触れられた瞬間に気付いた。

さっきから身体をまさぐられていた結果として、すっかり濡れそぼっている。


「はっ...や...」

「ぁぁ...」

恥ずかしい事に、指の侵入をにゅるにゅるとした体液ですんなりと受け入れてしまう私。


ぐ....ちゅ....ちゅ..

っちゅ...っる..


背後からの手は、指先2本ほどで左右に擦り付けている。

私自身の愛液を利用して、割れ目に触れ、入り口を掻き回し、ひだを挟んではいじる。


くっちゅ...ちゅ..

ちゅ....


「はぁっ..!」

「ぁ...」


痺れるような刺激が走った。

無理やり触れられているのに、じんじんとしたこの感覚は嫌なものでは無い。

「はぁんっ……」


口を覆っていた手はいつの間にか外れていた。口をぱくぱくとさせ、新鮮な空気を吸い込む。

「……」


それでも私が叫ばない、大事にしないのをいい事に、後ろから私をいじくったまま、もう片方の手が乳房をかき回し始めた。

「ん....っく..」

「んっ...」


シャツの裾から侵入した手は、無造作に私の乳房を揉んだ。

彼氏が「きれいだね」「すごく良い形だね」って褒めてくれるおっぱいを、顔も分からない誰かが激しくいじる。


「やっ......ぁ..」

手のひらで全体の形を確かめるように撫でられ、そして2本の指が先端をつまんだ。


「ぁぁ....」

「だめ......だめ..」


切ない感覚に、私は耐えきれずに目を硬く閉じた。


そして、そのままじっとしていると、不思議な、妙な思考が湧いてくる。

どうせ好きにされるならーー

もう、と何だか諦めに似た感じになって、それまで硬くしていた身体の力を抜いた。


く....ちゅ...っ..


左手が私の中に這入った。

足をやや開いた為か、それまで拒んでいた感じが解けて外部からの侵入を受け入れる。


「ぁ...」


うねうねと、指先一本が奥へ。
そしてもう一本の指がクリトリスを覆う。


「ぁ......」

「ぁっ....」


瞬間、身体全体が、ぼっと燃え上がったように熱くなるのを感じた。

急所を押さえられた、と言う心理的なもの、そして私の敏感な部分に触れられた身体的なもの。

ぞわっとした感覚が身体を覆った。


「や...ん..」


「ぁ...ぁ..…」


これ以上無い程に絶妙な位置、スポットに置かれた指先。

そのまま少し擦られるだけで、イケそうな気がした。


(や.....やば...)


彼氏とのSexでさえも滅多に感じる事の無い感覚に、意識が飛びそうになった。

このまま乱れてしまって皆が周りに寝ている状況、とんでもなく乱れてしまうんじゃ無いかって。


「ぁ.....ん...」

「だ…めっ……」


ピンポイントに私を捉えた指は、じっとそのままで動かない。

「はっ…ぁ…ぁぁ…」

「はぁあぁ…」


私はもどかしくって、身を少しよじった。
そして股間の指で刺激を受けたくって、前後に身体を揺する。

「ぁ……っ…ん…」


身体がふわふわとしてきた。

(もうすぐ…)


くっちゅ…っる…

ちゅ…

(いけ…そう…)


自分自身の股間が指先を吸っているような感じ。ふわふわはさらに大きくなって、快感の波が押し寄せて、込み上げてくる。

「ぁぁぁ…」


(い……っく…)


身体の震えが始まった。


そして、このままモードに入ってイク、って言う寸前のところで耳元に気配を感じた。


「紗良…」


それは私の名前。
そして、その声は女性のものだった。


その2はこちら
(拍手か、はてブ、かランキング投票お願いします!)
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント