女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 twitterはこちら! 人妻のエロい乳首を堪能する_(人妻的官能小説~日記 その2) - ~に関してのお話(体験記・官能小説)

■目次
 1.トップページ
 2.記事・アクセスランキング
 3.カテゴリ一覧
 4.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円~で販売。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ます!

①【更新】話題の女性専用風俗に〜シリーズ最終話、2/6に更新しました。
 初めての女性向け性風俗サービス_その16』はこちら
②スワッピング=夫婦交換を題材にした新作です
 『スワッピングしま専科 その1』はこちら
③歴代No.1アクセス数作品、最新話5話を追加しました!
 『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④女性用性感マッサージ師、今西と女優の宮野ひとみ。
 セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感>
FC2ブログ

人妻のエロい乳首を堪能する_(人妻的官能小説~日記 その2)

あらすじ~
外商、つまりデパートの上得意客の専属担当として営業周りをしていた。ある時、妖艶な人妻と2人きりになる時があった。
彼女は俺を誘惑し、そして俺も誘いに乗ってしまった。テコキでいたぶられた後のフェラ、そして彼女は裸になって....

最初から読む場合『人妻的官能小説・・外商営業日記 その1』はこちらから


■人妻の乳首



その乳首に吸い付き、噛み付いた。



「はんっ...ぁ....」



「あ....やっ......」



浴室で手こかれ、乳首を責められて焦らされて、とうとう観念した俺は、奥さんと再びベッドの上にいた。


今度は俺が奥さんを見下ろし、彼女は仰向けで俺に責められている。



「はぁ....っぁぁ...」




漏れる呻き。


あれだけ見せられて、責められた相手。


その乳房にしゃぶりつき、噛みつき、舐め回す。




先端をこれでもか、と吸い、舐めて、舌先でねぶって転がした。



ちゅっぷ...



ちゅく..



噛み応えのある乳首。


俺の口で、カチコチに硬くなる。



「やぁっ...ぁ...」




「んん...っ....ぁぁ...」



「あああっ.....だめっっ.....だめ...」



奥さんは悶えていた。



顔をしかめ、それでも乳首を噛まれるたびに、びくびくと震え、大きな声を出す。


細い肩を左右に押し出したり、引いたり。


いやいやをする様にして、悶えて喘ぐ。



「………」



ここら辺で少し苛めてみる。





「奥様……ここ…」



「乳首....敏感ですね..すごく...」






「もっと...もっと………苛めても ...?」




舌先でツンツンと突き、焦らすようにして、その周囲を舐め回す。





そして舐めそう、でも 舐めない、しゃぶりそう、でもしゃぶらないを繰り返す。




彼女は感情を露わにした。


「ね...ぇ.....」




「はぁぁ.....や.....」




「やだ..やだ......っ.....やだあ..!」






この状況で恥ずかしがった。



ツンツンに尖らせた 乳首を見せつけながら、今更にして彼女は恥じていた。




「恥ずかしい..? 本当に..?」




「あんなに、エッチで....」



「気持ちいいフェラしてくれたのに..?」






「恥ずかしいのですか....? ねぇ...?」




俺は再び彼女の胸の先端を口に含んだ。




「ん……っ…」



唇でむにむにといじり、後はむにーっ、と引っ張る。




「はぁっっ…あっ……」



「ぁぁぁっ………だめ……」



「んっっ………」




乳首の先をつままれ、引き伸ばされて乞うように喘いだ。




「……」



後はそんな彼女のことをじっと見ていた。



乳首を軽く咥えたままで、彼女がシテ欲しい、もっと虐めて欲しい、と言うまで待つつもりでいる。




「ぁ……はぁっ…」





「ん…いや…っ……やっ……」




「あー…」



「ぁぁ…も…もっと…」





耐えきれないようで、呻くように奥さんは刺激を請う。




「…………」



「え……聞こえません。」



「何を…?  ちゃんと言ってください…」





しめしめ、と思いながらも、軽く突き放した。



その間、咥えた乳首への圧力を緩めたり、強めたり。


ふにふにとした感触を楽しみ、堪能する。



「や……」


「何をって………」





「あっ……っ…ああっ……」



「乳首………私の乳首を……ああっ………」



「も.…もっと、虐めて..欲しい..ぁぁ…」





奥さんが叫んだ。



そして俺の頭に手をあてがい、抱きしめるようにして、胸に押し付ける。



「ぁぁぁ……」




「お…くさん…っ…」






俺は乳房の肉の圧迫に悶えながら、口を動かした。


唇でつねり、舌を出してちゅぶちゅぶと舐める。。




そして、きゅーっとなるくらい、強く吸った。


「はーーーーっ…」




「ん…ぁっ…」




彼女は羞恥心と乳首への刺激に、息も絶え絶えに喘いでいた。



そして、しばらくして俺が刺激を辞めると、はぁはぁと息を吐きながら、呼吸を整え、あとはぐったりとしていた。



次の話、『人妻的官能小説・・外商営業日記 その3』はこちらから

アマゾン/KINDLEで新作公開しています!
俺は某大手百貨店の外商なんだが、顧客の人妻に電マを持っていったところ (あたたら文庫)

(C)2021 体験談 :あたたら 無断転載禁止


<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント