僕と彼女の相互オナニー鑑賞 その5 - 官能な体験談・短編、フェチ話


僕と彼女の相互オナニー鑑賞 その5


本文は少し↓です
筆者より
①童貞男子が兄貴の部屋に居た女性を..
『僕はワンピの女性を撫で回した』はこちら
②歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。日々更新予定..
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
③アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
④『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

僕と彼女の相互オナニー鑑賞 その5

最初から読む場合、その1はこちら

前の話、その4はこちら


■ユリさんを見てあげる


「………」




「ユリさん……」



僕は限界までに緊張し、膨らんだ自らのペニスを右手で掴みながら、ユリさんのことをじいっと見ていた。




「僕はっ……ぁぁ…」



「はぁ……ぁ…」





「…もう、イッてしまいそうなんです。だから、待ってます。」




「ユリさんのことを…待っています…」





「はぁぁ…」



胸元の手をグリグリと動かした。




男の子なのに、乳首を指先で摘み、引っ張り、こねくり回して、とても感じている。



「んっっぁ…。」



「ぁぁ…」




痛いくらいに、感じて反応してしまう。




自分自身で深く自覚する、通常では無い行為、変態行為を感じて、恥じて、そしてそれをユリさんに見せつけている事を思ってもっと感じてしまった。




「ぁぁ……。」



「ユリっ……さん……」





悶えながら彼女を見たんだ。



朦朧とした意識の中で、胸元の痛覚を感じながら、目を少しつぶりながら。


「はぁぁ……」




「ぁぁ…」



ユリさんは短く、低く呻いていた。


普段の彼女の、透明な声とは全然違っていて、なんだかそれは僕をゾッとさせた。




そして口元をだらし無くさせて、口の端からは唾液を少し垂れ流している。




「ユ……ユウキくん……」


「はぁぁぁ……」




くちゅっ…


くちゅ....ちゅちゅっ…


ちゅちゅっ……



彼女の右手が、股間を押さえているその手が細かく動き、いやらしい音がする。


それはユリさんの大きく開いた股の交差部分。


綺麗な彼女の身体の、唯一艶めかしくっていやらしい、まるでその部分だけが違う生き物の部位のようにやらしい、そこから伝わってきたんだ。



ねちょつき、ねばつき、半分は白く泡立って、糸を引いて、ユリさんはオナニーをしていた。


僕の顔や、大きく反り返ったペニスや、男の子なのにいじって感じている乳首を見て。


ちゅっっく……ちゅくっ…



ちゅっ…


…るっく……くちゅ…




「ぁぁぁぁ……いい…」




「いいっ…」



「なんだ…かぁ……はぁぁぁっ…」




「んっ……」



びくっ、とユリさんは身体を震わせた。


そして腹筋が筋を見せてお腹周りを締め付け、足が細かく震える。




「やっっ……ん…」




「ん…」



股間をいじっているユリさんの指の間から溢れるじゅくじゅくとした滑り気。




彼女が指先を動かすたびに、ぐじゅっ、ぐじゅって浸み出し、溢れ出てたんだ。



「ぁぁ…ユリさん…」




「いっぱい…いっぱい、感じてる…」





「ぁぁ、ユリ…さん…」



僕の口からは自然とそんな呻きが漏れた。





その言葉にはそんなつもりはなかったんだけど、その言葉が向けられた相手、つまりこの部屋に僕と2人きりでいるユリさんには効果的だったようだ。



「やぁぁぁ…っ…」




「恥ずかしい……いやぁ……」





顔をうつむかせて、ユリさんは恥ずかしがった。



僕はその言葉を聞いて、すごく興奮したんだ。




びっくりするくらい。



自分がまさか、そんな事に興奮し、喜ぶなんて思ってもいなかったんだけれど、本当にそうだった。




「いやらしい…いやらしいです。 ユリさん…」




「自分で、してるのに…僕に見られてるのに……」




「こんなに…興奮して…」



そして僕は彼女に近づいたんだ。



呻きながら、僕自身の興奮をそのままに伝えながら。




足を広げているユリさんのふくらはぎと、僕の膝がくっつくかくっつかないかくらいの距離にね。




「ユリ…さん…ぁぁ…」



「見たい…もっと…近く…で…」




顔を突き出し、下から彼女の顔を見上げた。



そして、この行為についての許可を探る。



「やっ……ぁぁ…」




「ユウキ……くぅん…」



ユリさんから返ってきたのは艶かしい、息苦しそうな返事。




次いでユリさんの股間の手が沈み込む。


ぐっじゅっ…

っる…



「あああっ……ん…」




「やっ…ぁあ…」




目の前、本当に目と鼻の先でユリさんはオナニーを続けた。



手の動きをさらに激しくさせて、声をより大きくさせて。




「やっ…あっ……ん……」


「 んん….…っ…」



「はぁぁぁ………っ…」



ぐじゅぐじゅと、指がめり込み、僕には彼女の身体の内側が見えた。


ーーサーモンピンク




この言葉を知ってはいたけれど、目で見て感じて、理解したのは初めてだった。




めり込むユリさんの指と、その粘膜が擦れあっていた。


めくれ、重なり、まためくれる。



「ぁぁ……ユリさん…」





「すごい……」



「見えてる…エッチだ… とてもっ......えっちだ…」





僕はまた自然とペニスを擦り初めていた。



そして、前かがみの姿勢で、顔だけを突き出して、四つん這いに似た格好で、ユリさんのオナニーを見ている。


「ぁぁ……」


「ぁぁぁぁ…」



鼻に届くのは、ユリさんの股間の匂い。



不思議な、生っぽい、初めて嗅いだ匂いだった。



そして、いくらでも浸み出してくるユリさんの体液。


「ああーー…」



「いやぁ……あああああっっ…」




ユリさんは再びジタバタと暴れ出した。


そして、長いこと叫びながら、指先をさらに激しく動かして、悶える。


「あーーー…」



「はっぁあっ…!」


「やー…」




「ん…っ…んっ…」



「んんっ……」




あとは呼吸を押さえたままでの軽いバウンド。


「ぁぁ………」


「ぁぁぁぁ………っぁ…」




僕にはユリさんがイッたんだと思えたんだ。

何故なら感じ方が尋常じゃ無かったし、とても激しかった。



それで、僕はその光景に見とれて、ぼおっと見てしまっていて、自分のペニスを擦ること、オナニーする事を忘れてしまっていたんだ。


「ぁぁぁ……」


「ぁぁぁぁぁ…」


心臓の鼓動がびっくりするくらい、大きく、早く脈打っていた。


そして、僕はゆっくりと身体を後ろにずらし、やがてお尻をついて、またユリさんと距離をとった。


続く
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント